「はあ?何いってんだこいつ!?」は視点を増やすチャンス




思考の幅を増やすためには、多くの視点を持つことなんて言われます。
ただ、視点というのは、自分の知識や経験に基づくものなので、基本的には複数の視点を持つことはできない、と考えています。そんな事ができるくらいなら、同じものを見て別の意見になるなんてことありませんので。

「上司の視点を持て…」とか「上司は部下の視点で…」、「ユーザの視点で…」なんて言われますけど、根本的に部長になったことがない人に、部長がどういうものを考えているかなんて考えさせても無駄。そんな事ができていたらもう部長になってる。できないから平社員のままなんだから。




■相手の論理構造を知る


ただし、他人が持っている「論理構造(いわゆる「考え方」)をトレースする」ことなら可能かもしれません。○○を見たときに、どうして××のような結論になるのかは、論理構造です。

 風が吹く→桶屋を起業しよう

のところで、風が吹いたことが起業に結びつくのが視点です。一方で、

 ・風が吹くと桶屋が儲かる
 ・金儲けがしたい

を接続して、儲かることをする=起業するにつなげていくのが論理構造です。

論理構造を知るためには、相手に「どうしてそういう結論になるのか」を聞けばいいだけです。直感はその人にしか再現できませんが、論理なら誰にでも再現可能です。




■意見の対立が論理構造を知るチャンス


★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●Understand(理解)
理解というのは、良いコミュニケーションによって左右される。

間違った情報を受け取ったり、受け取った情報を誤解したりすると適切な反応はできない。問題にうまく対処するには、問題の本質を十分に理解しなければならない。

人間関係がうまくいかない原因は、ほとんどが誤解によるものなのだ。

私達は、ある事実や状況に対して、他の人も自分と同じように反応し、対応し、判断してほしいと思っている。

しかし、すでに述べたように、人間は自らがイメージしたことに対して反応するのであって、ありのままの物事に反応するのではない。

周囲の反応や立場があなたを苦しめることがあるが、それは多くの場合、悪意を持っているからではなく、穴とと違ったふうに状況を理解し、解釈しているからだ。そのひとが、その状況について、真実と思われるものに対して適切に反応しているに過ぎない。

他人を頑固で意地が悪いと思うよリ、たとえ間違っていても誠実だと信じるほうが人間関係がずっと円滑になり、お互いをわかり会えるようになる。

だからこう自問してみよう。

 「あの人にはこれがどう見えるのだろう?」
 「あの人はこの状況をどう解釈しているのだろう?」
 「あの人はそれをどう感じているのだろう?」

つまり、他人がどうしてそんな行動を取るのか理解しようとするのである。

一般に人は自分のミスや過ちを認めたがらない。だから自分が間違っているということも認めたがらない。状況が自分の望むものと違っていることも認めたがらない。だから自分を騙す。事実を見ようとしないから適切な行動もできない。

「1日ひとつ自分についての嫌な事実を認めるといい」と言った人がいる。「成功型」の人格は、人を騙したり欺いたりしないだけではない。

自分に対しても正直なのだ。

いわゆる「誠実さ」は、自分を理解し、自分に正直であることが前提となる。こじつけをしたリ「理屈の通った嘘」をついたリして自分を編しているかぎり、誠実にはなれない。

ほかの人や状況について、良い点も悪い点も含めて、真実の情報を探し出そう。「誰が正しいかではなく、何が正しいかが問題だ」を、モットーにしょう。

あなたに備わった創造的な誘導メカニズムは、負のフイードバツク・データをもとに軌道修正をする。

間違いを認識してこそ、それを直して正しいコースをとリつづけることができるのだ。

自分のミスや過ちを認めよう。しかし嘆いてはいけない。直してまた進めばいいのだ。ほかの人についてこれをする場合は、自分の視点に加え、その人の視点からも状況を見ようとすることだ。

マクスエル・マルツ(著) 『潜在意識が答えを知っている
――――――――――――――――――――――――――――★


本書の意図するところとは違いますが、私はこれを読んで、この記事を思いつきました。

つまり、「はあ?何いってんの?」と疑問に思った(かなり否定的に)ということは、相手と自分の論理構造が違うということです。特定の事象に対して異なる結論、それも自分が思いつかなかったようなトンデモ結論を出してきた人に対して、「アホか!?お前は」というのは簡単なのですが、その人の論理構造は別の所にあります。なので、

 なんでそんな結論になるの?

