チャンスの女神はカツラをかぶっている





「チャンスの女神は前髪しかない」とはよく言われます。だからといって、その前髪を掴むことが成功とイコールなのかというと、そうは言いきれません。
そんなことをしたら先進的なことをやった人はすべて成功者になっているはずですから。




■チャンスの女神はカツラをかぶっている



▼『PMBOKが教えない成功の法則[本園明史](B073W5FPVN)』P86〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●前髪が力ツラである場合も
前髪をっかむのは確かに大切である。ただつかんでみたらカツラであるケースもあるので注意が必要だ。

「この予算を使って○○事業を推進するために、補助金を申請してほしい」。大学は自治体からこんな打診を受けた。「お金を使ってほしい」という要求を断る理由はなさそうだが、大学は迷っている。これまで「補助金を出すから」という誘いに応じて様々な事業を手がけてきたが、トラブルが起こると必ずと言っていいほど自治体は逃げてしまい、尻拭いを押しつけられてきたのである。

この話をべンダー社が聞きつけてきた。その事業は社が得意とする分野であリ、大学に対して「ぜひやるべきだ」とたき付ける。当然、社がその事業を受託することを見込んでの提案である。

しかし、大学は慎重な態度を崩さない。補助金は一時的なもので、継続して出るものではない。ひとたび事業を始めたら、補助金がどうであれ続けていく必要がある。事業を継続するための運営や維持管理にかかる費用をどう捻出するかは、大学が自ら考えなければならない。

補助金申請の締め切りが迫り、社は必死に説得を続ける。事業継続が可能かどうかを心配する大学に対し、方法論やノウハウを提供すると約束。申請書を代理で書くことも申し入れた。

そんなとき、社は大学から別件の相談を受ける。相談というよりも、作業の手伝いの依頼といったものだ。契約も何もなく、タダ働きとなるのが目に見えている。内容も社が推していた事業とは無関係で、社として引き受ける筋合いはない。にもかかわらず、社は大学の依頼を引き受け、きっちりと仕げる。成果物の品質に対し、大学からお褒めの言葉をもらった。しかし結果として、大学は補助金の申請をせず、社の頑張りは無駄骨に終わる。

大学が申請していれば、この事業を社が受注したに違いない。そうなれば、億単位の金額が社に入ってくる見込みだった。だからこそ、原価が100万円を超える規模のタダ働きも、進んで行ったのである。

事業化が約東されていないなかで、自腹を即決で切ってまで積極的に動いた社の行動は、まさに女神の前髪をつかみにいくものだった。

ただ残念ながら、その前髪はカツラだった

前髪をつかみさえすれば必ず成功するのであれば、誰もためらったりしない。それでもためらうのは、見送ったほうが正解であるケースも多いからである。

どんなときに、前髪をつかみにいくべきか。ここは教科書やマニュアルが通用しない世界だ。自分の勘を100%信じられる人だけが、この問題をクリアする権利を与えられる。
――――――――――――――――――――――――――――▼

本書にあるように、チャンスを捉えようといろいろな活動をしたときに、それが成功する確率はじつは高くはありません。

当然、成功本などに言われるように、先行者利益を上げるためには、数少ないチャンスをものにする必要はあります。ただし、成功本などに乗っている事例は成功した人の結果に過ぎません。

「数少ない」と言われるだけあって、それだけの多くの人が失敗をしているわけです。

99%の人が失敗する中で、1%の成功者だけを取り上げて、「こうすれば成功する」なんて法則を語ってくれても、そんな法則なんかで成功するようなら、世の中大金持ちだらけになってしまいます。ほとんどの人が失敗する中でほんの少数の人が成功するから成功者と言われるわけです。




■安全な地場とほんの少しの挑戦


サラリーマンとしては、全財産や今まで培ってきた全ての資産を総賭けして新しいことにトライする意味はそう多くありません。

サラリーマンとしてやれるのは、99%の安全な状態を築き、1%のトライをすることです。当然リターンは小さなものになりますが、そのリターンで少しづつ掛け金を増やしていけばいいだけのことであって、ハイリスクハイリターンはサラリーマンであることを選んだ以上、望むべくはないことなのです。

