お付き合いを遠慮したい人の10パターン





ちょっと古いですが、Forbes Online でこんな記事が載ってました。

 10 Toxic People You Should Avoid At All Costs




簡単に日本語訳すると、

★――――――――――――――――――――――――――
●全力で遠ざけるべき有害人物10選

1.噂好きな人
2.感情をコントロールできない人
3.自身の不運を誇大妄想する人
4.自分にしか興味がない人
5.嫉妬深い人
6.他人を操作しようとする人
7.他人の元気・やる気を吸い取る人
8.他人の失敗をよろこぶ人
9.何にでも審判を下したがる人
10.傲慢な人
――――――――――――――――――――――――――★


です。

まあ、確かにあまりお付き合いしたくない人かも。




■こういう人たちからあなた自身を守る方法


Forbesでは、「感情的な距離を取りなさい」のように書かれています。

つまりは、その人達に感情をゆさぶられないように、機械的に付き合う程度にしておくようにと書かれています。

もちろん、相手が他の部署だったりすれば可能なのですが、上司や先輩だったら、おそらくこの方法はうまく行きません。

「相手を客観的に見る」と言われても、四六時中一緒にいないといけないとなればそうは行かないです。

そういう時は、やっぱり悲鳴を上げる(上司の上司にギブアップを告げる)、逃げ出す(会社や部署を移動する)のが精神的にはいいでしょう。

もし、付き合いを浅くできるのであれば、相手がどのような行動を取ってくるかを、上記のパターンから予測してみましょう。予測があっているかどうかを検証したり、事前に予防線を張っておくなどができるようになります。
こういう人たちって、割合予測可能な行動を取ることが多いので。




■関連する記事

お付き合いを遠慮したい人の10パターン

ちょっと古いですが、Forbes Online でこんな記事が載ってました。10 Toxic People You Should Avoid At All Costs簡単に日本語訳すると、全力で遠ざけるべき有害人物10選1.噂好きな人2.感情をコントロールできない人3.自身の不運を誇大妄想する人4.自分にしか興味がない人5.嫉妬深い人6.他人を操作しようとする人7.他人の元気・やる気を吸い取る人8...

人を動かす:罰則は「前向きさ」を失わせる

いままでスティーブン・R・コヴィーの『7つの習慣』やドラッカーのいろいろな著書(主に『マネジメント』)について、「巨人たちの言葉」シリーズを書いてきましたが、今回からこれに加えて、ディール・カーネギーの『人を動かす』でも書いていきたいと思います。今回は、『人を動かす』から「第一章:盗人にも五分の理を認める」から。悪人には悪人の「理」があるクローレーが逮捕された..

関係者を巻き込む

意思決定の実行を効果的なものにするには、決定を実行するうえで何らかの行動を起こすべき者、逆にいえば決定の実行を妨げうる者全員を、決定前の議論の中に責任をもたせて参画させておかなければならない。P.F.ドラッガー「マネジメント」意思決定する際には、ステークホルダーを常に意識しなければなりません。そしてステークホルダーが積極..

部門目標と個人目標

考える力は、他人が出した結論を見るだけでは絶対に付きません。自分の頭で考え、それを整理し、行動してそれをさらに最初の考えにフィードバックするというループによってのみ強化されます。本カテゴリでは、さまざまなテーマを設問としてご紹介していきます。そのテーマについて、ノートに自分の考えを書き出して、それから導き出される結論に基づくアクションを決定して行動してみてください。その結果自分の考えがどのように変わったのか、一度このノートをを見..




posted by 管理人 at 06:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。