唯一絶対の方法はないという唯一絶対のルール





私は歴史モノ、とくに戦争ものの本が好きでよく読みます。

戦争自体は好きではありませんが、そこに展開される将兵や指導者の思考のプロセス、その結果としての戦略や戦術の展開を見ていくのが好きです。




■最強の戦闘方法は変遷する


かつて、カルタゴの強さを支えた方法のひとつに「戦象」という方法があります。象を戦闘に参加させることで圧倒的な大きさと力で相手を混乱に陥れて勝利するという方法です。

しかしこれはローマによって撃破され、やがてカルタゴは滅亡。ローマの密集戦闘が最強になりましたが、それも騎馬の機動力により最強が移り変わりました。

日本でも戦国最強を誇った武田軍団が鉄砲という武器によって崩壊し、巨城を構えても大砲という武器によって大阪城は陥落しました。
戦闘の専門家、武士は明治維新で農民兵に駆逐されました。

大艦巨砲による戦術展開は、航空機で無効にされました。

もちろん、戦闘方法だけが唯一の理由ではありませんし、時代や環境にも依存はしていますので、これほど単純化しても意味が無いかもしれませんが。

しかし、ある時まで絶対無敵と考えられていた方法が、やがて別の方法によって上書きされていくということは、現在最適という方法を知っていても、やがてはそれ自体が成果をうまなくなり、新しいやり方に変えていかなければならないということを考えさせてくれます。

「永遠に通用するやり方はない」ということですね。

同じように、ビジネスの世界でもキーワードは変わり続けてます。




■仕事術を上書きする


このブログを始めたころにやっていた仕事術もいろいろ変わってまして、古いやり方はやらなくなっているものも少なくありません。

たとえばメモの方法などは、ペンとメモ帳によるものから、スマホなどに変わってますし、最近はちょくちょくメモを書くのではなく録音するようなこともしています。ノートも OneNote や EverNote みたいに電子データ+クラウドになりました。

情報の分析も、Excel から Tableau というツールに変わりつつあります。

もちろん、過去のものが全て否定されるわけではなく、それを土台としてより効率のいい方法が提案され、それをつかうことでより大きな成果が出せるようになってきている、という感じですが。

 「これをやればうまくいく

という方法は、ある一瞬では存在しますが、それは普遍ではなく一瞬のこと。

仕事のやり方だけでなく、仕事そのものも、数年前とまったく様変わりしたという人も多いのではないでしょうか。
そういう時に、過去にやっていた成功体験が邪魔をしたりしてませんか?

過去には正解であったものが、現在では全く通用しないことも多いと認識して、新しいやり方を模索し続けるということが必要なのかもしれませんね。

新しい仕事のやり方を仕入れ続ける、というのはこの辺鄙なブログにたどりついた方には、釈迦に説法かもしれませんが。




■同じテーマの記事

寝るときに部屋は明るすぎず、暗すぎず

私の経験的には、仕事が忙しくなって睡眠時間が取れなくなって、寝るギリギリまでメールをチェックしている時期がありました。当然そういう仕事の仕方は長続きしないわけで、ウツというイベントに落ち込んで、やめざるを得なくなりました。もしあの時期、睡眠時間だけはしっかり取れていたら、どんなに仕事が忙しくても、ストレスフルな状態でも、相応に対応できていたのではないかと思うくらい、仕事に最も悪影響を与えるのは、睡眠なのではないかと考えてます。..

一人セミナー

良書を探す「これはいい」と思った本をお持ちでしょうか?私は年間200冊〜250冊くらいの本を読むので、1年間に大体3〜4冊は、「これはかなりいい」と思える本に出会います。過去に「最高!」と思った本は7つの習慣会議が絶対うまく行く法ザ・マインドマップあなたを天才にするスマートノートなどなど。もちろん、私にピンときた本出会って、万人に受けるものではないと思いますが。ただ、所詮1年間で数千冊の新刊が出る中で、どんなに頑張っても、まぁ普通の人なら100冊くらいが見解..

7つの仕事力_後編

長文なので、2回に分けてお送りします。今日はその後編。現場力とは、自分の職場や職務における活動を通じて、成果を引き出す能力のことです。これのためには、大別して7つの力が必要です。1.見える力2.探る力3.試す力4.動かす力5.学ぶ力6.伸ばす力7.出る力学ぶ力学ぶ力には2つあります。・他人の経験から学ぶ・自分の経験から学ぶの2つです。恐らく、部門や自身の問題点は人類1万年の歴史の中では、誰かが経験しています。そしてそれを乗り越えています..

糸井重里氏、他4人の手帳術「賢人の手帳術」

他人の手帳って、いろいろな意味で興味があります。とくに興味があるのが、何を書いているのかと、それを書いてどのように使っているのか、ということ。もちろん、本ブログは仕事術がテーマなので、他人のプライベートをどうこうするつもりはありません(笑)。ですので、「××の手帳術を公開」みたいな本があると、けっこう引っかかります。本日のご紹介は、特定の著者の手帳術ではなく、5人の「賢人」の手帳術の本。5人の賢人本書で紹介されてい..

パスワードを作成・管理する方法3:パスワードの管理

最近は個人情報の流出問題がかしましいですね。PCであれ、Webサービスであれ、携帯電話であれ、どれもこれもパスワード、パスワード、パスワード。それぞれ毎に違うパスワードをつけていれば、安全安心と言われますが、そんな10個も20個も憶えられるはずがありません。特に私の会社では、10文字以上で大文字小文字と数字を含むものにした上で3ヶ月毎に変更しなさい、過去に使ったものと似ているものはダメ。とか言われて、自動チェックが入って、この規格に合わないとパスワード変更を受け付けて..

相手に自分自身を説得してもらう

割と中立に近い立場の人に、自分の意見に賛成してもらうためには何をするといいでしょうか?個人的な印象で見ると、こうした多数派工作っぽいことを失敗する人が多いです。それは、自分が賛同していほしい意見を言うから、「それ、自分で行っちゃダメだろう…」と思って生暖かく見ていたりします。人間は他人の意見で意見を変えない経験的に見ると、多くの人は他人の意見で自分の意見を変えることは多くありません。その人が論理性をとても重要視して..






posted by 管理人 at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思考技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。