残業する人しない人、上司の評価が高いのは?





おそらくどの会社でも「残業時間を減らしましょう」活動はあるのではないかと思います。
そして、こんなブログを気にされているということは、多分あなた自身も、仕事を効率化して残業時間を減らしたり、もっと成果が上がるようにしたいと考えているでしょう。

じゃあ、上司から見て、残業する人としない人はどちらが評価が高くするのかというと…、一概には言えません

製造業の作業員などは

 仕事の成果 = 労働時間 × n(定数)

みたいに割と単純な比例関係があります。

一方で、いわゆる知識労働者と言われる人は、仕事の成果は労働時間に単純には比例しません



また、仕事の成果自体が測定しにくいです。

■上司の評価


あなたの仕事の成果を評価する上司はどうやって考えるかというと、一般的には

 ・期初に目標を決めて、それに達したかどうか
 ・仕事ぶりが自分の感覚にあっているか

という評価をします。前者「目標を決めて到達したかどうか」はある程度目標を数値化しようとするので、評価もある程度は客観的になりますが、後者「自分の感覚」は上司の主観です。

主観なので、あなたがどれほど頑張ろうと、上司が「アイツは頑張り・努力が足らん」と思えばそれで評価は下がります。




■残業時間の及ぼす影響


頑張っていることを示す方法として、一番わかりやすいのが

 残業時間

です。それだけ自分の私的時間を犠牲にして会社(直接的には上司)のために仕事をしているのですから、上司としては憎かろうはずもない。

残業時間を減らしなさい。でも成果は減らさないで!」と言われたら、仕事を効率化して、本当に残業ゼロを実現してしまっても、仕事の成果が変わらなければ、上司の評価が上がるとは限りません。たとえ、それを実現するために血の滲むような努力をした結果だとしても、それは上司から見えなければ、「なんだ、いままでちんたらやっていただけなのか」と思われるケースもありうると。

自分に置き換えてみると感覚はわかるかもしれません。
あなたの後輩があなたより早く帰ってばかりいるとして、「言われたことは、ちゃんと完了させてます」などと言われたら、素直に「お前はできるやつだなあ」と思えるか、ですね。

上司もあなたと同じような感覚を持っていると思ったほうが、上司を超人やロボットかのように考えるよりはいいでしょう。

もちろん、上司はあなたとは違う人間ですし、これは上司の考え方(感じ方)次第です。
したがって、上司が残業時間に対してどのような評価をしているのかを注意深く観察すると、より良い評価をもらえる可能性があります。

傾向として、夜遅くまで会社に残っている上司は、「長時間頑張ること」に対して、抵抗感は無いのでしょう。そうやって今の地位を築いて来たのでしょうし。自分がうまく行ったやり方というのは、同じやり方を部下にもさせたくなるものです(いわゆる、成功体験ってやつですね)。

それでも、会社からの命令として「残業を減らせ」は言われてますので、部下には積極的に「オレより先に帰るな」とは言えません。
しかし、やっぱり価値観として、「会社や仕事を優先しろ」があったりするので、毎日定時出社・定時退社の部下は、「アイツはもうちょっとやる気を出すと…」とか思ったりしてるかもしれません。

■残業時間の目標


あなたの会社にもし、残業制限(「1ヶ月の残業時間は××時間以内」)があるようなら、余裕を持ってその時間を守るより、ちょっとだけオーバーくらいが上司の評価が良くなるかもです。

パフォーマンスをして見せるなら、後半くらいまではちょっと多めにオーバーさせておいて、月末ギリギリになって、「すみません。残業時間がオーバーしてますので、今日は早めに帰ります」と上司に報告すると、前半の頑張っているイメージ、後半の指示を守ろうという態度という2つが満足させられるかもしれません。

もちろん、月末の駆け込み仕事を遅らせてはいけませんが。



■同じテーマの記事

待ち時間で整理整頓清掃清潔

ちょっとしたスキマ時間に、すぐに始められて短時間で終わる作業を持っておくといい、とはよく言われます。じゃあ、「今から3分あります」と突然言われて、3分で終わることができる仕事ってどのくらいありますか?私はよくメール処理をするのですが、たまたま読んだメールが考えないといけないようなものだったりすると、3分が10分でも終わらないことがあります。3分と最初は思ったけど、実際に空き時間は2分になったり10分になったり変動するものです。..

腰を使え

あなたの同僚で、便利屋さんっていますか?こんな人です。・「ちょっと悪いけどこれ手伝ってよ」「はい、いいよ」・「急ぎなんだけどお願いできるかな」「了解」・「ちょっと調べておいてほしんだけど」「分かりました!」・「××ってど言うことか知ってる?」「それはですることですよ」もう何でも引き受けちゃう。それも即答OK。もしあなたがこんな状態になっていたら相当危険です。自分を安売りするもちろん仕事は人間関係でまわるので、人間関係を良好に保つことは必要..

やることリストとやらないことリスト

いろいろな作業を経て完成する仕事(GTDではプロジェクトと読んでますね)があった時に、よく「作りなさい」問われるのが、計画化と「やることリスト」です。これはベースになっているのは、「やることリスト」であって、それを時系列に並べたものが計画です。みなさんはやるべき作業をどのようにまとめていますか?上司の指示、クライアントとの打ち合わせでできた宿題、自分自身で..

個人業務計画書を作る

おそらく会社では、組織単位で年度初めに部門の活動計画書を出しているのを知っていると思います(零細企業ではやっているところは少ない、とも聞いていますが)。ほとんどの会社では、社長は大きな方向性は決めますが、その方向性に沿うために、それぞれの部門は今年度どのようなことをするのかを部長や管理職が決めて、それを計画書の形で役員に報告していると思います。その部門方針の一部がまた担当者の業務として与えられるわけです。ところが計画書が作られるのは、そういった組織やプロジ..

部下力のみがき方1:部下力のみがき方

結構久しぶりですが、ビジネス書をご紹介します。図書名称:上司を上手に使って仕事を効率化する『上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方』著者:新名史典いかにもサラリーマンに向けの本なので、読んだことがある方も見えるかも。私のブログでも時々引用させて頂いています。とくにポイントだと思うのは上司が仕事のボトルネックという点。仕事の効率を挙げるためには、上司をうまく巻き込んで行くことが重要。その点を「上司..

スケジュールにはショートカット

何かのタスクをスケジューラやタスクリストに登録するときにタスク名称だけ書いてませんか。実はこれ以外と効率が悪いです。タスクリストに資料を集めるタスクを作成する時には、そのタスクについてある程度がんが得ているので・あの資料と・このデータを・こう加工して・こんなイメージに仕上げようと思っていたりします。また、タスクの依頼がメールであれば、そのメールにタスクが必要になった背景などが書かれていますし、必要な情報がどこにあるのかが書かれてます。たとえば、..




posted by 管理人 at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。