仕事をやり残して帰ると脳が活性化する



本日は、以前のサラヒンの記事

 仕事はやり残して帰る

の理論編をお送りします。

理論編といっても大したものではありません。単に、「ここにこんなことが書いてあったよ」程度のお話ですが、こういうヒントでやり始めたというご紹介と、もっといろいろな応用方法があると思いますので、ご紹介しておきます。




■なにごとも8割で行動する


★P〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●意欲ある脳を保つための見切る技術
「どんなことも中途半端のままにしないで、一生懸命に最後までやる!」。

誰でも仕事に対しては、そんなふうに取り組むのが正しいと思ってやってきたはずです。

ところが、何か大きな企画が終わると、急に脱力感に襲われてしまったりするものです。
大発見をした研究者もそのあと、急にふさぎ込んだりするといいます。

つまり、何かを達成してしまうと、脳の中の意欲に関係するドーパミンが枯渇してしまうのです。極端な場合はうつ病になってしまうこともあるのです。

もう少しで仕事が終わるという見通しが立てば、全部をやってしまおうと思うものです。しかし、そこで無理をして仕事を終えてしまうと、その仕事に関する記憶は、翌日になると消えている可能性が高いのです。途中でやめてしまったほうが、それが気になるので、翌日まで仕事の記憶を持ち越すことができるのです。

全部をやってしまうと達成感はありますが、翌日、他のことをゼロからスタートしなければならないので、意欲を出すのに時間がかかってしまいます。仕事を始めてからペースをつかむのに時間がかかる人がいますが、これは意欲を出すために無駄な時間が必要になっているからなのです。

仕事への意欲を持続させるため、今日できることが 100 あるとすれば、80 でやめておくという方法があります。

大切なのは、意識的に止めるということです。
一生懸命にやって 80 ではダメなのです。余裕をもってやって 80 で止めておくことです。

これによってドーパミンを持続して出すことが可能なのです。

翌日、仕事にとりかかるときに、昨日の 20 %をやれば終わるということであれば、完成も間近いと思うので、意欲はずっと維持できるはずです。毎日、ゼロからのスタートという仕事のやり方は、かえって効率が悪くなってしまうのです。 8 割のところで見切るというのが明日につながるポイントです。

米山公啓(著) 『脳がよろこぶ「新」習慣術
――――――――――――――――――――――――――――★


ということで、朝一番から「さ〜て。何から手を付けようかな」ではなく、「通勤電車の中で気になって仕方がなかったことを手に付ける」とやると、朝からエンジン全開で取り組めるようになります。

そのためには、「あとちょっとで終わりそう」というところで、仕事を一旦やめて帰ってしまうという行動がいいみたいです。

そして、本書『脳がよろこぶ「新」習慣術』では、私がつい、やってしまうことについても触れられてました(見透かされてる?)




★P35〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●ドーパミンとうまくつきあうコツ
見切ると見せかけて家に持ち帰る人がいます。

家に持ち帰ってから、仕事をするとなると、ドーパミンが出すぎてしまいます。

仕事が順調でも 8 割で止めて、家に帰れば、リフレッシュ。仕事のことを考えないようにする、これが、脳にとっては最もストレスのない方法です。

すべてを得ることが満足感や達成感だと思ってしまいますが、多くの場合、すべてを得ることはできないものなのです。

うまくいかないほうが多いはずですから、 10 割を目指すと、そこに不満が残ってしまいます。ましてや人問の欲望は、より大きなもの、よりたくさんのものへと永遠に広がっていきますが、それでは、どんなにがんばっても満足感を得ることはできません。実現可能な目標設定は意欲を出させるコツですが、その目標もさらに8割くらいまで達成できそうなことを設定し、挑戦してみるといいでしょう。

米山公啓(著) 『脳がよろこぶ「新」習慣術
――――――――――――――――――――――――――――★


最近の風潮で、「残業はするな、成果はは減らすな」があって、「どうしろっていうのよ!」といいたくなります。
だからといって、家で残業をすると制限がなくなるので、無制限に仕事時間が広がります。私の場合、体調を崩す直前、つまり最後には、寝る時間もどんどん削って、結果だけは出す(見かけ上の効率を上げる)ようにとやり続けたことが最大の問題でした。