安全安心、ちょっとだけ冒険あたりがまぁイチ庶民としては妥当な線なのではないでしょうか。



◆このテーマのおすすめ図書



PMBOK対応童話でわかるプロジェクトマネジメント

イシューからはじめよ――知的生産の「シンプルな本質」

図解とマンガでわかるプロジェクトを成功させる技術[ハンディ版]

GIVE&TAKE「与える人」こそ成功する時代

単行本

外資系コンサルが教える難題を解決する12ステッププロジェクトリーダーの教科書



■同じテーマの記事

長期計画は決めない

業務をする上で、計画(スケジュール)は必須です。ところが、この計画、たてた途端に遅れ始めるのが困りものですね。全く不思議でなりませんが、そうなるものは仕方がない。本日は効率的な計画の建て方。計画の建て方のクセ計画をたてるときに、どんな計画を書くかは、人によってパターンがありそうです。もちろん、会社の社風やそのプロジェクトの重要度にもよって変わってくるでしょうけど、普段の自分自身の計画の建て方が、大勢で計画を立てている時も同じようにクセとして現れます。..

数値評価のワナ

日本でMBO(Management by objectives;目標による管理)が導入されてからずいぶんになります。でも、その結果日本の企業の業績が良くなったかというと、どうもそうではないように見えます。まぁ、イチサラリーマンが、MBOの仕組みについてどうこう言うつもりはありませんが。数値評価にはワナがあるあるとき私はクライアントの依頼で、急に膨れ上がっ..

初手、王手飛車取り!

本日は、具体的なスキルの話ではなく、心構えのお話。心構え、基礎学習なにをするにしても、かならず「心構え」が必要と言われます仕事というのは、社会に真摯に貢献するという気持ちで向かいなさい社会人としての自覚と責任をもって臨みなさい感謝の気持ちを持つことが大切自分のやったことに誇りを持ちなさいまた、何かを学ぼうというときには、まず基礎的な理論をしっかり身につけて、応用はそれからみたいなことも。それ自体は理解できますし、私自..

担当者を決めない計画立案

プロジェクトスケジュールを決めるときに、1.タスクをリストアップする2.日程を決める3.担当者を決めるってやりますよね。でも時々担当者を決めないままスケジュールとして公開してしまう場合があります。多くの PMBOK 系の進め方だと、担当者を決め、最終的に各担当者の業務負荷をチェックして業務量を可能な限り平準化するのがセオリーです。私の勝手な持論ですが、世の中セオリー通りには行かないものです。原則は担当者ありき当然ながら、担当者を決めなければ、そのタスクを責任を..

ステップファイル

バーバラ・ヘンフィルこの本に面白いことが書いてありました。すべては「単純に!」でうまくいくちょっと引用すると「ステップファイル」のススメ前にも言いましたが、「書類は、一度手にしたらすぐに処理する」と言われても、実際問題として、なかなかできるものではなりませんね。:ではここで、へンフィルの考えた「ステッブファイル」を紹介しましょう。まず、「打ち合わせをする」「電話をする」「資料室に行く」などのような、..

プロジェクトのリスク

プロジェクトのリスクプロジェクトをすすめる上で、様々なリスクを想定して、それに事前に手を売って置かなければなりません。抽象的に言うと、リスクへの対処の仕方(戦略オプション)は3種類しかありません。・リスクを発生しなくする・リスク発生による障害を軽減する・リスクが起きないような作業を選ぶ(回避)です。本日は、この内、リスク軽減策について。究極のリスク軽減戦略プロジェクト管理のバイブルとも言える「熊とワルツを」という本をごぞんじでしょうか?この本に究極..




posted by 管理人 at 10:30 | Comment(0) | 思考技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。