ナナメの情報




情報には3種類の方向性があります。これにベクトルを加えると合計6種類。
このことは、以下の本で学びました。

★P18〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●情報には 3 庫類ある。
・タテ情報
 タテの関係、すなわち、上司と部下との間で流れる情報のことだ。レポートライン、つまり上意下達、下意上達は比較的、スムーズに流れる。「○○社への食い込みが 7 割くらい進んでいる」という仕事のことから、「夫婦の仲があまりよくない」というきわめてプライべートのことまで伝わりやすいのである。もし、これすらできていないというのでは、とてもチームとしての体をなしていないはずだ。

・ヨコ情報
 同僚同士、上司同士、女性同士のコミュニケーションのことだ。部長会、同期会、お茶の会など、オフイシャル、プライべートにかかわらず、顔を合わせる機会が多い。ところが、これが次の関係だといきなりべルリンの壁か、チャイナウォールかと思うほど情報が遮断されてしまうのである。

・ナナメ情報
 タテでもヨコでもないという関係、すなわち、1 年目と 2 年目の社員、他部門の部課長間というような関係である。そこでトラブルが発生したりする。

わたしの経験では、営業マン時代、同じ得意先に午前、午後で違う営業マンが訪れることがあり、「おたく、あまり風通しがよくないようだね」と皮肉を言われたことがある。隣のチームどころか、同じチーム。たった 5 人しかいないのにこの有様だ。

中島孝志(著) 『すごい!メモ術 「ビジネス力」をアップさせる達人たちの手の内を盗め!
――――――――――――――――――――――――――――★


管理職になってみて、意外と重要だということに気が付かされるのが、本書にあるナナメの情報。意識してみると、多くの仕事はこのナナメの情報をいかに活用するかが生産性に大きく貢献していることがわかります。

■ナナメの情報

本書では、先輩―後輩、他部門同士という事例で紹介されていますが、私はこれを人脈の情報という形で理解してます。

つまり、他部門で「来年度○○の活動をしようとしている」「同じような課題が○○部にもあって、○○部では▲▲のやり方で解決しようとしている」などという情報です。人脈が薄い人はこういう情報が入ってきません。結果、自分の課題を解決するのに、アイディア出しにしろ、活動を実際にするにしろ、自力解決を強いられるわけです。

人間ひとりの力なんて実際大したことはありません。だから会社や部門のように人を集めて行動したほうが効率的により強大な力が使えるようになるわけです。それを、組織という形にだけ縛られて、「上司しか相談する人がいない」状態の人と「同期の人にアドバイスや助力をもらう」人では、どちらが結果を出せるのかは明白。

「ナナメの情報」の対象になる人は、あなたの仕事の結果に責任をもっていません。
それでも、自分の時間を裂いて自分に情報をくれる、アドバイスをくれるというのは、すごい力になるわけですね。

■ナナメの情報源をもつ

どうしたらナナメの情報がえられるようになるかというと、ベクトルを意識することです。

他の2つの情報同様、情報にはベクトルがあります。出す側と受け取る側。
縦の情報で言えば

 上司 → 部下
 部下 → 上司

の双方向があるわけです。これが一方通行だと、いわゆる「コミュニケーションが成立していない」状態ですね。

ナナメの情報についても、「情報をください」では成立しません。
「情報を出す」ことを意識することで、相手とのコミュニケーションの時間を確保できるようになり、返報性の原則が働くとともに、キャッチボールをしているうちに、自分の課題や自部門の課題の解決策の提供がしてもらえるようになります。

このまえ、打ち合わせの席で一緒になった人に、「先日はありがとうございました」ってメールしてみませんか。
その場で、その人が発言してしていたことに関して、ちょっと情報を提供してあげることからスタートすると、人脈が広がりますよ。

それが、会社におけるあなたの存在意義を高めます。





■参考図書 『すごい!メモ術 「ビジネス力」をアップさせる達人たちの手の内を盗め!

あなたの手帳がいきなり変わり出す!こんなメモの使い方があったのか?15人の「仕事の達人」+著者の最強タッグで、最高のメモ術を伝授する。




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

すごい!メモ術 「ビジネス力」をアップさせる達人たちの手の内を盗め!
著者 :中島孝志

すごい!メモ術 「ビジネス力」をアップさせる達人たちの手の内を盗め!
検索 :最安値検索

すごい!メモ術 「ビジネス力」をアップさせる達人たちの手の内を盗め!
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 いつか使えるかもしれないネタをメモする
 図解活用のメリット
 やってみた分かった「カード式メモ術」の利点
 タスクリストで作業してはいけない
 業務目標を即答できるようにする
 ファンシー手帳はなくさない
 メモ術の極意
 朝会・夕会を開催する
 TIMTOWTDIメモ3:事前に考える癖をつける
 TIMTOWTDIメモ2:いろんなやり方を思いつくためのトレーニング
 TIMTOWTDIメモ1:やり方はいくらでもある
 テーマを持つと答えが見つかる
 メモの方法をたくさん知り、選択する
 緊急の仕事を優先する
 頭で考えるより紙で考える1
 頭で考えるより紙で考える2
 仕事ができない人はこれができない
 ナナメの情報

●このテーマの関連図書


仕事のスピード・質が劇的に上がるすごいメモ。

知識を自分のものにする最強の読書

伝わっているか?

