スケジュールがないことが非効率のもと



もし「2週間後の3時から空いてますか?」と聞かれた時、なんと答えますか?

 「大丈夫だと思うよ」

だったらちょっと要注意かも。

作業予定にしろ、業務の計画にしろ、将来やるべきことが決まっていないというのは生産性をおとす原因です。

いまさら言うまでもないかもしれませんが、

 予定を立てて行動する
 その場でやることを考える

の2つでは、生産性が格段に違います。多くの人がそれを認識していながら、「この先の予定は決められない」と考えているということは自己矛盾です。




■○○月○○日のこの時間はこれをやる


「DIPS」という生産性向上のテクニックがあります。過去記事でも何度か紹介していますが、ここに

 「向こう1ヶ月間の時間計画を立てる」

という方法が紹介されています。

「××日までに○○をする」ではなくて、「30日後、××月××日の○○時は△△を▲▲まで完成させる作業をする」ということを予定表に入れておきなさい、という方法です。





★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●一力月後までの業務計画を立てる
DIPS では、どのような業務に従事する人に対しても、向こう一力月の業務を時間単位でスケジューリングすることを要請します。
「三週間後の火曜日の午後二時から三時の間は何をすることになっているの?」と聞かれたときは、すぐさま手帳を開き、その日はかくかくしかしかの予定、と答えられるようでなければならないと考えます。

小林忠嗣(著) 『DIPSとは何か―知的生産性向上システムの全ノウハウ
―――――――――――――――――――――★


おそらく、多くの人が、良くて日付単位か週間単位、悪くすれば予定はないのではないかと思います。

ただ、生産性を改善しようと思ったら、まず、予定が立てられないものは改善のしようもないことを認識しないと、それが}必須だ}とは思えないんですよね。

思いつきで行動していたら、効率がいい訳ありませんし、その場の勢いなので行動の改善にもつながりません。

このあたり、頭ではわかっていても行動にならないのは、腹落ちしてないからではないかと。

■予定がないのは非効率のもと


ただ、1ヶ月後が想像できない状態のプロジェクトもあり、一概に「1ヶ月先まで予定を立てる」のがいいとは思っていません。当然行動が具体化されるスパン(長さ)がいろいろあります。

ではどのくらいの長さで行動の予定を立てるのがいいのか、というと、人それぞれやプロジェクトの状況、環境によるとは考えてます。

私は長期的な目標に関するものは、だいたい3ヶ月先くらいまで予約したスケジュールがあります。
紆余曲折するプロジェクトに関するものは1週間後くらいまで(一応2週間先を目標にはしていますが)。

しかし、タスクの予定を立てないということは基本ありません。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

元々のスケジュールがあってはじめて、私たちは自分の仕事のやり方を見直し、生産性を高めねばならない環境に身をおくことになります。

もし元々のスケジュールのないところに突発業務が起こったとすれば、その新しい仕事は難なくスケジュール化され、吸収されてしまうでしよう。

しかしその間に遂行されるはずだった業務は、ほぼ間違いなく、翌日、翌週、翌月へと繰り延べられているはずです。

これでは生産性の向上など不可能です

明確な時間単位のスケジュールがあってこそ、突発的な業務の発生にもかかわらず、確実な成果を出すことができます。

ホワイトカラーが「何とかしてこの仕事を計画通りこなしてやろう」と考えてはじめて、それを可能にする生産性の向上、仕事のレべルアップが起こるのです。

小林忠嗣(著) 『DIPSとは何か―知的生産性向上システムの全ノウハウ
―――――――――――――――――――――★


つまり、リスケジュールすることで初めて、自分の予定の立て方に対する反省と課題が発見されるのであって、計画も予定もタスクもなければ、「やらないといけない目の前のことを一生懸命処理した」という事実が残るだけですね。

突発的なタスクも多々発生すると思います。そのときに、「次はこれが必要だ」ではなく、「どうやってもとの計画通りにやれるか」という問題意識をもたないとスケジュールはずるずる遅れていきます。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

このようにして一カ月後までの計画を立てるようになると、やがて様々なメリットが得られることにお気づきになることと思います。

たとえば、クレーム処理のような仕事が突然発生すると、一カ月前に考えていた計画は当然変更せざるをえなくなります。このとき、 DIPS では「何とか従来考えていた業務も子定通りこなしながら、新しい仕事を処理できないだろうか」と考えるのです。

時間単位でびっしり埋まったはじめのスケジュールに、新しく発生した仕事の遂行スケジュールをそのまま埋め込むことはできません

しかし、ひとつひとつのスケジュールを重ねることで、どのような作業が計画通りに実行されないかを明確に把握できるようになります。

「この日は B 社に行こうと思っていたんだが、クレームをつけてきた C 社にお詫びに行ったワ欠陥商品を引き取ったりしていると、その時間がなくなってくるな」。

そこで、何とかしてどこかに時間をつくりだそうと考えるわけです。

「この日は B 社の担当者に商品の見本を届けようと思っていた。届けるだけなら明日の朝一番で立ち寄るか、決の訪問で持って行くことにしても+分じゃないか。いや、明後日の会議資料を準備するのにこんなに時間をとっているぞ。ここを削って時問をやりくりすれば…。」

DIPS ではこれを、リ・スケジューリングと呼びます。

小林忠嗣(著) 『DIPSとは何か―知的生産性向上システムの全ノウハウ
―――――――――――――――――――――★





■参考図書 『DIPSとは何か―知的生産性向上システムの全ノウハウ




ホワイトカラー革命は、この問いから始まる。コミュニケーションがよくなり、組織全体の効率が驚異的にアップする画期的手法を徹底的に解き明かす。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

DIPSとは何か―知的生産性向上システムの全ノウハウ
著者 :小林忠嗣
楽天では見つかりませんでしたDMMでは見つかりませんでした



●本書を引用した記事
 情報整理は時間の無駄(Windowsサーチを使おう!)
 Pマトリックスで優先順位を判断する
 先延ばしで失敗しないための作業分割法
 調査したら満足するな
 質問や反対意見は合意のサイン
 DIPSとは何か7:1ヶ月後までスケジュールを立てる効用
 DIPSとは何か9:RRASTICなアイディア出し
 ダライ・ラマのカバンの中身
 DIPSとは何か8:スケジューリング5つの定理
 DIPSとは何か13:DIPSの効果が期待されるプロセスとDIPS運動

●このテーマの関連図書


トップと経営幹部のためのDIPS―企業経営の生産性を高める「知的作業者の…

DIPS(デイップス)運動

DIPS実録レポート曖昧排除・凡事徹底

やり抜く力GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能…

全社員生産性10倍計画1人500円かければ、会社は儲かる!

生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの





■同じテーマの記事

Gmailの表示を早くする

Gmailにアクセスする際、Gmailが開くまで、ページを読み込むのに数秒かかります。短い時間ではありますが、この間、ボーっと何もしないのも、意外と時間がもったいない。ということで、Gmailのメール一覧を素早く表示されせる方法を傷害します。受信トレイのプレビュー機能以下の様な手順で設定をします。※画像はブログをご覧ください。※1.設定アイコンGmailのWebページの開いた状態で、右上にある設定アイコン(歯車みたいなやつ)をクリックする2.メール設..

ミーティングチェックリスト

本日は私が使っているミーティング(打ち合わせ)で使うチェックリストを公開します。チェックリストは必須だいたい、「自分は仕事ができる」と勘違いしている人や、「仕事ができるようになりたい」と思っている人はチェックリストというものを使いません。全部頭のなかにあると思っているか、何をチェック(事前準備)するべきかがわかってません。ミーティングが必要だとおもったからミーティングを開催するのであって、人が何を言うか、どういう..

判断と決断

大事なことは3秒で決める!ファミレスのメニューは3秒で決めろ!どういうわけで、「素早く決める=3秒」というのが普通の時間感覚のなのかよくわかりませんが、ビジネスにおいて、意思決定者は素早く意思決定することが大切だ、みたいな説があります。まぁ、「ファミレスのメニュー」と「大事なこと」が同列に扱うのもどうかと思いますが、まぁ、ほんのタイトルなので、そこは置いておいて…。判断と決断上記の本で筆者が推奨している「決める」と言うのは、決断することを言って..

わがままにスケジューリングする

もし調べられるのであれば、直近数ヶ月にした打ち合わせについてどこで打ち合わせをしたかを調べてみませんか?これが相手のオフィスや長距離の移動を伴うような場所であれば、あなたの時間効率の改善のねたになります。移動は価値を生まない製造の仕事でよく言われますが、移動することは価値を生まないです。製品を作るときに、何かを組み付けたりインストールしたりする作業は、その製品の付加価値を上げる方法のひとつなのですが、組付けをするた..

目標を決める

今年度の目標は…新年度が始まって1ヶ月が過ぎましたね。あなたの進捗具合はいかがでしょうか。1/12だけ進みました?私は天邪鬼なので、年度始めやお正月に目標を決めるのを極力避けて、中途半端な時期に目標の見直しやら新しい目標を決めています。ところで、「目標が決まっている」といえるのはどういう状態でしょうか。先月部門目標設定や部下の目標面談をしていたのですが、どうにも曖昧な目標をたてる人がすくなくない。例えば…「今年度の目標な××の開発に目処を立てることです」「目標値..

今日の仕事のゴール、言えますか?

ある長いプロジェクトだと、目標は上司や顧客から与えられます。しかし、仕事が遅い人というかギリギリまで放置しておく人のパターンとして、仕事が分解できないということがあるようです。与えられた仕事を今日のタスクにまで分解する分解の方法については、過去記事で書いてますので、そちらを参考にしてください。ピクニックに行くタスクの分割と自動化WBSを作るスケジューリングの7つのコツタスクの分割単位は大きくていい仕事効率を上げる基本ルールいろいろな手法があり..






posted by 管理人 at 05:52 | Comment(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。