汚れていれば、掃除すればいいじゃない―だれもやりたがらない仕事のネタ




ちょっと物語調ですが、仕事のヒントになるお話。




★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●汚れたトイレを掃除すれば、並ばなくてもすぐできる。

スキーに行って、民宿に泊まった時のことです。その民宿のトイレは、和式でした。

洋式トイレに慣れてしまうと、和式トイレにしゃがむのは、新鮮でした。

私は、子供の頃は、ポットン式の和式のトイレにしゃがんでいたのに、今では、すっかり洋式のトイレに慣れてしまっています。

その民宿のトイレには、個室が 3 つありました。

スキー宿の朝のトイレは、混み合います。行列ができています。ところが、不思議なことに、個室は 3 つあるのに、列は 2 列でした。

真ん中の個室には、人が並んでいません。使用禁止の札がかかっているわけでもありません。

後から来る人はすべて、その個室のドアを開けるなり、「わあっ」と言って出てくるのです。そして、左右の列に並ぶのです。

実は、私も「わあっ」と言って、出てきた一人です。

その個室には、でっかいウンコが、ごろりと転がっていたのです。

便器の中にうまく落とせずに、目標をあやまって、足元に落としてしまったのでしょう。

人間のものとは思えないほどの大物でした。

左右の列に並んでいる人は、一度はそのドアを開け、みんなその大物を目撃しているので、後から来た人が、「わあっ」と言って驚くのを、なかばイタズラのように楽しんで見ていました。

次から次へと、人がドアを開けて、驚いて出てきました。

すると、ある一人が、中に入ったまま、出てきませんでした。「わあっ」と驚いたのは、まわりのほうでした。

そして、その人は、何事もなかったかのように、すっきりと出てきました。

誰かが、そのドアを開けました。そこには、さっきまで転がっていて、入る人をこばんでいた大物の姿がなくなっていました。

さっきの人が、きれいに掃除して、使ったのです。

私の順番が来たので、個室に入ってしゃがみました。

「さすがだな」と、感心しました。

新しいことを始めるというのは、列に並ぶということではないのです。

汚れているトイレを掃除すれば、並ばなくても、すぐすることができるのです。

明日のために:その6:トイレが汚れていたら、掃除をしよう。

中谷彰宏(著) 『会社で教えてくれない50のこと
―――――――――――――――――――――★


このお話で、どのようなヒントを得られるのかは、まあ人それぞれで良いかと思いますが、仕事って、わりとこういう「人がやりたがらないことをやることで利益が得られる」場合が少なくありません。

きっとナマコを初めて食べた人もそうだったのかもしれませんね。

私の専門はIT関連技術なのですが、多くのプロジェクトは「人が面倒くさい、手間だと思っていることをサクッとできるようにする」というところからスタートすることが多いです。いわゆる「業務効率化」ですね。

べつにトイレを掃除して「べっぴんさん」になりたいわけではありませんが、そこに落ちているのは、同じ単語で別の意味の「ウ○」かもしれません。

私は、それで今の会社では結構なポジションをもらえましたので…。









■参考図書 『会社で教えてくれない50のこと





立ち読みできます立ち読み可
仕事以外のことを学ばなければ、会社なんてつまらない!――同じ時刻の出勤、与えられた仕事、目の前の業務……。ただ何となく働くだけでは、会社では何も身につきません。アンテナの角度を変えてみましょう。会社は「膨大な教科書」へと生まれ変わります。チャンスの活かし方、人間関係の知恵、自分に何ができるのか、どうすれば成功できるのか……ヒントは、会社の中にある!

本書は「友達の間で“メリット”という言葉をやめよう」「“□□バカ”になろう」「効率の悪いことをしよう」「ペンとメモ用紙をポケットに入れておこう」「本屋さんで、友達を作ろう」「“ありがとう”の代わりに“面白かった”と言おう」「自分も他人もフルネームで紹介しよう」など、組織の中で自分の可能性を伸ばすためのヒント集。「教えてくれないことこそ、一番大切なこと」と語る著者が充実“社会人”生活の秘訣を紹介します。仕事もプライベートももっと楽しくなる一冊!





