発想法:オズボーンの「ださく似たおち」




これ、ご存知ですよね?

 オズボーンのチェックリスト

じゃあ、このチェックリスト、頭に入ってますか?

何かを応用するのに、アタマに入っていないものは使えません。
それを調べるところから始まるのでは、使える道具にはなってません。

でも、7つもあるチェックリスト、さらに細かい項目まで、覚えておくのは結構大変。
でも覚えておかないと、そのチェックリストを読んでいるのか、課題に対して発想を広げているのかわからなくなっちゃいます。




■「ださく似たおち」


学校で勉強した時に、「ヒトヨヒトヨニヒトミゴロ」ってやりましたよね?

記憶するには、こういう語呂で覚えておくのが便利。

オズボーンのチェックリストは

 「ださく似たおち」

で覚えてます。

★――――――――――――――――――――――――――

・だ …代用できないか
・さ …逆さまにしたら
・く …組み合わせたら
・似 …似たものはないか
・た …他の用途はないか
・お …大きくしたら
・ち …小さくしたら

星野匡(著) 『発想法入門
――――――――――――――――――――――――――★


感覚的には「駄作、似たオチ

これなら、多分すぐに思い出せます。

オズボーンのチェックリストは、発想法としては応用が効き、運用がし易いのですが、チェックリストを思い出すだけで苦労するものです。
「であれば、それを思い出しやすくする」という発想はかなり効果があります。

これからしばらく、「駄作、似たオチ」「駄作、似たオチ」「駄作、似たオチ」と繰り返し唱えていれば、たいてい必要な場面で思い出せるようになるでしょう。




■オズボーンのチェックリスト


これだけでも十分に発想チェックリストとして使えるものですが、やっぱり詳細な説明なども欲しくなるので、その時のために私はデスクトップにショートカットを作って、チェックリストを簡単に開けるようにしてます。

以下ネットから拾ったチェックリスト

★――――――――――――――――――――――――――
●他に利用したらどうか
 今のままで新しい使い道はないか
 少し変えて他の使い道はないか

●アイデアを借りたらどうか
 これに似たものはないか
 他に似たアイデアはないか
 一部借りたらどうか

●大きくしたらどうか
 何か加えたらどうか
 もっと回数を多くしたらどうか

●小さくしたらどうか
 分割したらどうか
 やめたらどうか

●変更したらどうか
 形式を変えたらどうか
 意味を変えたらどうか

●代用したらどうか
 他の材料にしたらどうか
 他の人にしたらどうか

●入れ換えたらどうか
 他の順序にしたらどうか
 原因と結果を入れ換えたらどうか

●反対にしたらどうか
 役割を逆にしたらどうか
 立場を変えたらどうか

●結合したらどうか
 目的を結合したらどうか
 アイデアを結合したらどうか

引用元:http://ideatool.jp/index.php?%E3%82%AA%E3%82%BA%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88
――――――――――――――――――――――――――★


■SCAMPER


英語だとこんな覚え方もあります。

また、このオズボーンのチェックリスト法をボブ・イバールが改良したSCAMPERという7つの質問リストもあります。
ここで紹介しておきます。

・Substitute(入れ替えたら?)
・Combine(統合したら?)
・Adapt(応用したら?)
・Modify(修正したら?)
・Put to other uses(使い道を変えたら?)
・Eliminate(取り除いたら?)
・Rearrange/Reverse(並び替えたら?逆にしたら?)

このSCAMPERというのは、それぞれ質問のキーワードの頭文字をまとめたものです。ただ、私は「Eliminate」と言われても、日本語にならないので使ってません(^^;)




■参考図書 『発想法入門




だれでも使えるアイディア作りの技法を具体例を挙げて、わかりやすく解説しました。それぞれの技法のポイントが簡単につかめるよう、時間の目安、適している人数、内容などをまとめた表を付けました。書き込めばそのまま使える書式シートを付けるなど、実践的な内容になっています。ビジネスだけでなく、日常生活などにも応用できる内容です。 (BOOKデータベース)





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

発想法入門
著者 :星野匡
楽天では見つかりませんでした
発想法入門
検索 :商品検索する



●このテーマの関連図書


問題解決手法の知識(日経文庫)

天才の閃きを科学的に起こす超、思考法――コロンビア大学ビジネススクー…

アイデアのヒント

スウェーデン式アイデア・ブック

続・発想法―KJ法の展開と応用(中公新書210)

考具―考えるための道具、持っていますか?





■同じテーマの記事

フェニックスチェックリスト:適切な質問は発想力を刺激する

質問というのは、課題を解決していくための重要な要素になります。「×××をしてはいけません」ではなく「どうしてそうしようと思ったのかな?」「どうして、そうする必要があると思いますか?」相手になにか考えさせ、そこから答えにたどり着いてもらおうと思うのであれば、どうしてもこういう「問いかけ」を多用することになります。質問されると、思考をその質問の方向に持っていかないと答えが出ません。「どうして」質問されれば、「なぜなら」..

ゲートファインディングモデル1

よくアイディアを考える方法というのは本で見かけます(いわゆる「発想法」のジャンルの本)、たくさん出したアイディアから、ほんとうに使えるアイディアを選り分ける方法というのはあまり紹介されていないようですね。よく言われるのは、・コスト効果・問題点の解決効果・実行しやすさ(初期投資の少なさ)などですね。でも結局、メリット・デメリットを勘案するとよくわからないので、メリット・デメリット列挙して、点数付けして合計するみたいな答えになってしまいがちです。しかし、実際点数付..

発想法:オズボーンの「ださく似たおち」

これ、ご存知ですよね?オズボーンのチェックリストじゃあ、このチェックリスト、頭に入ってますか?何かを応用するのに、アタマに入っていないものは使えません。それを調べるところから始まるのでは、使える道具にはなってません。でも、7つもあるチェックリスト、さらに細かい項目まで、覚えておくのは結構大変。でも覚えておかないと、そのチェックリストを読んでいるのか、課題に対して発想を広げているのかわからなくなっちゃいます。「ださく似たおち」..

ゲートファインディングモデル2

前回のおさらいよくアイディアを考える方法というのは本で見かけます(いわゆる「発想法」のジャンルの本)、たくさん出したアイディアから、ほんとうに使えるアイディアを選り分ける方法というのはあまり紹介されていないようですので、ビジネスの世界で「ゲートファインディングモデル」と言われるアイディアの選抜方法について紹介します。この方法は、以下の本で紹介されていました。キラー・クエスチョン 常識の壁を超え、イノベーションを生み出す質問のシステム「ゲートファインディン..






posted by 管理人 at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。