失敗に対して上司がもっとも腹が立つこと




上司をやっていると部下から失敗やトラブルの報告を聞くことが増えます。

ただ、そういう失敗やトラブルは、過去に自分が通ってきた道。問題の対象は時代とともに変わりますが、仕事が大きく変わっていなければ、プロセス的には過去に上司も痛い思いをしたことがあるものがほとんどでしょう。

どんな上司だって、スーパーサラリーマンでも過去から現在まで完璧な人間だったわけではないでしょうし、仕事に馴れないうちはいろんな失敗をしたはずです。まあ、都合の悪いことは忘れてしまうというのも否定はしませんが…




なので、私個人としては、失敗をした事自体に腹が立つことはありません。

 「おお、オマエもやっちゃったか。実はオレもな〜」

くらいに過去の武勇伝(笑い話?)でも話してやりたいくらい。

■上司が腹が立つ部下の行動


でも、たいていの上司は失敗した部下を叱ります。
上司同士で飲みに行ったりすると、そういう話をよく聞くのですが、なにに怒っているのかというと、失敗をしたこと自体ではなく、失敗をしたあとの行動です。




★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

こういう危機喫況の時ほど、部下の本当の力が見えてきます。

経験の浅い部下は、オロオロしたり、慌てたり、ミスしたことを引きずったりしますが、べテラン編集者は、「すみませんでした!」と頭を下げると、次の瞬間にはテキパキと関係部署に連絡し、ミスが起きた経緯などをわかりやすく書類にまとめます。

起きてしまったミスという事実は、いくら悔やんでも変わりません。変わらない過去にエネルギーを使わず、今後の対応という未来にパワーを集中させる人ほど、底力を発揮します。

}上司というのは、起きてしまったミス自体に怒ったりするよりも、実はミスの対処の仕方にイラついたりするものです}

「上司から叱られたらどうしよう」などと身内に目を向けるのではなく、迷惑をかけてしまった相手のことを優先させるべきです。

また、べテランの部下ほど、叱られる理由を誰より本人が一番わかっている場合が多いものです。そんな時には、叱る言葉を必要としないこともあります。

かつてミスをした編集者と取材先にお詫びに同行した時に、一件落着のあと、帰りの電車の中で、「改めて、すみませんでした」と深々と頭を下げられたことがありましたが、本人が最も反省していることを感じたので、私は相手の目を見て、「以後気を付けること、以上」とだけ言いました。

上司の立場から考えると、本人が自覚さえすれば、クドクド言わなくてもいいのです。

田中和彦(著) 『できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
―――――――――――――――――――――★


上司として、失敗をしたときの部下の行動を見て、「これじゃあダメだ」と思えるものがあります。たとえば、

 ・隠蔽しようとする
 ・問題を過小評価しようとする
 ・自分の少ない経験と知識だけで対処しようとする

こういったものです。

実は失敗そのものに怒る人は少ないのかもしれません。

もちろん、「ああ、いいよいいよ。気にすんな」とはいえないので、スタンドプレイで怒ってみせる、というのはあります。反省を促さないと行けないところもあります。

でも、「腹が立つ」という状態になることはありません。
だって、その人の知識範囲でやるべきことをやっていて起きてしまった問題なんですから。

逆に「やるべきでないことをやった」「やるべきことをやらなかった」についてはやっぱり上司としては怒らないといけないですし、「腹が立つ」という状態になります。

もちろん、「やるべき」という線は明確な線があるわけではなく、上司や組織によって違いますけどね。そこはちょっと難しいところ。





■参考図書 『できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意





立ち読みできます立ち読み可
2万人を面接した人材のプロが贈る、ボスをマネジメントの教科書
上司の8機能+1を徹底活用すして、プレゼン、会議、人事、時間管理、人脈…これであなたの仕事が劇的に好転する!





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
著者 :田中和彦

できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
検索 :最安値検索

できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 トラブルを上司に報告する前にするべきこと
 希望の部署に移動する方法
 上司の情報を活用する
 人が育てられなければ給料は上がらない
 アホな上司は反面教師にはならない
 人脈をスタートさせる方法
 勉強好きはどのように昇進・昇格に影響する
 ピンチヒッターを作る
 すべてのスキルを育てる技術
 失敗に対して上司がもっとも腹が立つこと

●このテーマの関連図書


部下こそ上司にリーダーシップをとれ





■同じテーマの記事

一息吸ってくる

私のアイディアではありませんが、ちょっと本に書いてあったアンチ・ストレス技術をご紹介。逆に言うと、場所を変えればそれだけブレイクしやすくなります。物理的な距離を取ることで客観的かっ冷静になれますし、深呼吸をして状態を整えれば、「上司に怒られた」「仕事で失敗した」という外部要因に対して、ネガティブな反応が出にくくなります。「一服してくる」ならぬ「一息吸ってく..

失敗原因は2つに分ける

なにか仕事で失敗した時や、仕事が全く進んでいない時に、進捗状況を聞くと「×××から連絡がなかったので…」「ちょっと状況が揃わなくて…」と報告する人がいます。こういう話を聞くと、個人的には「ムカッ」とするのですが、そう言っている本人にとってもつらい状況であることは変わりないようです。失敗原因は必ず二つに分けて考える心理学に「原因の帰属理論」というものがあ..

計画はゴールから語る

ある程度仕事の経験を積むと仕事のやり方(求められ方)が大きく変わるポイントが有ります。一般職で最初のターニングポイントはプロジェクトを任されるリーダーになるということです。つまり、今まではイチ担当者として、「××を今週中に」とか「を今日中に」とか言う風に、会社・部門としても大きなプロジェクトの一部の明確化した作業を言われていたのが、「を××さんとさんと一緒に完成させて」みたいなすごく曖昧な指示になってきます。それも自分の力だけではなく他人も使って。※こ..

メモの寿命は12時間

だれかと話をする時メモをしてますか?そのメモを見返してますか?メモの目的メモをする目的というのは、忘れないようにするためですね。でもそのメモ自体を紛失してしまえば、「確かメモったんだけどなぁ…」ということになりかねません。本記事では、メモとノートは別物としつこく書いてます。メモは、ちょっとひらめいたことや人と打合せをした時に記憶しておかなければならないことのキーになる単語を走り書きするためのものです。以前紹介した高速メモの技術のように、省略や記号化をし..

自分を変える教室2

本日はビジネス書のご紹介。有名な本なのですでに読んだ方も多いのではないでしょうか。本書は「ちょっとモチベーションが下がっている」と感じた時に目次を眺めて、気になる所読んでみたりしてます。そうすると「うん、そうだよな」と思ってちょっとだけやる気が復活してきます。つまり、1回だけ読んで「ふ〜ん。ちょっとお勉強になった」と満足に浸るような種類のビジネス書ではなく、時々読み返してみて、「今自分がぶつかっている問題はこういうことなんだ」と..

問題認識の手法3―現状分析

本日は、問題解決の手法の3回目。第2回めで「見える化」についてお送りしましたが、実は問題解決のプロセスを時系列で並べると、こちらが先です。ただ、今回問題認識の手法というテーマで書いていますので、話の流れの都合上、問題を顕在化することを先に持ってきてしまいました。ですので、この記事を読んでもう一度前回の「見える化」に戻って読み返していただけると、この記事の内容が理解しやすいかもしれません。現状分析手法現状分析はパター..






posted by 管理人 at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。