生産的であるために4:対人関係編、もの編、計画編、食事・健康編の詰め合わせ




最近、生産性向上だの働き方改革だのいろいろかしましいですね。

まあ、いろいろな方策があり、それを実現する手段もいろいろあり、それぞれの会社の特徴や従業員のレベルによっても取らないといけない方法は千差万別。

中でも、個人の生産性向上というのは、結局会社の方針ではどうにもならず、個人の意識に依存しがちです。
もちろん、会社で「やるぞ!やるぞ!!」と意識改革(言い換えると洗脳ですが)をすることも必要なのですが、個人として「向上していくんだ」というモチベーションはやっぱり個人の中にしかありません。




まあ、もしそういうモチベーションがあれば、私がちょっと意識している「生産的」(生産性を向上している状態)なことというものの一覧をまとめてみましたので、サラッと読んでみてください。説明もなしに単語だけを並べています。もしあなたの琴線に触れるところがありましたら、ご自分の解釈で使ってみてください。

本当のところはマインドマップで書いてあります。したがって1段段付されているのは、その子ノードです。
自分のマインドマップを載せるのはちょっと恥ずかしいのでテキストだけにしました。

気分的には、ひとつづつ思い入れや経験があるので、2〜3時間位なら語れそうですし、過去記事の中でご紹介したものも多くあります。
気になる方は過去記事を検索するか、気が向いて詳しく書くときをお待ち下さい。





■生産的であるために:対人関係編


 ・笑え!
  ・敵意に対して好意を返す
   ・返報性の原理(影響力の武器)
  ・「先に」も「後に」も敬意と好意を示す
 ・相手にしゃべらせる
  ・相手と背景を「みる」(見る、視る、診る、観る)
  ・誘導。相手に言わせる
   ・着目事象を話し、所見を「きく」(聞く、聴く、訊く)。行為を制約する
 ・相手が聞きたいことを言い、相手が得になることをする
  ・得をさせて得を得る
 ・自分の望むものと相手の望むものの交点を探す
  ・パイを分けるな。パイの存在次元を広げよ(第8の習慣)
 ・全方向報連相
  ・1対1で聴き、数と力と無視で押し切る
 ・積極策が奏功する。先手必勝、言ったもん勝ち、竜頭蛇尾
  ・3つの力。作用反作用の法則、慣性の法則、溜めと開放の法則
 ・名刺とカンバン、大義名分
  ・範囲を区切って第一人者
 ・噂話、陰口には無反応が上策、聞き逃すな

■生産的であるために:「もの」について


 ・毎日の服はパターンを作る
 ・どんなシチュエーションでも使える「もの」や服を持ち歩く
 ・一定期間使わないものは捨てる
  ・しまうな。捨てろ。それはもう用済みだ
 ・整理整頓、清掃清潔
  ・取り出す、使う、片付けるのすべての時間を短くする
 ・ポケット1つの原則とポケット全部の原則(「ここにしかない」と「どこにでもある」)
 ・徹底的に利用・応用する
  ・多機能・多用途。大は小を兼ねる

■生産的であるために:計画編


 ・簡単なことから始める
 ・100万ドルのアイディア。今日やりきることを決める
  ・バブルマップをメモる
 ・完璧を目指すな。「より良い」を目指せ
 ・次のアクションはなにか?
  ・アクションが決定しない打ち合わせを「茶飲み話」という
  ・次のアクションを決めるために今のアクションがある
 ・リスクを探せ。リスクに備えよ
  ・選択肢はなにか?
 ・アクションできる大きさに分割する
  ・WBS
 ・まず仮定する。仮定を検証する行動を取り仮定に戻る
  ・未来を確定しようとしない
 ・レビューとプレビューの時間を確保する
  ・事前準備、イメージトレース