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

会社で教えてくれない50のこと
著者 :中谷彰宏
楽天では見つかりませんでしたDMMでは見つかりませんでした



●本書を引用した記事
 ペンとメモ用紙を持っている人だけがいい情報にたどり着ける
 風邪で休まない
 汚れていれば、掃除すればいいじゃない―だれもやりたがらない仕事のネタ

●このテーマの関連図書


あの人はなぜ恋人と長続きするのか

成功体質になる50の方法

一流の常識を破る7「超一流」の分析力分析力を磨く63の具体例

昨日の自分にこだわらない一歩踏み出す5つの考え方

一流の常識を破る8「超一流」の会話術(一流の常識を破る(8))

一流の常識を破る6「超一流」の構想術





■同じテーマの記事

糸井重里氏、他4人の手帳術「賢人の手帳術」

他人の手帳って、いろいろな意味で興味があります。とくに興味があるのが、何を書いているのかと、それを書いてどのように使っているのか、ということ。もちろん、本ブログは仕事術がテーマなので、他人のプライベートをどうこうするつもりはありません(笑)。ですので、「××の手帳術を公開」みたいな本があると、けっこう引っかかります。本日のご紹介は、特定の著者の手帳術ではなく、5人の「賢人」の手帳術の本。5人の賢人本書で紹介されている「..

インバスケットを学ぶ1

先日、部下が昇進のための基礎能力試験を受けてきました。返ってくるなり「全然ダメでした〜」と。「どうダメだったの」と聞くと、「口外するなとは言われたんですけどね」と言いながら、しっかり口外してくれたので、私もちょっとばれない程度に公開しちゃうことにしました。このスタイルの評価方法は、昇進試験グループディスカッションでも紹介したので、詳しく知りたい方は、こちらへどうぞ。..

汚れていれば、掃除すればいいじゃない―だれもやりたがらない仕事のネタ

ちょっと物語調ですが、仕事のヒントになるお話。汚れたトイレを掃除すれば、並ばなくてもすぐできる。スキーに行って、民宿に泊まった時のことです。その民宿のトイレは、和式でした。洋式トイレに慣れてしまうと、和式トイレにしゃがむのは、新鮮でした。私は、子供の頃は、ポットン式の和式のトイレにしゃがんでいたのに、今では、すっかり洋式のトイレに慣れてしまっています。その民宿のトイレには、..

問題発見力養成講座:システムシンキングの6つのメリット4

システムシンキングのメリットについて、『レバレッジ・ポイントを見つけ出せ! 問題発見力養成講座 “木を見て森も見る”システム・シンキング』を引用しつつ、拙いながら、システムシンキングを学んできて感じたことをちょっと書いてみたいと思います。本書『レバレッジ・ポイントを見つけ出せ! 問題発見力養成講座 “木を見て森も見る”システム・シンキング』では、システムシンキングのメリットとして、以下の6つを上げています。1.経営上の課題を大..

学習する組織:「5.チーム学習」の考え方の基本

前年度末に売上目標のため無理をした結果、今年度は期首から大幅な目標未達。マネジャーが「自分がやった方が速い」と仕事を抱え込む結果、部下が育たず悪循環。会議では有力者の発言ばかりが目立ち、それに疑問を示せる雰囲気ではない。思い当たるフシがありませんか。「学習する組織」のアプローチが役に立つかもしれません。『学習する組織』から、5つのディシプリン(構成要素)を引用してご紹介します。本日は第5回。チーム学習について。..

問題発見力養成講座:システムシンキングの6つのメリット3

システムシンキングのメリットについて、『レバレッジ・ポイントを見つけ出せ! 問題発見力養成講座 “木を見て森も見る”システム・シンキング』を引用しつつ、拙いながら、システムシンキングを学んできて感じたことをちょっと書いてみたいと思います。本書『レバレッジ・ポイントを見つけ出せ! 問題発見力養成講座 “木を見て森も見る”システム・シンキング』では、システムシンキングのメリットとして、以下の6つを上げています。1.経営上の課題を大..




posted by 管理人 at 05:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。