答えは相手に言わせると前向きになってくれる




上司や先輩として、部下や後輩を指導するとき、一番腐心するのは、

 どうやったら相手が前向きに取り組んでくれるか

ということです。

過去記事で、自分は「やる気ゼロでもやれる仕組みを作る」と書いてましたが、やる気がマイナスではやっぱりやれません。

強制されたと感じさせずに、自分がやってほしいことを相手にやってもらうところが上司や先輩から仕事を指示するときの大切なコツのひとつ。「やる気」までいかなくても、少なくとも「前向きに取り組んで欲しい」と。




■自分で「やります」といったことには責任を感じる


単純に言ってしまえば、本人(部下や後輩)が

 「これはオレの責任だ」

と感じてくれれば、相応に前向きになってくれるのではないかと考えています。

人間は「強制された」と感じると、工夫をしなくなるものらしいです。逆を言えば、受け身形ではなく能動系で発言を促せば、「自分で”やる”と言った」と感じてくれます。

私がよくやるのは

 「で、宿題は何だったっけ?」

と聞くこと。とにかく相手に発言をさせなければ、”やる”という言葉は引き出せないので。

質問はオープンクエスチョンで。「はい」「いいえ」で答えられてしまっては相手に理解してもらったかどうかすら怪しいですしね。

 宿題は何だった?
 いつまでにやろうと思っている?
 どうやってやろうと思っている?

とにかく、相手になるべく長くしゃべらせる質問を繰り返します。
※ちょっとしつこいくらいがいいかも。




■選択肢を与える


管理職がしなければならない50のこと』という本に面白いことが書いてありました。

★P34〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●選択肢を与えると、ヤル気を出す。
部下にヤル気を出させるには、ひとつのことだけを命令するのではなくて、選択肢を与えることも大切です。

上司から命令されてやる時に比べれば、部下は自分で選んだということで、はるかにヤル気が出てくるのです。

たとえば A と B という 2 つの仕事のうち、どちらをやるかと聞かれた時に、「じゃ、僕は A をやりたいと思います」と言うような場面です。

これはソムリエに聞いた話ですが、お客さんがワインを選ぶ時に、最終的にはソムリエ自身が選ばせたいワインを選ばせるそうです。お客さんには、選ばされたという意識はまったくありません。

当然、自分が選んだと思っています。

ソムリエが勧めるワインをムリやり飲まされたと思ったら、お金を払っているのはお客さんですから、うれしいとは思いません。

でも、手品師と同じように、自分のカードをうまく引かせているのです。

手品にかけられるお客さんは、あくまで自分の意思で引いたつもりでいても、やはりそこには手品師の心理的なトリックがあって、引かされているわけです。

たとえば A という仕事を部下にさせたいと思っている。

この時、 A というカードを引かせるための選択肢を、いかに上手に並べるかが上司の仕事です。

さらに言えば、これからの時代は、部下が選ぶ選択肢は A でも B でもどちらでもよくなるのです。

部下にとっては、自分で選んだ仕事なら一番ヤル気が出ます

選択肢をどれだけたくさんつくって自由に選ばせることができるかが、上司の力量になってくるのです。

人間は、同じ仕事であったとしても、「これをやれ」と命令されるものよりは、自分で巡んだ仕事のほうがやりがいを感じるものです。

中谷彰宏(著) 『管理職がしなければならない50のこと
――――――――――――――――――――――――――――★


これは、結構高等テクニックが必要そうですね。
心理学というかトリックの知識も必要そうですし。

まあ、最初は、「とりあえず、いつまでに何をすればいいと思う?」と聞いてみることから初めてはいかがでしょう?




■参考図書 『管理職がしなければならない50のこと




管理職がしなければならない50のこと決断できないものに決断を
下すのが、管理職の仕事。マニュアルから外れたところからが、
管理職の仕事。厳しいことでも明るく叱る。
すべての業種で通用する管理職のノウハウを、50の項目で学ぶ。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

管理職がしなければならない50のこと
著者 :中谷彰宏

管理職がしなければならない50のこと
検索 :最安値検索
DMMでは見つかりませんでした



●本書を引用した記事
 セラピストを学ぶ
 「だいたい君はいつも」は禁句
 部下は育てるのではなく育つ
 予算管理のコツ1:予定外の予算が出せることが管理
 予算管理のコツ2:予定外の予算がの確保の仕方
 答えは相手に言わせると前向きになってくれる
 混沌を作り出す
 明るく叱る
 管理職がしなければならない50のこと

●このテーマの関連図書


一流のストレス――ストレスをパワーに変える65の具体例

なぜあの人はいつも若いのか。

チャンスをつかむ超会話術

一流の人が言わない50のこと

「イライラしてるな」と思ったとき読む本





■同じテーマの記事

討論・議論・対話

打ち合わせの種類よく打ち合わせをしていて、白熱してしまって、もともとどういう結論を出したかったのか忘れちゃうという失敗をして、日誌に「あ〜。今日やってしまった。議論を効果的に進められなかった」などと反省を書くのですが、またすぐ忘れて、論点の枝葉のところで白熱してしまう。ということで、今日はなるべく意識している打ち合わせの3種類について整理してみたいと思います。ただし、国語辞典などで引くと、これらには余り意味の差はないようです。つまり、以下は私が勝手に決めている定義な..

反対せずに異論を言う方法

会議の場で、A,Bの2案があるようなときに、自分だけがB案に賛成するような場合、真っ向からA案を否定すると、「お前は状況がわかってない」とか「空気を読めよ」とか言われて袋叩きにあう危険性があります。とくに、上司がその場にいて、上司の意見にも反対を唱えるような場面があれば、上司にはメンツがあるので、B案をクソミソにけなすというような状況になったりします。最後には、B案の賛成者自身に攻撃が及ぶ。反対意見は人格否定?こういう場面に目立つ人の嗜好的には・後先考..

判断と決断

大事なことは3秒で決める!ファミレスのメニューは3秒で決めろ!どういうわけで、「素早く決める=3秒」というのが普通の時間感覚のなのかよくわかりませんが、ビジネスにおいて、意思決定者は素早く意思決定することが大切だ、みたいな説があります。まぁ、「ファミレスのメニュー」と「大事なこと」が同列に扱うのもどうかと思いますが、まぁ、ほんのタイトルなので、そこは置いておいて…。判断と決断上記の本で筆者が推奨している「決める」と言うのは、決断することを言って..

コーチングの罠

「きみならどうしたいと思う?」「きみは、次にどうする?」最近良く聞くようになったセリフですね。管理職になったり、管理職直前の人に対して、人事教育の一環としてコーチング研修をする会社が増えましたし、ビジネス書などにもよく出てきます。でも、これを無条件に使おうとする上司がいたり、そういった説明をするコーチングの講師がいたりすると、ちょっとむっとします。数年前ですが、講師に噛み付いたことがありました。「自律的に考えて、こちらの思ったことができる部下なら、自分の経験で..

Excelで入力ミスを減らして効率化する方法

Excelでデータを入力するというのはよくやる仕事。一つひとつのセルに、細かなデータを大量に入力するのは手間が掛かるしミスも起きます。入力方法をひと工夫すれば、仕事が早く終わること請け合い。本日はそんなちょっとした工夫のご紹介。入力を始めるのではなくフォーマットを作るたいていの人は、Excel でいくつも乗せるにデータを入力するとき、データの打ち込みか始めます。で、数字を入力しようとしたら日本語入力が ON になっていた、日本語入力をしようとしたら直接入..

あなたはなぜチェックリストを使わないのか

仕事の出来栄えが、よかったり悪かったり、ばらつきが大きいと感じたことはありませんか。特に仕事を始めてから10年未満の方にはぜひ読んでほしい1冊の紹介。あなたは1日のうち、どれくらいの比率で、まったくやったことのない仕事をしますか?ほとんどの方は、ほぼゼロだと思います。つまり、あなたの仕事は、あなた自身が過去にやったことがあり、それの焼き直しである場合がほとんどなのです。それが徐々に少しだけ仕事内容が複雑になっていたり、短時間での..




posted by 管理人 at 05:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 組織マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。