■生産的であるために:食事・健康編


 ・健康的なものを腹八分目
 ・時間と労力を節約するためにネット・宅配を活用する
 ・ストレスと不安を管理する
  ・運動・リラックス・座禅・瞑想
  ・大泣きせよ。副交感神経を使え
  ・気持ちのいいカフェ(空間)を見つける
 ・もっと寝る。もっと時間ができる
  ・昼寝をする



■関連する記事

腹五分目

さて、これはどのジャンルだろう?とタグ付けに迷いましたが…食事と生産性の関係は、確かにあります。何しろ昼イチの会議は眠い。当然ながら、ひとりでなにか作業をしようとしたり、夕食直後に勉強をしたりするとたいてい寝てしまうか、寝ないまでも集中力は最低レベルになっていて、全くはかどらない。サイアクなのはセミナーみたいに、聴いているだけの活動だったりすると、ほぼ100%寝ますね。腹がふくれれば寝るのは当然動物なので、食べたも..

成行(なりゆき)メモ

以前の記事でAARという方法を書きました。ちょっと引用すると改善/AARは、それをどうやったら改善できるかのアイディアを検討するところです。AARというのは「アフター・アクション・レビュー」という言葉の略で、米国陸軍が開発したやり方です。ビジネス書などを読んでいるとよく出てきます。知りたい方は

問題認識の手法3―現状分析

本日は、問題解決の手法の3回目。第2回めで「見える化」についてお送りしましたが、実は問題解決のプロセスを時系列で並べると、こちらが先です。ただ、今回問題認識の手法というテーマで書いていますので、話の流れの都合上、問題を顕在化することを先に持ってきてしまいました。ですので、この記事を読んでもう一度前回の「見える化」に戻って読み返していただけると、この記事の内容が理解しやすいかもしれません。現状分析手法現状分析はパター..

やってみることには苦痛がともなうと意識する

某大会社ではないですが、経営者は従業員に「チャレンジ」(言い方はいろいろかも)を要求します。「今できる仕事よりもより高度で難易度の高くて成果の大きくなるような仕事をしなさい」とのたまいます。こういうのが標語になるということは、逆に言えば、できないから標語として掲げられるということですね。だからといって、そういうことに対して全員が全員積極的に取り組めるかというと、そうでもありません。取り組めない人には取り組めないなりの..

生産的であるために3:技術編

最近、生産性向上だの働き方改革だのいろいろかしましいですね。まあ、いろいろな方策があり、それを実現する手段もいろいろあり、それぞれの会社の特徴や従業員のレベルによっても取らないといけない方法は千差万別。中でも、個人の生産性向上というのは、結局会社の方針ではどうにもならず、個人の意識に依存しがちです。もちろん、会社で「やるぞ!やるぞ!!」と意識改革(言い換えると洗脳ですが)をすることも必要なのですが、個人として「向上していくんだ」というモチベーションはやっぱり個人の中に..

大義名分を振りかざして反論を封じる

あまり使いませんし積極的に使いたいとは思いませんが、説得に応じない相手に無理やり YES と言わせる方法があります。大義名分ってやつです。銀英伝:帝国領侵攻このテーマでいつも思い出すのは、銀英伝の帝国領侵攻作戦。この時の軍事会議で、アンドリュー・フォーク准将がビュコック元帥やヤン・ウェンリーを言い負かすシーンがあります。ヤン:具体的にどのようにどこまで侵攻するのかフォーク:高度の柔軟性を維持しつつ、臨機応..



■同じテーマの記事

わがままにスケジューリングする

もし調べられるのであれば、直近数ヶ月にした打ち合わせについてどこで打ち合わせをしたかを調べてみませんか?これが相手のオフィスや長距離の移動を伴うような場所であれば、あなたの時間効率の改善のねたになります。移動は価値を生まない製造の仕事でよく言われますが、移動することは価値を生まないです。製品を作るときに、何かを組み付けたりインストールしたりする作業は、その製品の付加価値を上げる方法のひとつなのですが、組付けをするた..




posted by 管理人 at 10:38 | Comment(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: