あなたのビジネスの基礎力を測定するチェックリスト3



考える力は、他人が出した結論を見るだけでは絶対に付きません。
自分の頭で考え、それを整理し、行動してそれをさらに最初の考えにフィードバックするというループによってのみ強化されます。

本カテゴリでは、さまざまなテーマを設問としてご紹介していきます。
そのテーマについて、ノートに自分の考えを書き出して、それから導き出される結論に基づくアクションを決定して行動してみてください。その結果自分の考えがどのように変わったのか、一度このノートをを見なおしてください。




 Practice Makes Pefect!!



■本日のテーマ「ビジネス基礎力チェックリスト」


27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10』に載っていた、ビジネス基礎力のチェックリストをご紹介します。

●図書紹介
「将来に、漠然とした不安がある」
「今の自分に自信が持てない」
「ビジネススキルを学びたいけれど、何から始めたらいいのかわからない」

本書は、そんな悩みを抱える若手ビジネスパーソンに向けて、日本有数のビジネススクールであるグロービスの教授陣が書き下ろした「ビジネススキルの教科書」です。

日本屈指のビジネススクールであるグロービス経営大学院。そこで教えていることを1冊の本にギュッと圧縮してビジネスの基礎力の全てを10の項目にまとめてあります。

 ・論理思考力
 ・コミュニケーション力
 ・仮説構築力
 ・情報収集力
 ・データ・情報分析力
 ・次の打ち手を考える力
 ・プレゼンテーション力
 ・周囲を巻き込む力
 ・チームを作る力
 ・志を育てる力

私の若い頃と比べると、国際競争、地域競争、製品カテゴリ細分化、物余りや雇用環境の変化などで、ビジネスパーソンに求められる能力は格段に高くなっています。そしてそれは今後加速することはあれ、要求が低くなることはありません。

これからビジネスの世界で活躍する若手ビジネスパーソンが身につけたい技術、そして中堅になっても、それを繰り返し復習することで更に磨きをかけていけるコアスキルを育てるためのバイブルになってくれる一冊です。





■本日のお題


では、以下のチェックリストにマル・バツを付けてみましょう。
正解(あるべき姿)はだいたいわかると思いますが、解説は本書『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10』をごらんください。
アマゾンで見ると「なか見!検索」でプレビューできます。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●プレゼンテーションカチェックリスト
・プレゼンテーションと言えば、壇上でいかに素晴らしく振る舞うかがすべてだというイメージだ
・プレゼンの際、そのプレゼンが終わった後のあるべき状態を具体的に考えていない
・プレゼンの聞き手の中心人物が誰か、その人物の関心事、その関心事の背景にあるものなどに踏み込んだことがない
・プレゼンの時間や設備などの制約条件を十分理解せずに準備を進めることがある
・プレゼンの中身が「間い」 → 「その答え」 → 「新たな問い」 → 「その答え」 という流れになっていない
・プレゼンで伝えたいメッセージを一言で言うことができない
・冒頭で、プレゼンの目的、重要性、そして時間権成などの予告を話すことがないままに本題に入ってしまう
・プレゼンの資料を読むのが精一杯で、相手の目を見て語りかけることまで意識できていない

グロービス経営大学院(著) 『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10
――――――――――――――――――――――――――――★



★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●周囲を巻き込む力チェックリスト
・日々の仕事を通じて、信頼の残高を上げる努力を積み重ねる意識が不足している
・自分の所属する部署を含めて、意思決定者につながる社内人脈の戦略的な構築ができていない
・巻き込みたいキーパーソンの興味関心、能力などを常に理解するための観察、コミュニケーションができていない
・組織の目標を達成するためのキーパーソンに対する事前の丁寧な説明などを時々おろそかにしてしまう
・プ口ジェクトなどの開始時であるにもかかわらず、いきなり大きな成果を求めて動き始めてしまうことがある
・わかってくれているはずとの前提などから、自らの本気度、熱意を繰り返しメンバーに語り続ける努力を怠っている
・メンバーに何かを語る時は、事実や数字だけを重視し、その背景にあるストーリーなどはあまり語っていない
・会議は、結論を急ぎがちで、アジェンダを設定したり、話を広げたり、深めたりした上で話をまとめることに意識が向いていない

グロービス経営大学院(著) 『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10
――――――――――――――――――――――――――――★


★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●チームを作る力チェックリスト
・チームメンバーに関心を持ち、日々の状況(仕事量、悩み、モチべーションなど)を把握する努力ができていない
・チームの長期目標について上司から指示されたことは理解しているが、自分の言葉で語ることができていない。またメンバーと共有できていない
・チームの達成目標は数値ィヒされているが、そのプ口セスについて定量的に計れる形になっていない
・プ口ジェクトを始める時に、チームで大切にしたい文化やルールをメンバーと共有できていない
・リーダーとレて自分なりに頑張っているものの、自分のリフダーシップの特長や課題を客観的に把握できていない
・メンバーに仕事を任せようとする意思はあるが、どのように任せればよいのか具体的に理解できていない
・チームメンバーそれぞれについて、何が仕事のモチべーションの源泉なのかを具体的に把握できていない
・メンバー間の人間関係の間題や行き違いに気がついても、忙しさからつい後回しにするなど、すぐに対応できないことが多い

グロービス経営大学院(著) 『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10
――――――――――――――――――――――――――――★





■参考図書 『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10





立ち読みできます立ち読み可
グロービスの現場での7万人を超えるビジネスパーソンとの対話でわかった
「どこに行っても通用する」ベーシックスキル10!

