学習する組織:マネジメントの一般的体系




巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。

本日の巨人 : ピーター・M・センゲ
本日のお言葉: マネジメントの一般的体系は8つに集約できる
お言葉の出典: 『学習する組織

本日は、お言葉単体では訳の分からない言葉になってしまいましたが、私個人が非常に重要だと思っているので、ちょっと無理やりですが、ご紹介します。

★P24〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

教師が目標を設定し、生徒はその目標に応える。教師は答えをもっており、生徒はその答えを得ようと努力する。生徒は自分がうまくできたかどうかを、教師の評点・評価によって理解する。

どんな子どもも 10 歳になるまでには、学校で人より先んじ、教師を喜ばせるにはどうすればよいかを知るようになる。

そしてこの教訓を、「上司を喜ばせるばかりで、顧客に役立つシステム改善には失敗する」職業人生の終わりまでずっと持ち続けるのだ。

デミング博士の言うこのマネジメントの一般的体系を作り出しているのは何だろうか。

1993 年にデミング博士が亡くなった後、私は長年このことを考え、仲間と話し合ってきた。そして、最終的に次の八つの基本的な要素に行き着いた。

●評価によるマネジメント
 ・短期的な指標に焦点を絞る
 ・目に見えないものを低く評価する(「大事なことのうち測ることができるのはたった三%である」―W.E.デミング)

●追従を基盤にした文化
 ・上司を喜ばせることで出世する
 ・恐怖によるマネジメント

●結果の管理
 ・経営陣が目標を設定する
 ・社貝はその目標を達成する責任を負わされる(現行システムのプロセスで達成可能かどうかにかかわらず)
 ・
●「正しい答え」対「誤った答え」
 ・専門的な問題解決が重視される
 ・意見の分かれる(システム的な)問題は軽視される

●画一性
 ・相違は解消すべき問題である
 ・対立は表面的な調和のために抑制される

●予測とコントロールが可能であること
 ・マネジメントとはコントロールすることである
 ・「マネジメントの三種の神器」は計画、組織化、コントロールである

●過剰な競争と不信
 ・人々の間の競争は望ましい業績を達成するうえで不可欠である
 ・人々の間に競争がなければイノべーションも生まれない(「私たちは競争によって裏切られてきた」―W.E.デミング)

●全体性の喪失
 ・断片化
 ・局所的なイノべーションが広がらない

今日、「品質管理革命」といえば、大半の経営者にとってはおそらく、1990 年代初期に流行した組織学習のように、今日の諸課題の最前線から遠く離れた過去の話だろう。

しかし、それは、私たちがデミング博士の唱えた変革を達成したからだろうか、それとも、放棄したからだろうか?

書き出したリストを見るにつけ、これらの弊害が今でもほとんどの組織を悩ませており、これほど深く植えつけられた信念と行動を変えるには何年どころか何世代もかかるだろうと感じずにはいられない。

実際、私たちの多くが最もはっきりと抱く疑問は、おそらくこうだろう。

 「このマネジメントの体系が大きく変わることなど果たしてあるのだろうか?」

未来についてのこのような根本的な問いに答えるには、今をじっくりと見つめねばならない。

ピーター・M・センゲ(著) 『学習する組織
―――――――――――――――――――――★


これらの課題に対して、「学習する組織」という概念が提示されるのが本書なのですが、それについては追々ご紹介します。

最近、人事系コンサルタントが持ち出してきている「組織開発」という概念も、過去にピーター・M・センゲが述べたことと同じことを焼き直したに過ぎないかのようにも思えますが、まあさまざまなやり方で、「学習する組織」が会社に浸透していくのはうれしいですね。

もちろん、サラリーマンである自分たちもそれをうまく利用して、自分のやりたいこと・ほしいものを手に入れていきたいとは思います。
その方法についても、実際にやっていること、やろうとしていることなどありますので、またご紹介します。

本日は問題提起だけ。




■参考図書 『学習する組織

「学習する組織」とは、組織の進化をシステム思考をベースに5つの原則(Five Deciprines)にまとめたもの。組織的学習と組織のあり方の集大成といえる一冊。自分の部下を持ったらまず最初に読むべき本の一冊。




