結果を評価する基準は過去と理想





いま、自分のパフォーマンスは良い方でしょうか?
なにか調子を落としている?

このパフォーマンス、生産性、効率みたいなものは、基本的には数字で測定しないといけないのですが、その結果をどう判断するべきでしょうか?




■良い、悪いの基準


たとえば、私が定期的に測定しているもののひとつに、「タイプ速度」があります。

キーボードを打つ速度ですね。

ただ、たとえばこれが、5キー/秒 だったとして、それは喜ぶべきでしょうか?
あるいは、「もっと頑張らないと」と思うべきでしょうか?

この 5キー/秒 が良いのか悪いのかを判断する基準を持たないと、その数字はたんなる数字です。意味を持っていません。そこに評価を与えるためには基準があって初めて、そこに意味が生じるわけです。

この「基準」には2つの決め方があります。

 ・理想を基準にする
 ・過去の自分を基準にする

■理想を基準にする


人間の話す速度は、だいたい1秒で5文字(日本語)くらいだそうです。
アナウンサーのしゃべる速度がこのくらいなのだそうな。

考える速度はもっと早くで、イメージであれば測定できないくらい。文章でも10倍近いかも。だとすると、考えたことをそのままキーボードで打つには、ローマ字入力で 2キー で1文字がかけるとして、1秒間に 10キー が目標線になります。

これが私の理想のタイプ速度。

改善結果を発表するときに、「直行率は 98% になりました!」って言うと、役員から、「2%も不良があるのかよ!」と切り替えされますが、役員の理想は、不良ゼロ、直行率 100% なんでしょうね。




■過去の自分を基準にする


一方で、改善活動をする前の直行率が 90% だとしたら(あくまでも例えで…)、98% への改善は大躍進です。自慢もしたくなる。

タイプ速度で言えば、過去に 4キー/秒 だったのに頑張って 5キー/秒 でできるようになったとすれば、「よしよし」の結果です。

■2つの基準を持つ


4キー/秒 しかできなかった人が、1年間毎日タイプの練習をして、5キー/秒 を達成できたら、努力の結果が現れたことになりますよね。だから喜ぶべきものです。

といって、「よしよし」で満足してしまえば、タイピストとしての基準は満足しません。

なので、「よ〜し、次は 6キー/秒 を目指そう」とならないといけないわけ。

そのためには、

 理想の基準と過去の基準

の2つの評価基準を持っていると、モチベーションを持ち続けることができます。

過去の評価基準は、達成感のために。
理想の基準は将来のために。




■同じテーマの記事

不快な状況を受け入れない

交渉事には心理操作はかならず必要になります。活用して有利な交渉を進められるに越したことはないですが、それを知っているだけでも、不利な交渉を避けることができるようになります。過去記事でも交渉術や心理操作について書いてきましたが、単なる知識だけでもいいので持っておくと、自分が不利な状況に持っていかれることはないでしょう。交渉を有利に進めるために準備すべきこと交渉を有利に進めるためには、環境整備が必須です。その第一歩は、..

リーダーになれないなら事務局になる

リーダーになりたくてもなれない年齢が30台になってくると、何かと他の人達の取りまとめを頼まれる機会が多くなります。多くの管理職は、次の管理職を育成する義務があるので、管理職候補としてまずはなにかの小さなプロジェクトをやって、マネジメント能力やリーダーシップ能力を見ようとします。その結果、ある程度の年齢になると、取りまとめ役を頂戴する機会が増えるわけです。ところが、少人数のグループだと不幸なことが起きます。若い人が入ってこないの..

数値評価のワナ

日本でMBO(Management by objectives;目標による管理)が導入されてからずいぶんになります。でも、その結果日本の企業の業績が良くなったかというと、どうもそうではないように見えます。まぁ、イチサラリーマンが、MBOの仕組みについてどうこう言うつもりはありませんが。数値評価にはワナがあるあるとき私はクライアントの依頼で、急に膨れ上がっ..

ブックカバー

読書、してますか?私はほとんどの本を図書館で借りてきて、通勤電車で読んでます。そのときちょっと気になるのが、本の表紙が丸見えなこと。そこで、ブックカバーを使えればいいのですが、本屋さんで買ってくればカバーを掛けてくれますが(本屋さんの広告みたいなカバーですが)、図書館では当然そんなものはありません。で、考えたのが、「なければ自分のお気に入りを作ればいい」ということ。プリンタでブックカバーを作る自分で作るとなると、デザインはなんで構いません。自分のお気に入..

やる気が湧いてくるかも「一流たちの金言」

普通のサラリーマンではなし得ないようなことをした人が一流になります。もちろん、会社が二流でも、世界的に認められた一流はいます。一流になれないのは会社のせいではなくて、自分のせいです。一流と言われる人たちは、当然ながら行動においても実績においても他の人より抜きん出ていなければいけません。全員が同じことができたら、その人は一流とは呼ばれないわけで、あくまでも相対的なものです。絶対的な評価基準はありません。どこに差があるか..

遊び時間を作る

私は電車を乗り継いで通勤してます。だいたい家を買うとき、「通勤30分」などという売り文句に釣られて、「30分なら圏内か…」と判断すると、電車の本数が少なくて、結局1時間コースになったとか…。時間計画には余裕時間が必要「遊びの時間」を考慮して逆算する到達点から逆算する方法にも、落とし穴があります。それは、「突発的なスケジュールが発生したとき」と、「逆算の..




posted by 管理人 at 05:01 | Comment(0) | 自己マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: