論理思考力を高めるために「反対の言葉」を考える




ロジカルシンキング、論理思考というと、ロジックツリーやマトリックス図、MECE、仮説思考などいろいろなキラーワードがありますが、それほど難しいことを覚えなくても、日本語が使えれば OK という方法があります。

オススメの習慣は




 反対の言葉や類似の言葉

を考えること。

■反対の言葉・類似の言葉


反対の言葉、って言っても、「賛成」「反対」ではありません。いわゆる「反意語」です。
「対(つい)」の言葉でもいいかもしれません。

たとえば、

 一般の ⇒ 特殊な
 論理的 ⇒ 感覚的

みたいな感じ。

ちょっとお時間のあるときに、以下のサイトを見てみてください。

 対義語・反対語辞典
 Weblio

結構面白いですよ。

同じく、類似語というのは、同じような意味に使われる別の言葉です。

これでよく使うのは以下のサイトです。

 Weblio




■反対語や類似語は語彙力を深める


単語をたくさん使えるようになると、表現力が増えます。
べつに、叙情的な表現を覚える必要は、仕事をする上ではないとおもいますが、物事や思考をより正確に伝えるためには、色んな言葉を知っておいたほうが特です。

たとえば、上記の「類似語」。
別の言葉を使ってみる

 シノニム
 類語
 同義語
 言い換え

みたいな言葉が出てきます。同様に反対語なら、

 アントニム
 反意語
 対語
 反義語

など。

で、これらをもし使うとすると、「どういう状況や文脈だったら適切だろうか?」「意味の違い、用法の違いはなんだろうか?」といろいろ疑問が出てきます。

それを調べてみたり、考えてみたりすることで、より正確に言葉が使えるようになるんですね。

■定義することができれば、正確に使える


私はソフト屋が基本なので、「それをプログラムに直してみるとどうなの?」みたいな考えが、ふと、頭のなかに湧くことがあります。

 「最近、失敗が多いなぁ」

と考えたら、

 最近とはプログラミングすると、どうプログラムできるだろうか…?

とか考えちゃうわけです。そうすると、

 最近とは、現時点から直近1ヶ月間

みたいに具体化することになります。「じゃあ、32日前は最近とは言わないのか…?」とか「極論すれば、31日と1分前は最近か否か」「1ヶ月とは、31日か30日か、あるいは4週間(28日)か?」などと考えてみて、ちょっと楽しんだり。

「じゃぁ、「失敗」ってプログラムで判断しようとすると、どうなるのかな?」って定義しないと理解が進みません。

まあ、こういうネタで、この記事を書いたものも少なくないですね。

 …ん? 「すくなくない」って、いくつだとそう言えるんだろう…?

などと、ある言葉を、類似の言葉や反対の言葉、それを定義する言葉にしてみると、その言葉自体がクリアになったりします。

■論理の第一歩は言葉から


論理学の本とか読むと、難解なのですが、最初に「定義」を検討しているものが多いです。
それは、相手に正確に何かを伝えるためには、定義を共有しないと精度が上がらないからなんでしょうね。

ことばをちゃんと考えて、選んで使う。それがかっこいい論理思考の第一歩かもしれません。



■同じテーマの記事

自己PR文で「思う」な

転職時に自己紹介文を書いたり、入社試験で小論文のある会社もあるみたいです。私は部下のレポートを読んでいて、本書にあるような点が時々気になることがあります。「思う」が多すぎる学生の作文によく出てくる語の一つは「思う」である。これを安易に使って、文章の底を浅くしてしまっている作文は少なくない。客観的事実や当然の帰結に「思う」をつける必要はないし、意見・考え・..

判断と決断

大事なことは3秒で決める!ファミレスのメニューは3秒で決めろ!どういうわけで、「素早く決める=3秒」というのが普通の時間感覚のなのかよくわかりませんが、ビジネスにおいて、意思決定者は素早く意思決定することが大切だ、みたいな説があります。まぁ、「ファミレスのメニュー」と「大事なこと」が同列に扱うのもどうかと思いますが、まぁ、ほんのタイトルなので、そこは置いておいて…。判断と決断上記の本で筆者が推奨している「決める」と言うのは、決断することを言って..

後出しの法則で信頼度を挙げる

自分の主張を強化する方法あることを主張しようとして、同じ意見を述べている著名人の発言を引用することがありますね。たとえば、仕事は、だれかの成果に寄与することが重要です。と述べた時に、かのドラッカーも「仕事は貢献に焦点を合わせるべきである」と述べています。というように。何しろ、凡人が言うよりも、やっぱり著名人や一流と認められる人の意見というのは影響力がありますから。凡人がいくら、「悟りとはこういうものです」といったところで、..

思考フレームワーク

ビジネスマンとして、思考力を鍛えたいと思う方は多いみたいですが、何をどのように鍛えればビジネスマンとして思考力がついたといえるのでしょうか?Yahoo質問箱なども時々見てますが、やっぱりこういったことを考える人は結構みえるみたいですね。そこで、本日は何かのハックではあなく、ビジネス思考力について考えてみたいと思います。思考の6段階教育学者でベンジャミン・ブルームという学者さんが思考の6段階モデルというのを提唱したそうです。..

論理的に話す技術

本日は久しぶりに、管理人が良書だと思った本の要約。これ、書くのが結構時間がかかって手間なんだよね…『出口汪の論理的に話す技術』本書は、相手に納得してもらえる話の仕方を書いた本。よくある論理技術の話ではなく、「どのようにしたら自分の話を聴いてもらえるのか」という点にフォーカスしています。もちろん、一番の方法は「論理的であること」なのですが、それだけが重要ではありません。相手が何を聞きたいと思っているのかに沿って自分の..

グロービス流ビジネス基礎力のチェックリスト1

『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10』に載っていた、ビジネス基礎力のチェックリストをご紹介します。長文なので、3回に分けました。本日はその1回目。紹介「将来に、漠然とした不安がある」「今の自分に自信が持てない」「ビジネススキルを学びたいけれど、何から始めたらいいのかわからない」本書は、そんな悩みを抱える若手ビジネスパーソンに向けて、日本有数のビジネススクールであるグロービスの教授陣が書き下ろした「ビ..






posted by 管理人 at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思考技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。