本書の前提にある問題意識

本書では、「どのような分野の、どのような能力を高めていくべきかはっきりしない」という漠然とした不安に対して、
30代前半までに身につけてきただきたいと思う基本的なビジネススキルを10に分けて「俯瞰」します。

本書で取り上げる10のビジネス基礎力
01 論理思考力
02 コミュニケーション力
03 仮説構築力
04 情報収集力
05 データ・情報分析力
06 次の打ち手を考える力
07 プレゼンテーション力
08 周囲を巻き込む力
09 チームを作る力
10 志を育てる力

能力開発を加速するために必要なのは、まず基本。
常に「Back to basic」!
現状のスキルを俯瞰して、自分だけの地図をもって旅に出よう!







◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10
著者 :グロービス経営大学院
楽天では見つかりませんでした
27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 今日学んだことを3つ上げなさい
 上司のモチベーションを上げると仕事がしやすくなる
 Webを調べるたびにメールで共有する
 文章校正のためのセルフチェックリスト
 記憶術:応用を考え自分の現実に当てはめる
 考える仕事は早めに終わる
 記憶術:凝視する
 転職面接:「御社の製品が好きです」は言うだけムダ
 「…による」には2つの意味が存在する
 グロービス流ビジネス基礎力のチェックリスト3


●関連図書
 27歳からのMBA グロービス流 ビジネスの基礎大全
 27歳からのMBA グロービス流ビジネス勉強力
 27歳からのMBA グロービス流リーダー基礎力10
 グロービス流 キャリアをつくる技術と戦略
●このテーマの関連図書


27歳からのMBAグロービス流ビジネス勉強力

27歳からのMBAグロービス流リーダー基礎力10

グロービスMBAキーワード図解基本フレームワーク50

グロービスMBAキーワード図解基本ビジネス思考法45

グロービスMBAキーワード図解ビジネスの基礎知識50―――知っていると差がつくワンランク上のセオ…

MBA100の基本





■関連する記事

あなたのビジネスの基礎力を測定するチェックリスト1

考える力は、他人が出した結論を見るだけでは絶対に付きません。自分の頭で考え、それを整理し、行動してそれをさらに最初の考えにフィードバックするというループによってのみ強化されます。本カテゴリでは、さまざまなテーマを設問としてご紹介していきます。そのテーマについて、ノートに自分の考えを書き出して、それから導き出される結論に基づくアクションを決定して行動してみてください。その結果自分の考えがどのように変わったのか、一度このノートをを見なお..

あなたのビジネスの基礎力を測定するチェックリスト3

考える力は、他人が出した結論を見るだけでは絶対に付きません。自分の頭で考え、それを整理し、行動してそれをさらに最初の考えにフィードバックするというループによってのみ強化されます。本カテゴリでは、さまざまなテーマを設問としてご紹介していきます。そのテーマについて、ノートに自分の考えを書き出して、それから導き出される結論に基づくアクションを決定して行動してみてください。その結果自分の考えがどのように変わったのか、一度このノートをを見なお..

あなたのビジネスの基礎力を測定するチェックリスト2

考える力は、他人が出した結論を見るだけでは絶対に付きません。自分の頭で考え、それを整理し、行動してそれをさらに最初の考えにフィードバックするというループによってのみ強化されます。本カテゴリでは、さまざまなテーマを設問としてご紹介していきます。そのテーマについて、ノートに自分の考えを書き出して、それから導き出される結論に基づくアクションを決定して行動してみてください。その結果自分の考えがどのように変わったのか、一度このノートをを見なお..

人を動かす:人を説得する原則6:しゃべらせる

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:ディール・カーネギー本日のお言葉:人を説得する原則:相手にしゃべらせるお言葉の出典:『人を動かす』本日のお言葉は、もう何回目でしょう…『人を動かす』から人を説得する原則6:相手にしゃべらせるです。説得したかったらしゃべってはいけない私のようなレベルでは、結構ハードルが高いのですが、本当の説得術というのは、相手に相手自身を説得させることを最高の手段にしている..

命をかけるに値するかを考えて議論に持ち込む

以前に失敗のケーススタディ:本来の望みという記事で、議論に勝つことが、自分の目標に対してどのような影響をあたえるのかを考えよう、というお話をご紹介しました。相手と意見が異なると、ついそこについて議論になってしまい、思わずヒートアップして、最後の結論は自分で顔をしかめたくなるような極論に行き着いた、なんていう経験もあったりします。あとで思い出すと、「オレって、なんてバカなんだろう」と嘆きたくなるのですが、そのときには我を忘れる状態で..

北風と太陽―意図を隠して行動を促しなさい

「北風と太陽」のお話はご存じの方も多いでしょう。ただ、ここから学べることとして、よく言われていることとは別に、私が意識したことがあります。穏やかに話すわたしは子供のころ、ミズーリ州の片いなかの小学校に通っていた。その当時、太陽と北風が腕くらべをする寓話を読んだことがある。北風が「ぼくのほうが強いに決まってる。あそこにオーバーを着た老人がいるだろう。ぼくは君..



■同じテーマの記事

個人業務計画書を作る

おそらく会社では、組織単位で年度初めに部門の活動計画書を出しているのを知っていると思います(零細企業ではやっているところは少ない、とも聞いていますが)。ほとんどの会社では、社長は大きな方向性は決めますが、その方向性に沿うために、それぞれの部門は今年度どのようなことをするのかを部長や管理職が決めて、それを計画書の形で役員に報告していると思います。その部門方針の一部がまた担当者の業務として与えられるわけです。ところが計画書が作られるのは、そういった組織やプロジェク..




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。