フォロワーを活用するリーダーシップが強い組織を作る




「リーダー」というと、よく例えにでてくるのが、織田信長や徳川家康、松下幸之助。歴史的にも有名ですし、事実として実績を残したリーダーです(私が語るのはおこがましいですが)。ただ、ちょっとまって……と思ったりすることがあります。

たとえば、突然アニメや小説みたいに、自分の人格が織田信長に入れ替わったりしたら、ものすごい実績を残せるのでしょうか?




■強いリーダーには2番手、3番手リーダーがいる


「リーダーシップ」というと「自分がなにをするのか」で語られることが多いのです。もちろん、リーダーシップの意味というのは、そういうことだと思います。ただ、組織を率いていく「リーダー」となると、どれほどその人に力があるからと言っても、組織力が高くなるかというとそういうわけではなさそうです。

たとえば、織田信長には、佐久間信盛、柴田勝家、丹羽長秀、村井貞勝、明智光秀、柴田勝家、佐々成政、羽柴秀吉といった家臣がいました。もちろん、彼らを縱に使ったのは織田信長の才能だったのでしょうけど、織田信長に足軽ばかりがいても、多分戦国に覇を唱えることはできなかったでしょう。

ここでいいたいのは、リーダーの下にはリーダーの言葉を翻訳して下に伝えてくれる2番手、3番手のリーダーがいる、ということです。

世の中では、これをフォロワーと呼ぶそうな。

「羊に率いられた百匹の狼」対「狼に率いられた百匹の羊」のたとえがありますが、個人的には、どちらも成立しないかと。「羊に率いられた10匹の狼と百匹のネズミ」なら成立するかもしれない、というのが今日の結論。




■フォロワーが組織を作る


フォロワーとは、リーダーとメンバーの橋渡しを担う人で、チームを動かすレバレッジポイントになる人です。

それを顕著に感じるのが、リーダーとメンバーとの間で物事の捉え方にずれがあるときです。
※というか、ずれがないときのほうが少ない…

同じ仕事をしていても、リーダーとメンバーとでは見ている景色が違います。

フォロワーはリーダーに近い視点で物事とらえられるとともに、実際に活動するメンバーにも近い視点を持っています。
なので、リーダーが言わんとしていることを理解し、それを実際に活動するメンバーに、こんどはメンバーの視点で話してくれます。

たとえ リーダーとメンバーの間に「溝」があってもリーダーの考えをメンバーにわかるように説明してくれたり、リーダーの代わりに一体感あるチームづくりを助けてくれたりする。つまり、両者のよき理解者になります。

そうしたフォロワーの立場をリーダーが自覚し、フォロワーにもしっかり説明して、協力をお願いする、「助けてくださいフォロワーさん」というスタンスが必要なのではないかと思ったりします。



逆に、フォロワーがリーダーの悪口ばかりを言っていたら、リーダーはリーダーシップを発揮できません。フォロワーの影響を受けた他のメンバーたちは、同じ態度をリーダーに取ります。

フォロワーがリーダーのやりたいことを支援している場合ならリーダーはリーダーシップを発揮できます。まさに、フォロワーの思考と行
動レベルが、チーム全体のレベルを決めている、極論しちゃえば、リーダーの仕事は、フォロワーに助けてもらって初めて成り立っている、と。

■フォロワーを育てるのがリーダーの最初の仕事


なにかの組織を率いていく立場になったら、優秀な社員を部下にほしいと思うはずです。しかしその前に、優秀なフォロワーを探したほうが、組織の長としては、より大きな成果を出せるようになるのではないでしょうか。

もちろん、リーダーの仕事を全面的にフォローしてくれるフォロワーがいればそれにこしたことはありませんが、ある分野についてはこの人、別の分野については別の人、でいいと思っています。そういうフォロワーはよそから引っ張ってきた人より、生え抜きの人のほうが適任です。もちろん、その人に力がなければいけませんが。

フォロワーに「この分野では自分がリーダーだ」と思わせるような組織運営をすると、リーダーは全体の組織運営が楽になります。

たとえば、

 ・事前にフォロワーには方針を十分周知させておく
 ・フォロワーに相談して方針を決める、フォロワーに決めさせる
 ・みんなの前でフォロワーを否定しない
 ・「彼の言うとおりだ」という発言を繰り返す

などです。



■同じテーマの記事

上司にお願いする作業は分解してから渡す

他の部門で、あまり自分の顔が売れてない(認知度が低い)時、何かをお願いしようとすれば、上司の名前を利用することになります。ようは上司に、名前と人脈を貸してください、とお願いする形になります。「××の案内のメールを発信してください」「関係者にトリガになる連絡を出してください」など。こういうときに、文面や宛先などを上司に考えてもらうのは、部下としてはちょっと気が利かないと言われてしまうかも。下書きを作る他人の名前で..

上司にもアポイントメントを取る

上司になにかの相談をするときには、原則上司に打ち合わせの予約を入れるようにしています。もちろん、緊急事態であったり、至急決済がっほしいなどというときには、いきなり話しかけることもありますが、上司には上司の都合や仕事のタスクがあり、表面上はいざしらず、いきなり何十分も時間を取られるのはあまり気持のいいものではないからです。単なる報告だけで、1〜2分で終わるようなものなら、基本はメールで済ませます。上司から質疑や意見があ..

上司のモチベーションを上げると仕事がしやすくなる

仕事をする上で、何をするにしても影響力が一番大きいのは上司です。つまり、上司が自分に対して肯定的だと、仕事がすごくしやすくなります。そのように誘導する方法があります。上司の気分が良くなる方向に部下が持っていけばいいんです。まあ、聞こえの良くないいいかたをすれば「揉み手」「媚び」「へつらう」「おべんちゃら」とかいいますがね。だからといって、揉み手しながら上司にくっついて行けとか言うつもりはありません。上司の気分を良く..

部下力のみがき方3:キーメッセージ

結構久しぶりですが、ビジネス書をご紹介します。図書名称:上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方著者:新名史典いかにもサラリーマンに向けの本なので、読んだことがある方も見えるかも。私のブログでも時々引用させて頂いています。とくにポイントだと思うのは上司が仕事のボトルネックという点。仕事の効率を挙げるためには、上司をうまく巻き込んで行くことが重要。その点を「上司を上手に使う」と著者は表現しています。..

ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す1

とっても気になるタイトルだったので、ちょっと読んでみたのが本書。これからのソーシャルメディア航海術やっぱり読んでみてよかったなぁ、ということでちょっとご紹介。一番感じ入ったのは、「ファクトとオピニオンのバランスを 8:2 にする」というところ。実は知人から私のブログを見ての感想で、「あんたの意見が多いよね」「自分の意見を全面に出し過ぎると良くないよ」とコメントを受けてました。※でも、ちっとも変わらないので、きっとその知人は諦めたのだと…。所詮は趣味の落書き…。..

ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す2

とっても気になるタイトルだったので、ちょっと読んでみたのが本書。これからのソーシャルメディア航海術やっぱり読んでみてよかったなぁ、ということでちょっとご紹介。一番感じ入ったのは、「ファクトとオピニオンのバランスを 8:2 にする」というところ。実は知人から私のブログを見ての感想で、「あんたの意見が多いよね」「自分の意見を全面に出し過ぎると良くないよ」とコメントを受けてました。※でも、ちっとも変わらないので、きっとその知人は諦めたのだと…。所詮は趣味の落書き…。やっぱ..




posted by 管理人 at 05:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 組織マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック