上司の判断が気に入らないときの対応方針



何かをやろうとして、上司に判断を仰ぎにいくのは、組織としてはどうしても必要になります。
その上司の判断が期待した答えになってくれない場合も結構経験された方も多いのでは。

A,B,C 3択にして、自分としては A 案をやりたいのに、上司は C だと言ってくる。下手をすると、思いもよらなかった F 案なんてのを出してくるような場合もありますし、「A,B,C があるなら全部やってみろ」とか無理難題を言われることも。




もちろん、それを A 案に誘導するテクニックもあるのですが、それは別の記事に譲って、この記事ではどういう対応方針で臨めばいいかについて考えてみたいと思います。

■上司の判断は絶対


まず最初に認識しておかないといけないのは、「担当である自分がその課題に最も詳しいし、経験もある」と思っていても、「何をマヌケなことを…」とか「こいつ使えね〜」とか思わないようにしないといけません。

私などはとくにそうなのですが、思ったことは顔や態度に出ます。そして、上司というのは部下のそういうところにすごく敏感な人が多いです。鈍感でかつパラノイアみたいな人がいることは否定しませんが…

なので、「こいつ……」と思いそうになったら、「いかん、いかん。}上司の決定は神の言葉}」って打ち消すように。
顔に出ちゃわないように。

最終的に部下の仕事の指揮命令権は上司にあります。
上司の決定を部下が勝手に覆しちゃうと組織としては成り立ちません。

もちろん、違法なことや会社としてのポリシーに反するような命令を聞く必要はありませんが、それ以外は「上司の判断は絶対」って受け取るのが、まあサラリーマンの勤め。




■部下の説明が間違っている


「上司の判断」を絶対としたときに取るべき対応で最もいいと思っているのは、こちら。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

一方、相談後に上司からもらうコメントや判断が、自分の意見と合わないことがあります。また、行き違いがあって、部下にとってみればトンチンカンに思える判断を下されてしまうことがあります。
 :
 :(中略)
 :
この肯定的というのは、その判断にしたがうということではありません。

 「なるほど、その判断は気づきませんでしたねー」

と受け人れてあげるだけでいいのです。

そうして、相手の判断をいったん持ち上げたうえで、「部長、ひょっとすると私の説明不足で重要なことがお伝えできていないかもしれません。それは・・・」と言って、再度議論に引き戻すのです。

ここでは、あくまで部下である自分の「説明不足」を原因にします。決して、上司の「理解不足」のせいにしてはなりません。言葉にしなくても、「この上司、わかってないなあ」という雰囲気を出してしまうと、上司はそれに気づいてムッとしてしまうからです。

そこは、あえて自分が「気づかないフリ」をするのです。これは、お客様が相手でも同じです。相手の「理解不足」を原因にしても、何も解決しないからです。

新名史典(著) 『上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方
―――――――――――――――――――――★


多分これで、上司は自分が言ったことと部下が思っている判断が違っていることに気が付きます。

その時の対応は、上司の性格やその場の状況等によっていろいろ別れるのですが、

 1.「じゃあ、お前はどう思っているんだ?」と聞く
 2.部下の説明をもう一度確認する。前の判断は取り消す
 3.「全体像がわかるように、資料を作ってこい」と突き返す
 4.あくまでも最初の判断にこだわる

くらいでしょうか。おそらく私がその上司だったら、「お前の見解を言え」というと思いますが、状況によるかも。

要は、上司がした判断を上司に変えてもらえるように情報を出し直すように持っていかないといけません。上司の判断は絶対ですので、それを覆せるのは上司しかいません。

■デメリットを説明する


本書では書かれていませんが、上司がかなりトンチンカンなことを言った場合には、「部下の説明不足」に加えて、それをすることによるデメリットをちゃんと説明しないといけません。

もし上司の判断に従った場合、大外れでなくともきっと問題が起きると考えられる場合には、

 「わかりました。ただ、その場合○○のような問題が起きるかもしれません。その場合はどのようにしたらいいでしょうか?」

と「その判断には重大な欠陥がある」と婉曲にいうわけです。

それがその仕事に差し支えるほどの問題であれば、上司は考え直すことになります。自分が判断したことなので、「そんなのはお前が考えろ」はいいにくいと思います。
※ちなみに、過去の上司で「個別の問題を処理するのはお前の責任だ!」と投げ返してくる人もいました…
※「決定するのはオレの権限、対処するのは部下の責任」って。
※こういう人にはこのやり方は効きません。

そのときに、どのような選択肢ならどのようなメリット・デメリットがあるのかを順番に説明すれば自分の判断に誘導しやすくなります。
もちろん、上司にもその業務関する知見があるような場合は中途半端なメリット・デメリットをいうと突っ込まれるかもしれませんが。

できたら、選択肢とメリット・デメリットを書き出しながら説明することが望ましいです。
全部が同時に頭に入るわけではありませんから。

■出直す


それでも上司が判断を変えない場合、私は「了解しました。それで進めます」と言って退散します。

上司が自分の判断に固執してしまうのは

 ・判断を変えることによる一貫性の欠如に対する恐れ
 ・自分の現在の精神状態・状況

などが影響していますので、説得は時間のムダです。

ただし、その上司の判断のとおりにはやりません。自分がこうだと思っているものを実施します。上司にはわからないように。
もちろん、表面的には上司の判断に従っているように見せないといけません。いわゆる面従腹背って状態ですかね。

そしてちょっと時間をおいて、上司に「新しい事実がわかりました」と報告に行きます。

そのときに、「まえに○○って指示をもらいましたが…」とは絶対に言ってはいけません。あたかも前回は単に報告だけして上司の判断はなかった}かのように}報告します。

要は上司の一貫性の欠如に対する恐怖心を取り除いてあげることです。

そして今度は自分が臨む結論に誘導しやすい資料を携えて相談に行けば、上司は「あ、あのときは間違えてたんだな」と気が付きます。
お互いにそれには触れないように、新しい判断を出せれば、上司の気分を害することなく期待する判断がもらえるようになります……よ、きっと。




■参考図書 『上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方





立ち読みできます立ち読み可
常に「上司の考え」を予測しながら動く能力、それが「部下力」。
この「部下力」を身につけることで、上司を上手に動かすことができるようになり、あなたの仕事も効率的に回っていく!

上司は、仕事ができる部下が可愛く思えても、可愛いから仕事を任せるわけではない。また、仕事は一人で進めるものではなく、上司の決裁がないと進まないものがたくさんある。
そこで本書は、一所懸命に実務をこなしていても、なかなか上司に認められない、仕事を任せてもらえない、または、仕事がスムーズに進められないという部下が身につけたい「部下力」を丁寧に解説!






◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方
著者 :新名史典

上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方
検索 :最安値検索

上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 仕事や勉強のインターバルの効果的な使い方
 部下力のみがき方3:キーメッセージ
 報連相の手段―上司を捕まえる
 不快な状況を受け入れない
 部下力のみがき方1:部下力のみがき方
 新しいシステムには一番協力してほしい人の名前を入れる
 上司にお願いする作業は分解してから渡す
 マインドマップソフトでループ図を作成する方法
 上司にもアポイントメントを取る
 上司のモチベーションを上げると仕事がしやすくなる

●このテーマの関連図書


あなたが上司から求められているシンプルな50のこと

どんなにバカな上司の下でも成長できる仕事術

ザ・フォロワーシップ―上司を動かす賢い部下の教科書

ザ・チームワーク―良質なチームワークを築く24の方法

顧客に必ず“Yes"と言わせるプレゼン(DOBOOKS)

部下がきちんと動くリーダーの伝え方(アスカビジネス)





■同じテーマの記事

「送る」メニューを整理する

エクスプローラーでファイルを操作している時に、右クリックすると「送る」メニューが出てきます。この機能を使うとファイルを開くアプリを切り替えたり、メールに添付した状態でコンポーズ画面(送信するメール)が開くので、作業がちょっとだけ便利になります。でも、いろんなアプリをインストールすると、この「送る」メニューのメニューの数が多くなってしまって、メニューを選ぶのにちょっとだけ時間がかかるようになったり、選択するメニューを間違えたりして、イラッとしませんか。「送..

期末面談:副産物を評価する

3月もいよいよ終わりに近づいてきました。おそらく、あなたの会社でも期末面談の季節なのではないでしょうか。以前の記事    結果が全てじゃぁないで、評価する側にとっては結果が出ないものは評価に値しないと書きましたが、逆に部下からの視点で、結果が出なかったときの、自己評価の書き方について過去に私がやって高評価がもらえたことについて、その理由を考えてみたいと思います。できなかった当初決めた目標は××の工程における..

記憶術:視点を変えて繰り返す

学生時代に復習といえば、勉強したことをもう一度繰り返すことでした。教えられたそのものを記憶していれば、高得点がとれた学生時代と違い、社会人の勉強は、本に書いてあることを完璧に覚えていても意味をなしません。それを使って何かをしてはじめて、「使える知識を持っている」と判断されます。記憶するには視点を変えるでは、暗記から一歩進んで、必要な知識を蓄積するためにはどうすればいいのでしょうか。..

ClipBor

ご存知とは思いますが、世の中にはクリップボード拡張ツールなるものがあります。通常のWindowsのクリップボードは直前にコピーした情報しか保持できず、その前にコピーしたものはなくなってしまいます。私が、よくやる失敗がCTRL+Vを押してペーストしようとした時に、間違えて隣のCTRL+Cを押しちゃうこと。せっかくクリップボードに入れたのに、上書きしちゃう。そうすると、もう一度元のアプリに戻して、コピーのし直しです。このようなクリップボードの動きを拡張して、過去にコピーし..

Google式!究極のスピード仕事術「SPLINT」のキーポイント

Googleの仕事術といえば、「20%ルール」など有名なものが多数あります。私の知っている中で一部紹介しますと、・20%ルール・メールはモバイルで送る・会議の前にチャットする・カフェスペースを歩き回る・「引きこもり」をするなどなど。Google の仕事のルール上記に書いたもの、単語だけではわからないと思いますので、ちょっと説明を追加。・20%ルール本来の仕事とは別に仕事時間の20%をなにかおもしろいもの..

速読は自然にできるようになる

本や書類に素早く目を通せるようになると、事務仕事の効率が極端に改善します。事務仕事って基本的には、「読む」と「書く」からなっているので、その「読む」という行為が早くなれば必然的に処理速度が上がることになります。もうひとつ効果があって、考える速度が上がります。詳しくは後半で。速読の効用ここでは「速読」というのは、本を読むことには限っていません。あらゆる「文字情報」を脳に高速にインプットする方法のことを言っています。..




posted by 管理人 at 05:11 | Comment(0) | 交渉・会議・面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。