説得力のある文章を書くための11のコツ




私がプレゼン資料やレポートを作成するときにいつもん参考にしている、「文章を書く上でのルール」というのをご紹介します。

これは、以下の本に書いてあったことを私が勝手にアレンジして使っているものです。

★――――――――――――――――――――――――――

●語→文→段落→文章の構造を作る
 単語が文を作り、文が段落を形成し、段落の塊が文章になる。それぞれの役割と主題を明確にすること
●文の構造を整える
 「しかし」「一方」などの接続詞は文章をあいまいにするだけ。
 ピラミッド構造、逆ピラミッド構造などの文章の構造を意識して選ぶこと
●1段落1主題。段落を構成の基本単位にする
●段落は主題文から始め、主題に即して終える
 文章を書いていると、つい、あれも、これもと書きたくなるが、主題を強化するための役に立たない部分は削るのが最善
●能動態・肯定文を使う
 受動態は文章をわかりにくくするだけ。
 どうしても受動態が必要な場合は、目的語が文の主題である場合だけ
 否定文は極力避ける。二重否定は厳禁
●限定的、特定的、具体的な言葉にする
 「あまりいい天気ではなかった」→「1週間ずっと雨だった」
●不必要な言葉を省き、簡潔に
 「〜という事実にかかわらず」 → 「しかし」
 その他、「場合」「特徴」「自然」「仕組み」などの言葉はもっと端的に言い換えられる場合がおおい
●同じ重要度の事柄には、同じ文形を使う
 同じことを言うのに、別の公文を使ってはいけない。
 対比が必要なところは、直感的に対比できるように。
●関係する言葉は近くに置く
 「○○さんは、この結論にもとづいて、△△に行った」
 「この結論にもとづいて、○○さんは△△に行った」
●要約・概説で時制を変えない
●強調したい語、詞は文の終わりに置く
 読み手の印象に残るのは文章の最後。

William Strunk Jr.(著) 『英語文章ルールブック
――――――――――――――――――――――――――★


他にも細かいルールや、語感を整えるためのルールもありますが、主なものはこのくらい。







■参考図書 『英語文章ルールブック

コ−ネル大学の教授であったストランク教授が教室で教えていた英語の文章を書くためのル−ルを本にまとめたもの。
一言で言えば、文章は簡潔・明快に書くこと。そのためには気をつけるポイントがいくつかある。

ここに書かれていることは他の文章術の著作のほぼすべてが網羅されており、これを読んでおけば他のものは「補足」としての意味しか持たなくなるほどの名著。

本書の表題は、「英語文章」となっているが、日本語であっても何語であっても押さえるべきポイントは同じ。
多くの文筆家が参考にしている本。




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

英語文章ルールブック
著者 :William Strunk Jr.
楽天では見つかりませんでしたDMMでは見つかりませんでした



●本書を引用した記事
 説得力のある文章を書くための11のコツ
 英語文章ルールブック

●このテーマの関連図書


TheElementsofStyle

OnWritingWell:TheClassicGuidetoWritingNonfiction

すばらしい論文を書くための秘訣:大学院生と若手研究者への助言

つきあい方の科学―バクテリアから国際関係まで(Minerva21世紀ライブラリー)

APA論文作成マニュアル第2版

できる研究者の論文生産術どうすれば「たくさん」書けるのか(KS科学一般書)





■関連する記事

自己プレゼンの文章術2

自己PR文をどのように書くかを解説した本をご紹介します。関連書籍は何冊か読んだのですが、本書が一番まとまっていて、具体例も身近なものが多かったので、本書をご紹介することにします。ただし、本書は「学生が企業にエントリーシートを提出する際に書く」という講義をまとめたものなので、場面が「未経験者」という物が多いですが、中途や昇進昇格に十分応用できる内容ですし、これが「基本形」なんだと理解しやすい構成になってます。自己プレゼン就職・転..

自己PR文で「思う」な

転職時に自己紹介文を書いたり、入社試験で小論文のある会社もあるみたいです。私は部下のレポートを読んでいて、本書にあるような点が時々気になることがあります。「思う」が多すぎる学生の作文によく出てくる語の一つは「思う」である。これを安易に使って、文章の底を浅くしてしまっている作文は少なくない。客観的事実や当然の帰結に「思う」をつける必要はないし、意見・考え・趣味が分かれ..

