「〜ねばならない」は刷り込み




将来の目標を考えて、それをノートに書いて、毎日読み返して、それに向かって一歩づつ…、よく言われる成功法則の第1原則です。自己啓発書でこれが書いてない本はない、ってくらい有名なやり方です。

でも、よくわかんないのが、将来の目標

「それってどう考えればいいの?」っていうのはにはなかなか答えがある場合が少ない。「自分で考えないとだめですよ」みたいに言われたり書かれたりしていて、どこにも正解が書いてない。




■将来の目標の決め方


結局は、将来何をしたいかなのですが、サラリーマンにとっては、わかりやすい目標は昇進なのですが、昇進しても、結局はサラリーマンです。上司がいます。社長になればなったで、株主やら会長やらいて、どのみち誰かに怒られ続けるか、誰かの顔色を見ながら仕事するしかない。

といって、自分で独立して「一国一城の主」になりたいかというと、サラリーマンという環境にどっぷり使ってしまうと、そんな明日をもしれないことに賭けるほど勇気があるわけでも、情熱があるわけでもない。

「今好きなことをもっとやれるようになりたい」と言っても、過去の経験から言って数年後にはきっと好きなことも様変わりしてます。それを「10年後に達成するぞ」なんて思えるわけもない。

…とまあ、凡人・小市民のできないことへの言い訳です。

多分、世の中で普通に生きて普通に死んでいく人間が多数なのでしょうから(だから「普通」っていうんですね)、そんな普通の人間が、曲がりなりにも他人に人生訓が語れるほどの人間と同じこともできようがないというのが、凡人の凡人たるゆえんですな。

で、こういう立派な人達の「将来の目標」なるものに踊らされると、凡人はろくなことになりません。

 充実した人生を送るために目標を決めなければならない

って思っちゃうわけですよ。これが。




■「〜ねばならない」は刷り込みの結果


日本人であれば、ほとんどの人は中学校は卒業してますね。

学校は何のためにあるのかというと、ひとつの目的は「国家のために奉仕する人間を作る」という目的があります。
それのなかで都合のいいのは、「ある基準を超えると良い評価する」という仕組みです。

良い評価がもらえると、単純に嬉しいです。大人だって同じなのだから、子供に関してはいわんや、です。
で、良い評価をもらうために、良い子を演じていると、それが普通の行動になっちゃいます。

「オレに奉仕すると褒めてやるぜ」とやれば奉仕する人間を作れるわけです。それがその人の行動指針、いわゆる正義になります。正義なのだから「それは守らなければならない」という「ねばならない思考」が生まれます。

大抵の人はこういう刷り込みを受けて、「会社に貢献しなければならない」とか、「社会で認められる人間にならねばならない」と考えるわけです。

まあ、多くの人がそういないと社会として成り立たない危険があるので、それはそれでいいのですが、「目標を建てなければならない」「〜かくあるべき」みたいな思考のもとに自分の目標も決めると、自分が心から望んだものではないので、頑張っても心が疲れちゃうんですね。それを認めるか認めないかもありますけど。

 三日坊主になるのはたいていこれが原因

だって、ほかにやってて楽しいことがあるんでしょ。

★P134〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●「ねばならない」で変えてはいけない
しかし、「将来こうあリたい」というゴールを設定しゴールに向かって自己イメージを変えているのなら、それはシンプルに「したい」からしているだけ。have to はつもなく、すべてが want to になっています。

ゴールを設定し、コンフォート・ゾーンを正しく設定すれは、「やらねほならない」ことはスコトーマに隠れ、見えるものはすべて「したいこと」に変わります。ストレスはなく、体と心はリラックスしています。そして頭のモヤモヤは消え、高いパフォーマンスが発揮されます。

 ・捨てるべきものを捨てた後、自分に本当に必要な物を、自分のモノサシで選び直すため。
 ・「捨てねばならないから捨てる」のではなく、すべてがw目tt。に変わるため。

この二つのために共通して必要なのが、ゴールを設定することです

ゴールを設定し、ゴールに向かってホメオスタンスが働けは、これまでのステップで述べてきた各種の「頭のゴミを捨てる」行動が、努力なしに自然とできるようになります。

そして、ゴールを設定すれば、自分のゴールに必要でないものはすべて捨てるべきゴミとなります捨てるべきものを捨てた後は、自分のゴールに意味があるものたけを選んでいけばよいのです。

苫米地英人(著) 『「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!
――――――――――――――――――――――――――――★


■やれればいいなぁ


だからといって、目標を立てることを否定するつもりは全く無いです。

というか、何かを達成するためには、その「何か」を決めていないことには達成できませんから。ただ、

 達成できたことが嬉しいのか、
 褒められることが嬉しいのか

は区別しておかないと、「また三日坊主だった… orz」って自分の評価を自分で下げちゃうので要注意。

で、ひとつ提案。

 将来の目標ではなくやれたらいいなぁ

で目標を決めませんか。

「〜だといいなぁ」なので頑張る必要はありません。なにかそれに近づくネタが転がっていて、それがやれそうなものであればやればいいし、気が乗らなければやらなくてもいい。

「やりたいことリスト」、いわゆる Wish List を作って見える方もいらっしゃるかもしれません。そこにはもしかしたら、「ねばならない」という項目も含まれているのではないでしょうか?