どうか、私と同じ轍を踏まないように。




■参考図書 『脳がよろこぶ「新」習慣術




「余計なこと」は、すすんでしよう。脳の大敵は「慣れ」や「ルーチンワーク」。いつも刺激を与えるためには「余計なこと」ほどいい。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

脳がよろこぶ「新」習慣術
著者 :米山公啓

脳がよろこぶ「新」習慣術
検索 :最安値検索

脳がよろこぶ「新」習慣術
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 仕事をやり残して帰ると脳が活性化する
 健忘力を鍛える



■同じテーマの記事

マッキンゼー式世界最強の仕事術:ブレーンストーミングで最大の効果を引き出すテクニック

「ブレーンストーミング」という方法は過去記事でも何度か紹介していますし、知らないビジネスパーソンのほうが少ないんじゃないかとおもいますが、以前セミナーで一緒に聴講していた人の言葉がちょっと印象的でした。「ブレーンストーミングの正しいやり方に驚きました」たしかに、ブレーンストーミングって、「みんなが集まってアイディアを出し合う会」で、「人の意見を否定しない」くらいしか認識がない場合が少なくないのかもしれません。ブレ..

好きな曲を聞いて集中力を強化する

通勤時にヘッドホンを付けている人を結構見ます。というか、私もそのひとりで、Bluetooth のヘッドセットで好きな音楽を流してます。「聞いてます」ではないのは、ほとんど聞いていないから。目的は、周囲の雑音を好きな音楽で打ち消したいだけ。朝の出勤時には、電車がすいていれば、新聞を広げてガサガサさせている人がいますし、帰りにはおしゃべりをしている人が結構います。そういうのって聞くともなしに聞こえますし、ガサガサ・ゴソゴソだと気になり始めると苦になります。好き..

Google式!究極のスピード仕事術「SPLINT」のキーポイント

Googleの仕事術といえば、「20%ルール」など有名なものが多数あります。私の知っている中で一部紹介しますと、・20%ルール・メールはモバイルで送る・会議の前にチャットする・カフェスペースを歩き回る・「引きこもり」をするなどなど。Google の仕事のルール上記に書いたもの、単語だけではわからないと思いますので、ちょっと説明を追加。・20%ルール本来の仕事とは別に仕事時間の20%をなにかおもしろいもの..

成長を加速する報告書の技術

まだ駆け出しの頃、上司によく「出来事をぼんやり見るな!」と怒られました。自分としてはぼんやり見ているつもりはなかったので、ちょっと「ムッ」としたりしたのですが、今思うと汗顔の至りですね。せっかく学習の機会があるのに、その機会を「ぼんやり」見過ごしている事が多いんですよ。意外と。多分ですが、同じ年月生きてきたにもかかわらず、成長速度やその達成度が異なるのは、この「ぼんやり度」が違うからなような気がします。観察するに..

2時間早く出社する

時間管理で最も効率がいいのは、「集中できる時間を確保する」こと。このために、会社全体で「集中タイム」とか「会議禁止タイム」みたいなのを設けている会社もありますね。べつに個人でもやれます。過去記事でも紹介しましたが、>みたいに、一人になれる空間を無理やり作る方法もありますが、最も簡単にできて一石三鳥なのが早朝出勤。早朝出勤のススメ以前から、「朝活」などのテーマでも書いていますが、ここ..

必ず手帳をチェックする時間を決めておく

今日、このあと退社するまでのスケジュールって言えますか?××時にさんと打ち合わせ××時にチーム進捗会議××時に退社タスクはとと…これがスラスラ出てくるようなら、このネタはあまり役に立たないかも。私はたいていスラスラは出てきません。ちょっと考えると出てくるときが多いですが、「え〜っと」と言いながら、おもむろにパソコンを開こうとします。手帳をチェックする時間『手帳300%活用術』という本にこんなこと..




posted by 管理人 at 16:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。