情報を瞬時に整理しアイディアを生み出す!ノート・メモフル活用術

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか(Nanaブックス)

結果がどんどん出る「超」メモ術(青春文庫)





■同じテーマの記事

ナナメの情報

情報には3種類の方向性があります。これにベクトルを加えると合計6種類。このことは、以下の本で学びました。情報には 3 庫類ある。・タテ情報タテの関係、すなわち、上司と部下との間で流れる情報のことだ。レポートライン、つまり上意下達、下意上達は比較的、スムーズに流れる。「社への食い込みが 7 割くらい進んでいる」という仕事のことから、「夫婦の仲があまりよくない」とい..

いつか使えるかもしれないネタをメモする

たぶん私は結構なメモ魔です。とにかくなんでも紙に書きつけたり、PCに打ち込んだりしています。なので、PC を一生懸命操作していても、仕事をしているわけはなく、仕事のメモを作っているだけのときも少なからず…。おかげで PC の操作はやたら早くなりましたが。将来使えるネタを保存するいつか使えそうなネタを常にメモっておくいま、ビジネスパースンの間で異業種交流会が盛んだが、これなど手っ..

図解活用のメリット

他の記事でもご紹介していますが、図解する技術を身につけると、仕事の効率がすごくあがります。チャートや図解がわかりやすい理由はいくつかある。・ビジュアルだから一目瞭然・複雑な情報が整理されている・相互の関係性、因果関係がシンブルに示されている・口頭と違って情報がすぐに消えない・部分ごとに仕事をきちんと理解できる・結果として全体の仕事を飲み込める中島孝志(著) 『すごい!メモ術 「ビ..

やってみた分かった「カード式メモ術」の利点

かつて学生の頃、英単語を小さな紙に書いてそれをめくって暗記しませんでしたか?私はやりました。結構役に立ったような気がしますが、社会人でこういうリングファイルに閉じられたカードを見ている人っていませんね。まあ、今時ならスマホで同じようなことがやれるのでしょうけど。これを思い出したのは以下の本から。上手なプレゼンのための「カード式メモ術」ポストイットと似た商品に「力ード」がある。これ..

タスクリストで作業してはいけない

いわゆる、タスクリストとか ToDo リストとか言うものを作るのは、効率的に仕事をするための初歩です。でも、タスクリストを開いて、仕事をするのは、実際に効率があまり良くありません。朝、タスクリストを開いたら書き写す私は、朝タスクリストを開いて、それを今日やることをバブルマップノート:今日やることは常にデスクトップに置くに書き写します。タスクリストに書いてあることすべてを書き写すわけではありません。タスクリスト:プロジェク..

業務目標を即答できるようにする

人生の目標を手帳の最初のページに書きなさいよく、成功本などに書いてあることですね。私はすぐに挫折しましたが…。私は手帳を使わないので、「ノート」なのですが、ノートの最初のページは、業務リストのページです。その次のページがタスクリストとToDoリスト。目標が変わった時にも書き換えてますが、特に年度が改まる時などは業務リストのページは一新します。今年度の部門方針やグループの目標に書き直します。部門の目標と進捗を即答できますか?だ..

ファンシー手帳はなくさない

あなたの手帳、何色ですか?私は手帳は使っていませんがいつも持ち歩いているノートは、普通のキャンパスノートを加工を使ってます。どんな加工をしているかは、別記事マイノートの作成を参照していただきたいですが、最近、さらにノートの周辺をファンシーテープで飾るようにしてみました。作家であり、画家、建築家、先見力が買われて小測内閣では経済企画庁長官に抜擢された堺屋太一さんは、 2..

テーマを持つと答えが見つかる

テーマが書き出せますか?いま、あなたの持っている「テーマ(課題・問題・成し遂げたいこと)」を書き出してみてください。仕事をしている以上、なんらかの課題がありますよね。それに対していろいろな解決策を考えて、あるものはアイディア段階でボツにして、またあるものは実際にやってみて効果を見てみて…といろいろやってみながら、課題解決にもっていく活動をすれば、上司からの評価はたぶん良くなります。言われたことだけを言われたようにする単なる作業..



posted by 管理人 at 19:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。