不平不満は聞く耳持たぬ




何かをやっていれば、不満は常にあります。

 「こんな頑張っているのに給料が安い」
 「つまらない仕事ばかり上司がさせる」
 「希望の職種じゃない」

もし、だれかからこういう話題を振られたり、振られそうになったら、私はその場を離れるか話題を切り替えるようにしてます。




■不平不満の源泉


★P94〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

不平不満の源泉は 2 つあります。

ひとつは、嫌いな仕事だから不平不満をこぼします。もうひとつは、好きな仕事だからこそ不平不満をこぼすのです。
嫌いでも不平不満をこぼす、好きでも不平不満をこぼす。人問というのは勝手なものです。そして、どこの世界にも不平不満人間はいます。

中島孝志(著) 『仕事ができる人の「しないこと」リスト
――――――――――――――――――――――――――――★


あまり気がついてませんでしたが、誰かが不平不満を言う時は、「好きだからこそ」と「嫌いで嫌いで…」の両方ありそうですね。確かに。

しかし、たとえそれが「好き」ゆえに出た言葉でも、それに付き合ってしまうと、あまり良いことがありません。




■不平不満に付き合う方法


★P95〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

その仕事にプライドを持ち、創意工夫をし、汗と涙を流しながら家族を養い、自己実現を図っている人間がたくさんいるのです。そのことに思い至ることなく、自分の欲望ばかりアピールする―。仕事云々という以前に、社会人として腐っていると私は思います。

こういった不平不満をこぼす人間に対応するのは、実は簡単なことではありません。

かなり微妙な問題を含んでいるからです。たとえば、「こんな仕事は嫌だから異動してもらいたいよ」とこぼしている人が近くにいたとしましょう。このとき、へたにうなずいたら、あなたも同意した、と見なされてしまいます。「○○さんも同じ意見ですよ」とどこで吹聴されるかわかったものではありません。

基本的に、不平不満をこぼす人間は、自分のことしか考えていません。こういう人間は、「全体最適」を考えず、「部分最適」を優先します。つまり、会社のため、という視点がなく、自分の利益ばかりを考えているのです

もし周囲の状況を考慮できる人材ならば不平不満は口には出さず、ぐっと飲み込んでいるはずです。それができないのですから忍耐力も弱いのです。大人になりきれていない「子ども」は、我慢できませんからすぐに不平不満をこぼします。

外部の人間にはけっしていうべきことではない会社の恥部を平気で漏らしたりします。つまり、社会人としての常識がないのです。「私はそうは思わない」と反論してもいいですが、ここは大人の対応として是非を問わずに聞き流す、という行動がべストでしょう。

そんな不平不満には、いっさいつきあわないことです。

中島孝志(著) 『仕事ができる人の「しないこと」リスト
――――――――――――――――――――――――――――★


過去にこれ以外の方法をやってみたことがありますが、いずれも痛い目を見まして、結局さわらぬ神に祟りなし」がベストの対応方法というのが現時点の私の結論。不平不満に対しては、賛成も反対も言わず、「じゃ、そういうことで…」。

もし、その人が今の仕事を好きで不満を言っているのであっても、それは課題提出や建議ではなく、あくまでも不満です。ただ吐き出したいだけで、その人はそれを解決しようと努力をしていない場合が多いみたい。

「じゃあどうしたら良くなるんだろう?」と話の方向を建設的な方向に切り替えてくれず、「役員がバカだら」「部長がもっとしっかり考えて〜」とかどうしようもない方向にしか向かいません。
※これは別記事問題は外にあるに書きましたのでご参照を。

もし、あなたも同じ不満があったとしても、改革のための同志にはなってくれないのです。

もし、改革に協力してくれる人なら、不満(単なる「吐き出した感情」)ではなく課題(解決するための手段)を言っているでしょうから。そうでない人には、そうでない対応しかしようがありません。

ただし、これが上司(不満を聞く側)と部下(不満を言う側)だとややこしいです。
上司としては、部下の不満を放置してはおけません。職場全体に波及してしまっては大変ですので。

じっくり不満を聞き、解決策を考えてあげるのも上司の給料のウチの一部です。

それが給料の一部ならしかたがありません。

解決策にはいくつかパターンがありますが、これはまたそのうち。




■参考図書 『仕事ができる人の「しないこと」リスト




「予定を簡単に動かさない」「100点は最初から目指さない」「安請け合いを絶対にしない」「人の不平不満に付き合わない」「便利屋には絶対にならない」…“あなた”に革命を起こす、45の「しないこと」。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

仕事ができる人の「しないこと」リスト
著者 :中島孝志
楽天では見つかりませんでした
仕事ができる人の「しないこと」リスト
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 わかりやすく書くコツ
 遊びの時間を作る
 予定を決めたら簡単には動かしてはいけない
 「迷い」を断つと成果が上がる
 人を呪わば穴二つ
 嫌いな人がいる職場
 言うべきことは言うべきタイミングまで待つ
 後輩を優秀にする
 不平不満は聞く耳持たぬ
 同僚の成功をよろこぶ

●このテーマの関連図書


「要領がいい人」のすごい考え方:仕事をシンプルに変える50のリスト(知的…

「頭のいい人」は、シンプルに仕事する!:「8割捨てる」発想、そして実行…

なぜかミスをしない人の思考法(知的生きかた文庫)

「頭のいい人」は、シンプルに仕事する!:人生のクオリティーが画期的に上が…

仕事は「すべきこと」より「しないこと」で決まる!

(041)「しないこと」リストのすすめ:人生を豊かにする引き算の発想(ポプ…





■同じテーマの記事

電車が遅れたら駅から離れる

私の経験的には、1〜2ヶ月に1回くらいは、通勤電車でトラブルがあります。電車が止まる/遅れるんです。こんなとき、どう対処しますか?別の路線を選べる人なら、それはそれで便利だとは思いますが、田舎ではそうも行きません。それ以外に選択肢はない場合には、復旧するのを待つしかありません。このときに、駅でひたすら待つというのは、生産性はゼロですね。せっかくできた時間なので有効活用するようにしてます。交通機関が遅延したら待たない..

引き継ぎをする

サラリーマンは、だいたい期末や期初に業務や担当が変わったり、昇進昇格によって仕事内容が変わったりします。そのときに、以前その業務をやっていた人がいるはずですよね。あらたに仕事を作ったのではない限り。そういうときに、前任者からきちんと引き継ぎをしてもらってますか?実はわたしは引き継ぎをしてもらった経験があまりありません。知らない人が困っても痛くも痒くもない一番仕事で困るのは、「その前がどういう状態だったのか」がわから..

会社で生きることを決めた君へ_4

久しぶりにビジネス書のご紹介。『会社で生きることを決めた君へ』結構有名になった本なのでご存じの方も多いかと。相変わらず長文のコメントなので、また複数回に分けてご紹介します。本日は、要約(というには長文ですが)をお送りします。::と書いてみましたが、長すぎるので、要約を3回にわたって分割してお送りします。本日はその第3回目。要約の最後の部分をお送りします。言葉を磨く私たちは言葉を用いて、日々思考している。コミュ..

わかりやすく書くコツ

「サルでもわかる〜〜」っていうタイトルの本を見かける時があります。「いや、いくらなんでもサルは本が読めないだろ」とは思うのですが、まあ、こういうのって特定のジャンルについて調べようと思うときに「入門書としてはアリかも」という気がして、つい手に取ってしまいます。サルでもわかる福沢諭吉ということで、どうすればわかりやすくなるのかについて完結にまとめられていた本からのご紹介。で..

勝手に進むようにするとマネジメントはうまくいく

何かのプロジェクトのリーダーになると、プロジェクトのやるべきこと(タスク)はすべて一旦リーダーのところに集まってきます。あまりリーダー経験のない人だと、どれから手を付けていいかわからずに、あるタスクを順番(発生順?、請求された順?、気になった順?、まぁいろいろ)やっつけようとします。そうするとプロジェクトは大抵遅れていきます。マネジメントのコツは、勝手に進むようにすること何度も、何年もリーダーやマネージャをしていると、このプロジェクトのタスクをうまく勧め..

部下からの不平不満は上司の勲章

『課長のルール』という書籍から。部下に嫌われることを恐れるな誰だって人から嫌われたくはありません。部下とも末長く仲良くやっていきたいものなのですが、最近の若い世代は少々事情が許さなくなってきているようです。::(中略):おそらく部下に気を遣って気が引ける場面も多いことでしよう。しかし、部下に遠慮するのは絶対に禁物です(変に高圧的になってもだめですが)。さらにちよ..






posted by 管理人 at 05:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。