それは一旦別のところに移動してしまいましょう。

 「やれたらいいなぁリスト

に入れておくと、ちょっと気持ちが軽くなるかもしれませんよ。






■参考図書 『「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!




頭のゴミの掃除を始めよう。ゴミが出ない頭になって、澄み渡った心境、クリアな一瞬で物事を理解できる頭脳で生きて行こう。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!
著者 :苫米地英人
楽天では見つかりませんでした
「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 「やりたい」が見つかる秘訣
 義務感はあなたを危険にさらす
 個人と組織のパフォーマンスを上げる「Want」のチカラ
 楽しさは副産物、目標とは切り分けて考える
 時間は未来から過去に流れている
 「〜ねばならない」は刷り込み

●このテーマの関連図書


苫米地英人コレクション3「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!

「言葉」があなたの人生を決める

コンフォートゾーンの作り方聴くだけで目標達成できる!CD付〜図解TPIEプログラム〜

「イヤな気持ち」を消す技術

いい習慣が脳を変える健康・仕事・お金・IQすべて手に入る!

超悟り入門





■同じテーマの記事

モチベーション維持アプリ

目標が達成できなかった時に…今年はこれをやるぞ!!と決めたのに、ついダラダラしてしまって全然進んでない。そんな時に役に立つアプリが、100SIKI(百式)で公開されていたので、ちょっと紹介。百式の紹介ログはこちらそれは「Aherk!」というアプリで、まず Facebook でログインし、達成したい目標と期日を決める。もし達成できなかった場合に公開されてしまう予定..

社長は君のどこを見て評価を決めているのか2

本日は昨日のの紹介の続き。過去記事でも幾つかネタにしたものがありまして、実際経験としてこういったテクニックは役に立ちます。おそらくサラリーマン経験が長くなると、皮膚感覚としてわかるのでしょうが、なかなか文章にするのは難しいですし、それをこれだけ体系的に取りまとめるのも難しいので、今後会社の中であるレベル以上を目指そうとする方には、若いうちに知っておいて欲しい内容です。さすがに筆者が実際にコンサルタントをして得た会社社..

読書ジャンルごとにアプリを用意する

並行読書読書術で、多読のすすめの中に、並行読書を勧めているものが少なくありません。ようは、時と場合に応じて読む本を変えてやると、都合よく読むことができる、という方法。ビジネス書のように仕事に活かす読書は、忙しい人が、走りながら、時間の合間を縫ってするものです。通勤中はもちろん、昼休み、外出時の空き時間、入浴・食事中など、聖域を設けず読んでいきましょう。..

あなたが座っていた椅子を見なさい

私は、席をたつ時いつも自分が座っていた椅子を見るようにしてます。もともとは、私がオッチョコチョイで、すぐに忘れ物をすることから始めた習慣でした。最初は意識してやってましたが、最近は自然に視線が元いた場所に行くようになりました。数秒もかかりませんが、得られるものはすごく多いです。席をたつ時あなたが席をたつ時、何を考えてますか?おそらく大部分の人は、席を立った目的、つまりコーヒーを買いに行くとか会議に出るなどの目的があ..

色つきスケジュール

会社では、スケジュール管理ソフトとしてアウトルックを使用してます。他の人達のスケジュールを見せてもらうことがあるのですが、残念なことに、標準の設定のまま使われていることが多いですね。いつも「もったいない」と思ってしまいます。自分のスケジュールを分析する以前の記事にも書きましたが、ドラッカー大先生が書かれているように、自分の時間の使い方を分析することは非常に大切なことです。時間測定のためには色々なツールがあります。たとえば、Toggl。PCでもスマホでも使..

近道をする-その2

以前の記事で以下のことを書きました。どこの誰だったか忘れちゃいましたが、こんな事(記憶なので、間違いが多いかも)が書いてあるページを見た記憶があります。私は近道が大好きだ。何ごとも簡単にできるに越したことはない。私も怠け者は好きではない。努力は尊いものだということも理解している。だが、すぐそばにロープウェイがあるのにわざわざ自分の足で山に登って..






posted by 管理人 at 05:15 | Comment(0) | 自己マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。