まとまらない考えをまとめる方法





 「いろいろ考えてはいるんだけどまとまらない」
 「上司に提案したけど "わからない" と言われた」

問題を解決する方法は幾つもあります(パターンは大して多くはありません)が、解決するためには、一旦問題や課題を整理整頓しないといけません。

「考えがまとまらない」状態というのは、この問題や課題が整理整頓できていない状態です。




■渦中にあると本質が見えない


若手で実務能力があるのに、なかなかプロジェクトを進めることができない人は、往々にしてこういう整理がうまく行っていないことが多いです。

まあ、おそらく誰でもそうなのですが、渦中にあると、渦の力点が見えないんです。

そういう時には、第三者の客観的な所見が奏効するのですが、「アイディアを整理する」「考えをまとめる」みたいな作業は、その人の頭のなかが見えない以上、第三者はあてにはできません。

結局、浮き上がった問題や情報に振り回されて、ドタバタしてるけど何も進んでない、状態になってしまいます。




■自分を第三者にする


これを解決するには、たったひとつしか方法はありません。

 自分を第三者にする

ことです。

必死に発生する問題を逐次解決することをやめて、一旦現場を離れると冷静になれます。

私が、「いかん!混乱してきたと感じたらまずやるのは、一人静かになれるところに避難することです。ノートとボールペンだけを持って。

そして、処理しなければいけない問題やそれに関する情報、頭のなかに浮かぶ事柄をとにかくノートに書きます。考察や検討をしてはいけません。あるもの・思いつくことを全部出す。

またアニメネタで恐縮ですが、ワンピースのアラバスタ編で、ビビ王女が反乱を止めに行こうといった時にルフィが、「ゴザに行っても国は救われない」と言って喧嘩になるシーンがありましたよね。

 反乱はクロコダイルが画策したもので、あちこちで起きる反乱をひとつづつ止めていても、結局国は救われない、クロコダイル本人を倒さないかぎり。

そんな話だったと思います。

サンジが「こいつは考えなしに、たまに核心をつくよな」と言ったアレです(読んでない人)。

まあ、こういういきなり核心に行ける人はそれでいいのですが、凡人はじっくり考えないと行き着きません。

考えるためには、ひとつづつの事象や課題・問題を個別の現象として捉えるのではなく、全体の構成要素を分解して組み立てなおすという作業が必要なわけです。

論理的に作業をすすめるために、冷静に第三者として客観視しないとできません。

なので、一度まわりの騒音をシャットアウトする環境(静かな場所)と頭の外に出して眺めるためのツール(ノートとボールペン)が必要なわけです。

■頭のなかで回遊させてはいけない


頭のなかというのは、ちょっと前に考えたことも、すぐに忘れてもう一度考えます。インパクトの強いものほど何度も浮かび上がりますので、なんどもそちらに思考を奪われてしまいます。

頭のなかで物事を回遊させると、考えは整理できません

「いろいろなことがあって難しくて…」という人に、「じゃぁその色々を書き出してください」というと、たいていはいいとこ5つくらいしかありません。
何度も繰り返し浮かぶから100とか200とかに感じるのですがね。



■同じテーマの記事

洞察力が問題を解決する4

久しぶりにビジネス書の紹介。「洞察力」「観察力」みたいなものは、スキルとしてあるプロセスで学習すれば身につくというものではありませんね。しかし、それを身につけるまでのプロセスにはいくつかのパターンがあるようです。本日は、洞察力とはどのように発揮されるのか、それを組織としてどのように育てていくのかについて考察した一冊です。長文なので、分割しておお送りしています。本日は最終回。要約のパート3です。Pert3目には見え..

プレゼン資料作成技術:四角のカドを使い分ける

プレゼンでパワーポイントを使って作る際のちょっとしたコツをご紹介します。ただし、これは私が勝手に決めているルールなので、一般にこの書き方が本当に妥当なのかどうかは知りません(無責任ですみませんが…)。もし、「これは間違っている」という情報をお持ちの方、ご指摘くだされば嬉しいです。プレゼンで図を書く際にいくつかコツがあるのですが、本日はそのうちのひとつ、四角の使い分けについて。四角形の使い分けご存知のように、パワーポイントで使える四角形の囲み(図形)は2種..

相手に自分自身を説得してもらう

割と中立に近い立場の人に、自分の意見に賛成してもらうためには何をするといいでしょうか?個人的な印象で見ると、こうした多数派工作っぽいことを失敗する人が多いです。それは、自分が賛同していほしい意見を言うから、「それ、自分で行っちゃダメだろう…」と思って生暖かく見ていたりします。人間は他人の意見で意見を変えない経験的に見ると、多くの人は他人の意見で自分の意見を変えることは多くありません。その人が論理性をとても重要視して..

先読み読書で速読もついでにする

本をたくさん読む人は、本を読むのも早いですね。もちろん、「慣れ」というか、練習量の多寡が影響している部分もありますが、素早く本を読み、素早く意味を汲み取るという技術はいつくかの方法論があるようです。いわゆる「速読術」です。読書の目的から外れない読書するのは、早く読むことが読むことの目的ではないので、早く読むことに力点を置くより、「ちゃんと理解する」ところに力点を置きたいと考えています。なので、読書はゆっくりすればい..

相手を驚かせる褒め言葉を使う

「ありがとう」感謝を伝える言葉というのは、コミュニケーションを円滑にするだけでなく、相手に「この人の頼みなら聴いてやろう」みたいな相手を積極的にこちら側に取り込む力があります。ただし、いつも「ありがとう」と言っていると、だんだん効果は薄くなります。これも心理現象のひとつとして説明はできるのですが(限界効用逓減で調べてみてください)、そういう事が起こりにくい、ちょっとした方法をご紹介します些細なことに注目する単純に言..

論理的に話す技術

本日は久しぶりに、管理人が良書だと思った本の要約。これ、書くのが結構時間がかかって手間なんだよね…『出口汪の論理的に話す技術』本書は、相手に納得してもらえる話の仕方を書いた本。よくある論理技術の話ではなく、「どのようにしたら自分の話を聴いてもらえるのか」という点にフォーカスしています。もちろん、一番の方法は「論理的であること」なのですが、それだけが重要ではありません。相手が何を聞きたいと思っているのかに沿って自分の..




posted by 管理人 at 05:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。