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

学習する組織
著者 :ピーター・M・センゲ
楽天では見つかりませんでした
学習する組織
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 学習する組織:マネジメントを学ぶよりも「話す」ことが効果がある
 学習する組織:「学習する組織」に最終目的地や最終的な状態はない
 学習する組織:マネジメントの一般的体系
 目標は自分だけが管理できる
 勉強好きはどのように昇進・昇格に影響する
 ドラッカー365の金言:組織の精神はトップから生まれる
 魚の目―フローを見る力5:3つの力を活用する
 魚の目―フローを見る力4:貯めと開放、3つの力を活用する
 魚の目―フローを見る力3:慣性の視点
 魚の目―フローを見る力2:作用と反作用の視点
 傍観者の立場で物事を見る
 ものの見方の10パターン09:因果関係・システム思考
 ものの見方の10パターン08:構造
 ものの見方の10パターン05:本質
 ものの見方の10パターン03:主観と客観(主体と客体)
 ものの見方の10パターン02:カテゴリ分けをする
 ものの見方の10パターン01:ものの見方の10パターン
 時間の浪費をやめる
 継続的学習の重要性
 多数の雇用形態の仲間を持つときに注意するべきこと
 サラリーマンにとっての継続学習は、教えることと知ってもらうこと
 目標は部門目標に合わせる
 関係者を巻き込む
 到達基準点を最高にする
 部門目標と個人目標
 複数の選択肢を得る
 ビジネス書名著目録(必須図書)

●このテーマの関連図書


U理論――過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術

なぜ人と組織は変われないのか――ハーバード流自己変革の理論と実践

最強組織の法則―新時代のチームワークとは何か

チームが機能するとはどういうことか――「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ

学習する組織現場に変化のタネをまく(光文社新書)

世界はシステムで動く――いま起きていることの本質をつかむ考え方





■関連する記事

学習する組織:マネジメントを学ぶよりも「話す」ことが効果がある

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:ピーター・M・センゲ本日のお言葉:マネジメントを学ぶよりも「話す」ことが効果があるお言葉の出典:『学習する組織』会社がより多く儲かるためには、マネジメント体系をしっかり作り上げることが必要です。それによって、社員一人ひとりの力を特定の方向に集約し、ひとりでは出せない大きな成果を出せるようになります。一言で「マネジメント」と言っても非常に膨大な事柄や、そのひとつひとつの構..

学習する組織:「学習する組織」に最終目的地や最終的な状態はない

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:ピーター・M・センゲ本日のお言葉:「学習する組織」に最終目的地や最終的な状態はないお言葉の出典:『学習する組織』「学習する組織」とは何か?に先立って、本書『学習する組織』で著者ピーター・M・センゲが強調しているのが、この言葉です。学習する組織を築くうえで、最終目的地や最終的な状態はない。終生旅が続くのみである。「この取り組..

学習する組織:マネジメントの一般的体系

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:ピーター・M・センゲ本日のお言葉:マネジメントの一般的体系は8つに集約できるお言葉の出典:『学習する組織』本日は、お言葉単体では訳の分からない言葉になってしまいましたが、私個人が非常に重要だと思っているので、ちょっと無理やりですが、ご紹介します。教師が目標を設定し、生徒はその目標に応える。教師は答えをもっており、生徒はその..

目標は自分だけが管理できる

目標管理目標管理を採用している組織は多い。しかし、真の自己管理を伴う目標管理を実現しているところは少ない。自己目標管理は、ス口ーガン、手法、針に終わってはならない。原則としなければならない。P.F.ドラッガー著『マネジメント』ドラッガーは各種の著作で、以下のように述べています。知的労働者は第三者が管理・監督するこ..

勉強好きはどのように昇進・昇格に影響する

社員の評価をするときに、「いろいろなことを勉強している人」と言うのはどのように評価されるでしょうか。『社長は君のどこを見て評価を決めているのか?』という本に、「経営者は勉強好きの社員をこう見ている」という一文がありました。経営者は勉強好きの社員をこう見ている経営者は勉強好きの社員を「積極的でいい」と評価します。ただし、仕事の成果に直接関係のない勉強に励んでいる社員を評価しない経..

ドラッカー365の金言:組織の精神はトップから生まれる

本日の巨人:P.F.ドラッカー本日のお言葉:組織の精神はトップから生まれるお言葉の出典:『ドラッカー365の金言』ドラッカーの『マネジメント』から、「リーダーの真摯さ」のお言葉。この文章は、『ドラッカー365の金言』から引用しました。組織の精神はトップから生まれる。真摯さを絶対視して、はじめてマネジメントの真剣さが示される。それはまず人事に表れる。リーダーシップが発揮..

魚の目―フローを見る力5:3つの力を活用する

前回の記事で、「魚の眼フローの視点」を身につけるための「3つの力」について、簡単に説明してきました。・作用と反作用・慣性・貯めと開放この3つが掛け合わさって、殆どの出来事が起きてます。今回は最後に、その3つの力をどう仕事に生かしていくかについて、ご紹介します。3つの流れを利用する単に「魚の眼」をもっても、魚が川の流れを逆に出来ないように、自分のどうにもならないことがわかっ..

魚の目―フローを見る力4:貯めと開放、3つの力を活用する

前回の記事で、「魚の眼フローの視点」を身につけるためには、「3つの作用を見るといい」と書きました。・作用と反作用・慣性・貯めと開放この3つが掛け合わさって、殆どの出来事が起きてます。前回まででは「作用と反作用」「慣性」について説明しましたので、今回は最後、「貯めと開放」についてお送りします。貯めと開放これは、火山の爆発と同じ。徐々に圧力が高まってきていて、ある時臨界点を超えると、大爆発をおこして、誰の目にも明らかになる..

魚の目―フローを見る力3:慣性の視点

前回の記事で、「魚の眼フローの視点」を身につけるためには、「3つの作用を見るといい」と書きました。・作用と反作用・慣性・貯めと開放この3つが掛け合わさって、殆どの出来事が起きてます。前回は「作用と反作用」について説明しましたので、今回は「慣性」の視点について。慣性「慣性の法則」といえば物理学の世界ですが、人間組織にも、あるいは個人にでも慣性はあります。毎日同じ電車..

魚の目―フローを見る力2:作用と反作用の視点

前回の記事で、「魚の眼フローの視点」を身につけるためには、「3つの作用を見るといい」と書きました。・作用と反作用・慣性・貯めと開放この3つが掛け合わさって、殆どの出来事が起きてます。それぞれについて説明していきます。作用と反作用中学だか高校だかで習う、物理の法則をそのまま借用しました。これは、なにかをしよう(変えよう)とする力と、現状維持をしようとするちからの関係ですね。たとえば、明治維新前夜、国のあり方を変えようとす..

傍観者の立場で物事を見る

傍観者というと、あまりいい意味に使われません。しかし、ドラッカーは、その立場も必要であると述べています。傍観者には役者と観客には見えないもの見える。傍観者自身には取り立てていうほどの歴史はない。舞台の上にはいるが、演じているわけではない。観客でもない。少なくとも観客は芝居の命運を左右する。傍観者は何も変えないらしかし、役者や観客とは拳っものを見る。違う見方で見る。彼は..



■同じテーマの記事

努力と成果は比例しない。その1

たとえば、昨日一番頑張ったことは何でしょうか?それに見合う結果が出ましたか?普通、サラリーマンをしていると、短期的に成果が出るものは多くありません。また、営業職でもない限り、具体的な成果として数値が上がるものでもありません。なので、時々話をしていて「あ、この人、成果について考えてないな」と感じる時があります。そういう人は多くの場合、「真面目ないい人」なんですよ。どういう時に気がつくかというと、「『なんでもすごく一生懸命』やる」という行動をしている場合です。すごく一生懸..



posted by 管理人 at 10:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巨人たちの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。