昇進・昇格申告書:受け身表現を使うな

面接官をしていて、「この人なんだか積極性がないなあ」と思うことがあります。最近その理由に1つ気が付きました。主体性・自発性を疑われる受け身表現われわれ日本人は、会話にも文章にも受動態(受け身)表現をよく使う。周囲に対して受け身の姿勢をとるのが好きなのかも知れない。気にする人は少ないが、自分のことを言う際の受動態表現は、発言や文章にネガティブな雰囲気をもたらす。:欧..

自己PRは個性を主張する

昇進・昇格のときに使う申告書に自己PRを書くところがありますよね。中途採用だと、「業務履歴とそれによって得られた強み・スキル」とか。あるいは新卒だとそういう筆記試験などもあります。時々こういう文章を読む事があるのですが、意外と「こいつは上手だな」と思う人は少数派ですね。学校でこういうトレーニングを受けてないんだろうか。自分が学生の頃はもちろんありませんでしたが…以前の記事でも業績申告書については昇進申告書はアウトラインが重要..

説得力のある文章を書くための11のコツ

私がプレゼン資料やレポートを作成するときにいつもん参考にしている、「文章を書く上でのルール」というのをご紹介します。これは、以下の本に書いてあったことを私が勝手にアレンジして使っているものです。語→文→段落→文章の構造を作る単語が文を作り、文が段落を形成し、段落の塊が文章になる。それぞれの役割と主題を明確にすること文の構造を整える「しかし」「一方」などの接続詞は文章を..

英語文章ルールブック

参考図書『英語文章ルールブック』書名:英語文章ルールブック著者:William Strunk Jr.出版社:荒竹出版コ−ネル大学の教授であったストランク教授が教室で教えていた英語の文章を書くためのル−ルを本にまとめたもの。一言で言えば、文章は簡潔・明快に書くこと。そのためには気をつけるポイントがいくつかある。ここに書かれていることは他の文章術の著作のほぼすべてが網羅されており、これを読んでおけば他のものは「補足」としての意味しか持たなく..



■同じテーマの記事

後出しの法則で信頼度を挙げる

自分の主張を強化する方法あることを主張しようとして、同じ意見を述べている著名人の発言を引用することがありますね。たとえば、仕事は、だれかの成果に寄与することが重要です。と述べた時に、かのドラッカーも「仕事は貢献に焦点を合わせるべきである」と述べています。というように。何しろ、凡人が言うよりも、やっぱり著名人や一流と認められる人の意見というのは影響力がありますから。凡人がいくら、「悟りとはこういうものです」といったところで、..

文章のコツ6:同じ言葉を使う

仕事で使える文章のちょっとしたコツをご紹介してます。どうも日本語というのは、母国語で話し慣れているので、あまり意識しなくてもそれなりの文章が話せたり、書けたりします。ところがちゃんと勉強してみると、以外に知らないことが少なくありません。前回は「和語」「漢語」の記事でも書きましたが、同じような意味で2つの単語を使うと混乱を招く場合があります。同じ単語を使う時々見かけますが、同じことを言い表すのに異なる単語を使ってしまう時がありま..

文章のコツ5:大和ことば(和語)と漢語を使い分ける

どうも日本語というのは、母国語で話し慣れているので、あまり意識しなくてもそれなりの文章が話せたり、書けたりします。ところがちゃんと勉強してみると、以外に知らないことが少なくありません。前回の「文体を揃える」という記事でちょっとだけご紹介しましたが、普段はあまり意識していない、「大和ことば(和語)」と「漢語」について。大和ことば(和語)と漢語を使い分ける異なる単語で、ほぼ同じ意味を持っている単語があります。これを大括りにすると和語/..

文章のコツ4:「である」調と「ですます」調

どうも日本語というのは、母国語で話し慣れているので、あまり意識しなくてもそれなりの文章が話せたり、書けたりします。ところがちゃんと勉強してみると、以外に知らないことが少なくありません。ちょっとだけわかりやすい文章を書くためのコツのひとつに、文体を揃えるという事があります。ネットで辞書を引いてみると、文体1 文章の様式。口語体・文語体・和文体・漢文体・書簡体・論文体など。..

文章のコツ3:接続詞の7つのパターン2

どうも日本語というのは、母国語で話し慣れているので、あまり意識しなくてもそれなりの文章が話せたり、書けたりします。ところがちゃんと勉強してみると、以外に知らないことが少なくありません。ちょっとだけわかりやすい文章を書くためのコツのひとつ、「接続詞」について考えてみたいと思います。当然ながら、文章というのは複数の文で成り立っており、少し細かく見ると、文と文がつながって出来上がっています。そこで文と文とをつなぐもの、それが「接続詞」です。この接続詞..



posted by 管理人 at 05:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。