「努力しなければ」をやめる




 「うまくできなかった。もっと努力しよう」

仕事(作業レベルですが)に限らず、スキルが必要なものでうまくできなかったときに、多くの人がこう考えます。

努力すること自体を否定するつもりはありません(大事だと思ってます)が、「努力する」という言葉に具体性がないので、なんだか滝に打たれる修業をするみたいな気が…。

まぁ、趣味でやるならいいですけど、仕事は修行ではないので、できたら楽して結果を出せないものかと。




■努力しない方法


私はあることを思い通りにうまくできなかったときには、

 「あ、オレには才能がないや」

ととっとと諦めちゃいます。ただし、仕事自体を諦めるわけにはいかないので、

 「よく知っている人に教えてもらおう」

とするわけです。自分の知る限り、これが一番の近道

才能がないんだから、自分ひとりで頑張ってもすぐに限界に突き当たります。
それよりも、うまくやっている人にやり方を教えてもらったほうが、早く上達します。できれば、手取り足取り教えてもらえるといいですね。

よく知っている人というのは、

 ・社内でそれをうまくやってそうな人
 ・有名な人
 ・本
 ・Web

一番簡単なのは、「××のやり方」「××のコツ」などというキーワードで、Google 君なり Yahoo ちゃんなりに教えてもらうことです。

意外とヒットします。

ただし、検索上位に表示されたからといって、自分の状況や自分のできることに合致しているかというとそういうものでもないので、少なくとも検索結果のページを10ページはめくります(だいたい200〜300件)。

それだけ調べれば、ひとつやふたつは参考になる情報があります。

そこにあった情報をキーワードにして、さらに追加検索すると、だんだん精度のいい情報が出てくるようになります。




■うまい方法はないもんか


たとえば、EXCEL で複数のシートの比較をしたいときに、

 ・ひとつのセルごとにウインドウを切り替えながらチェックしていく

なんてことは私なら絶対にしません。

とりあえず、「Excel シート比較」で Google 検索してみます。

まあ、論より証拠、検索してみてください。
結構楽ちんな方法があるものです。

まあ、私が「努力する」とか「頑張る」とかが好きじゃあないのが一番の要因ですが。

過去記事 近道をする でダン・ケネディの言葉を紹介しました。

★――――――――――――――――――――――――――

私は近道が大好きだ。何事も簡単にできるにこしたことはない。

他のビジネスマンが交通渋滞にいらいらし、重いスーツケースを引きずって右往左往し、面会先の応接室でじりじりしながら待っているのを尻目に、木陰のハンモックに寝ころんだまま、レモネード片手に携帯電話でやりとりするだけで目的をなし遂げられる人がいれば、その人に拍手喝釆を送りたい。

勘違いしないでほしい。私も、怠け者は好きではない。なにもせずになにかを手に人れようという人問は大嫌いだ。勤労の尊さもわかっている。だが、すぐそばにエレべーターがあるのにわざわざ自分の足で山に登っても特別な勲章には値しない

ダン・S.ケネディ(著) 『常識の壁をこえて
――――――――――――――――――――――――――★


ですよ。

あまりストイックにやるのではなく、「楽がしたい」と思ってみると、結構やり方はあるものです。




■参考図書 『常識の壁をこえて




入手困難だった、『ビジネス版 悪魔の法則』。
全面改訳の上、ついに刊行!

ダイレクトレスポンスマーケティングの第一人者であり、ビジネススピーカーとしても活躍中の著者のダン・ S ・ケネディが、これまでビジネスや人生全般で成功を収めるための法則とされている古典的な方法論や格言といったものに真っ向勝負をかけ、その「ウソ」を暴いていく。

たとえば、「ポジティブに考えよう」とは、よく耳にするビジネス「常識」だが、「自分はツイている、自分はツイている」と毎日唱えてポジティブ思考でさえいれば、人生が変わると思い込んでいる人が、あまりにも多い。

著者のケネディは、根拠もなしにポジティブに考えることや、ただひたすらに、やる気だけを高めることは無意味だ、と切り捨てる。

そこで、本来の意味でのポジティブな思考や行動をどうすればとれるようになるか、具体的なエピソードを交えながら分かり易く解説していく。

ふるい成功哲学がつくり上げた「常識の壁」をこえたところに、成功の扉は開
かれているのだ。







◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

常識の壁をこえて
著者 :ダン・S.ケネディ

常識の壁をこえて
検索 :最安値検索

常識の壁をこえて
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 近道をする-その2
 初手、王手飛車取り!
 「努力しなければ」をやめる

●このテーマの関連図書


遨カ讌オ縺ョ繝槭��繧ア繝��ぅ繝ウ繧ー繝励Λ繝ウ繧キ繝ウ繝励Ν縺�縺代←縲∽ク�逕溷スケ縺ォ遶九▽��√♀螳「讒倥r繝医Μ繧ウ縺ォ縺吶k縺溘a縺ョ繝舌う繝悶Ν

繧、繝ウ繧ソ繝シ繝阪ャ繝医r菴ソ縺」縺ヲ閾ェ螳��〒��大т蜀��ィシ縺��□��∬カ�・繝槭��繧ア繝��ぅ繝ウ繧ー

螟ァ驥第戟縺。繧偵Λ繝ウ繝√↓隱倥∴!荳也阜逧��げ繝ォ縺梧蕗縺医k縲悟、ァ驥剰。悟虚縺ョ蜴溷援縲�

蜆��ク��聞閠�の繝薙ず繝阪せ繝励Λ繝ウ窶輔■繧��▲縺ィ縺励◆諤昴>縺、縺阪→繧キ繝ウ繝励Ν縺ェ蝠��刀縺後≠繧後��縺��>

雜�・蝟カ讌ュ豕�

縺ゅ↑縺溘��莨夂、セ縺�90譌・縺ァ蜆イ縺九k!窶墓─諠�マ繝シ繧ア繝��ぅ繝ウ繧ー縺ァ縺雁ョ「繧偵▽縺九��





■同じテーマの記事

近道をする-その2

以前の記事で以下のことを書きました。どこの誰だったか忘れちゃいましたが、こんな事(記憶なので、間違いが多いかも)が書いてあるページを見た記憶があります。私は近道が大好きだ。何ごとも簡単にできるに越したことはない。私も怠け者は好きではない。努力は尊いものだということも理解している。だが、すぐそばにロープウェイがあるのにわざわざ自分の足で山に登って..

初手、王手飛車取り!

本日は、具体的なスキルの話ではなく、心構えのお話。心構え、基礎学習なにをするにしても、かならず「心構え」が必要と言われます仕事というのは、社会に真摯に貢献するという気持ちで向かいなさい社会人としての自覚と責任をもって臨みなさい感謝の気持ちを持つことが大切自分のやったことに誇りを持ちなさいまた、何かを学ぼうというときには、まず基礎的な理論をしっかり身につけて、応用はそれからみたいなことも。それ自体は理解できますし、私自..

「努力しなければ」をやめる

「うまくできなかった。もっと努力しよう」仕事(作業レベルですが)に限らず、スキルが必要なものでうまくできなかったときに、多くの人がこう考えます。努力すること自体を否定するつもりはありません(大事だと思ってます)が、「努力する」という言葉に具体性がないので、なんだか滝に打たれる修業をするみたいな気が…。まぁ、趣味でやるならいいですけど、仕事は修行ではないので、できたら楽して結果を出せないものかと。努力しない方法私は..

通勤どこでも仕事術:出張・旅行のホテルに会員登録する

海外でやったことはありませんが、国内の場合は、使用する交通機関やホテルに無料会員の制度があれば、ほぼかならず登録しています。無料会員のメリット会社によっていろいろですが、無料会員のメリットは・複数回使用することでポイントが貯まる・ちょっとだけ良いサービスが受けられる・予約時に優先予約ができるなどです。会社で会員登録しているような指定ホテルの場合はどうしようもありませんが、そうでなければ自分の名前で登録すると、..




posted by 管理人 at 06:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。