昇進の打診は二つ返事で





一般職から管理職になるというのは、実際にもかなりハードルがあります。

管理職になったはいいものの「一般職に戻りたい…」という人を結構知ってます。
※希望通り戻れた人はひとりしか知りませんが…。




■管理職にならないか?


自分から「管理職にならせてください」という人は自分の知る限りいません。上司から管理職への昇進を打診されて、面接を受けるというのが普通のルートです。

その打診のときに、結構迷う人がいます。
それで相談を受けたこともありますし、私が打診をしたときに「ちょっと考えさせてください…」という人も少なくありません。

私の部署は全員が技術屋なので、「生涯イチ技術屋」というのに憧れる人が多い(というか全員かも…)。

それはそれで否定しませんが、50歳になったときに、現役で最新技術についていける人ってどのくらいいるのでしょう?
納期ギリギリで徹夜も辞さない業務ができるでしょうか?




■いつかはリタイアすることになる


まあ、今の仕事はいつかは第一線から外れないといけません。そうなったときに、どのような仕事をするのかを考えておかないといけないわけです。
※とくにソフト系の技術者は「35歳定年説」なんてのもありますし。

そのときに選べる選択肢というのは、それほど多くありません。

今の会社がベンチャーで若手ばかりの環境ではわからないかもしれませんが、会社にもし定年間近の人がいたら、それは20年後のあなたかも知れない。やっていることはおそらく

 ・自分の技術とは関係ない体力を使わずにすむような仕事をする
 ・管理職になる
 ・技術者を続けている(若手の技術指導を含む)

こんなとこではないでしょうか。

ここから選ばないといけないということ。

■管理職には年齢制限がある


あまり公には言われないと思いますが、管理職になれる人には年齢制限があるのが一般的です。

例で言うと

 課長への推薦は35歳〜45歳
 部長への推薦は40歳〜50歳
  :
  :

みたいな推薦年齢制限です。公式に文書化されているところは少ないみたいですが。
※数字は適当です

つまり一般職で45歳を超えた人は、もう管理職にはなれない、みたいな制限です(大器晩成は出世できないってことかね?)。

これはなにから来ているかというと、課長は部長候補、部長は事業部長候補、というように常に上の役職の候補として扱われているので、上に引き上げた途端に定年(60歳)になるような人は引き上げない、ということです。

ある職位に一定期間在職するとしたときに、逆算すると、何歳までに最初の昇進ができてないといけないかはわかっちゃいますよね。

■管理職になるのに迷ってはいけない


長々と説明しましたが、管理職への打診をうけたら、迷ったり返事を保留したり、あるいは断ったりして、1年を棒に振ると、それだけ次の推薦が来る確率は減るということです。

「もうあと2〜3年は現役で」と思ったら、2〜3年後に「もうそろそろ管理職に」と思っても手遅れになります。そのときには、若手がすでにポジションをしめているかもしれませんし。

もし、「管理職にならないか」と打診されたら、ハタからみて「もう潮時」だということです。
いまの仕事に慣れや愛着があっても、二つ返事で「はい。ありがとうございます」といいましょう。20年後に後悔しないように。



■同じテーマの記事

提案の拒否

部下や後輩から「こんな風にしたらどうでしょう?」と提案が上がってくる場合がありますよね。で、聞く限り「全然ダメだわ、こりゃ〜」みたいな提案も少なからずあります。まぁ、視野が狭いので、しかたがないのですが、あたまから、「だめ。不採用」といってしまうと、部下や後輩のモチベーションを削いでしまう場合があるので、結構気を使います。そんな時の、便利な返し方を条件付き承認一定の条件がクリアできたら採用する、という承認の仕方を「条件付き承認」と呼んでます。つまり..

1年後を想像する

毎日、サラリーマンをしていると、いろいろな問題に悩まされます。これが積み重なると、ストレスでダウンしてしまうなんてことに。これはどのくらいの問題だろうか私は過去、ストレスと過重労働でダウンしたことがあることは、過去記事でも何度かふれましたが、一番大きかったのは、「すぐに解決できそうもない問題」が心理的に大きかったと思ってます。そこで、おやすみしている間にいろんな本を漁って勉強をしたのですが(もちろん、ある程度体調が..

予定ない予定

サラリーマンをしていると、私事としていろいろやりたかったことややりたいことなどが溜まっているので、週末に「あれをやろう」「これをやろう」と考えがちです。特に連休などがあると、「3日あるのだから、××ととと…」などとつい考えてしまいます。ところが、休み中というのは、家族の都合や、「まぁ、明日もあるし…」などと案外いろいろあって、やろうと思っていたことができないことも少なくありません。そうすると、明日から仕事という日の夜になって、「××をやるはずだったのに…」とち..

マイノートの作成

今までの記事でノートの作り方について、ときどきさらっと書いてましたが、まとめて書いておこうと思います。百均ノートを使う使うのは百均ノートの3冊105円(消費税込み)。いろんなノートを使ってみましたが、これが一番使いやすかったです。・安い・付箋など厚みのあるものを追加できる・それほど長い期間使わないので耐久性に問題なし・めくりやすいこんなメリットがあります。さらにこれを加工することで・1秒で書き込みページにアクセスできる・1秒でスケジュールペー..

面接質問:STARで聞く

本日は、私が中途採用や昇進面接などで使うアンチョコを公開します。過去の記事で、質問とその答えをセットにして少しづつ触れてきたのですが、本日は質問だけに絞って、ご紹介します。もし面接を控えている人は、この質問に対してどのように答えるのかを考えてみてください。私の考える「良い答え」と言うのは、過去の記事でも触れましたし、今後もちょっとづつ触れていこうと思います。本日はその総集編(終わってませんが…)ということで。STARフレームワークこの名称は人事担当者から..

予定をまとめる

来週の都合のいいときに…「それでは、来週の都合のいい時に打ち合わせしましょう。いつがいいですか?」なんて会話、したことありますよね。こういった時に、「いつでもいいですよ。スケジュールの開いているところなら、どこでもいいですので、アポを入れておいてください。」とか「いつでもいいです。そちらのご都合に合わせます」なんて答えてませんか?あなた、損してますよ主導権を握るせっかく相手があなたに主導権をくれそうになった時に、それを手放してしまうなんても..




posted by 管理人 at 05:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。