を聞いてみましょう。もちろん、そんな言い方をしたら喧嘩になるので

 「どうしてそう考えるの?」
 「自分にはわからないので、その結論になる理由を教えて」

って、すこしへりくだった感じで教えをこいましょう

そうすると、

 風が吹くと桶屋が儲かる

理由を教えてくれますよ。

それを、「こういう構造で物を考えてるんだ」ということをいったんメモした上で、その破綻した部分を訂正してあげましょう。

 ホコリが入ったくらいでメクラにはならないよ…

ってね。

反論は反論としてキッチリするとして、その思考パターン(論理構造)は、自分以外の人の思考パターンのひとつとして覚えておきましょう。

 視点を変えろ

と言われたときに役に立ちますよ。





■参考図書 『潜在意識が答えを知っている




世界中で3000万人の人生を変えたサイコ=サイバネティクス理論。半世紀読み継がれている世界的名著。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

潜在意識が答えを知っている
著者 :マクスエル・マルツ
楽天では見つかりませんでした
潜在意識が答えを知っている
検索 :商品検索する



●このテーマの関連図書


自分を動かす(あなたを成功型人間に変える)

自分を動かす―あなたを成功型人間に変える

潜在意識をとことん使いこなす

ガラッと一変あなたの人生―サイコ=サイバネティクスの驚異

眠りながら成功する―自己暗示と潜在意識の活用

「潜在意識」を変えれば、すべてうまくいく





■同じテーマの記事

「…による」には2つの意味が存在する

論理的な文章を書く際に、気をつけている単語があります。「〜によって」「による」「により」この単語が一つの段落や文節に2つ以上出てきたら、多分読まされる人は苦痛です。意味がわからなくなるから。「によって」を多用してはいけないこの「によって」という単語は結構便利な接続して、因果関係のある事象を結びつけるのに使用します。たとえば「AによってBの問題が発生した」みたいな文章です。ところがこれが多段接続する時があります。..

文章校正のためのセルフチェックリスト

私は、頭のなかで考えるのが不得手なので、いろいろなチェックリストを作って Excel に書き出していて、色んな場面でこのチェックリストを見ながら、抜け漏れがないかをチェックしています。メールなどでも、報告書を出すときにでも、読みやすい文章を書くために、普段から文章は一度書いてから推敲する時間をとるようにしています。そんなときに役に立つのもチェックリストです。これがあると、ちょっとした枝葉末節の部分にとらわれずに、効率的に..

図解のコツ1:カタマリを作る

ホワイトボードに説明を書いてもらったときや、パワーポイントなどにまとめたときなどに「説明が上手いなあ」と思う人と、なにを書いているのかさっぱりわからない人がいます。文章を書くにしても図解をするにしても、こういうのがうまくできるようなコツがあります。過去記事でも何度か触れてますので、ちょっとご参考までに。過去に紹介した図解のコツ3つの習慣part1A4で議論する図解活用のメリットコミュニケーションよりコンバージョ..

「以下の通り」は使わない

複数の情報を書くときに、つい「以下の通り」って言葉を使いたくなります。実際にメールやレポートなどでよく見かけます。でも、これって冗長で、意味のない上に、「あとで説明するから」的な文章になってしまって、読みにくくなります。これを使わないように文章を構成すると、読みやすいスッキリした文章がかけると思っています。結構多用されているので、あまり気に留めていない人も少なくないみたいですが。説明は概要→詳細が基本『ロジカル..

つっこみを入れると論理強度がわかる

話をしていて「コイツ、論理破綻してるな〜」と感じることがよくあります。ところが、それがすぐにわからないものもあるし、それが見抜けていない人もいます。人それぞれ。こういうことに気がつけるようになるには、どうすればいいのでしょうか?洞察力を鍛えるとか、論理図解が出来るようになるとか、いろいろ方法はあるのですが(過去記事でも幾つか紹介してます)、テレビでもよく見かける方法があります。漫才です。ボケとツッコミ漫才は、片方が論理..

しぐさで会話をコントロールする方法

だれかと話しているときに無意識にやった仕草が実は特定の意味を持って相手に伝わっている事があります。「ノンバーバルコミュニケーション」というのですが、これをうまく使うとこちらの都合を相手に気づかせることが出来ます。時計をちらちら見るよくあるパターンが、「時計をちらちら見る」っていうやつ。何か時間を気にしていて、「はやく話を切り上げろ」というメッセージが伝わりますよね。同じような仕草にはこんなものがあるそうです。..




posted by 管理人 at 09:32 | Comment(0) | 思考技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。