「上司」というコンサルタントを雇う




あなたの仕事のやり方や、会社内のノウハウをコーチしてくれる人はいるでしょうか?
意外と盲点なところにいます

★P4〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

私は彼にこう答えました。

 「営業のスキルアップ講座はたくさんあるし、いい研修講師やトレーナーもいると思う。キャリア相談についても、個人的なカウンセリングやコーチングをやっている人は少なくない。真剣に探せば、必ずいい人がみつかるはずだ。ただし……」
 「ただし?、 何ですか?」
 「本当にいい人にお願いしたいのなら、それなりのお金は必要になる。将来の自分への投資だからね」
 「それなりのお金……ですか?」

そして私は、評判のいい営業研修プログラムなら受講料が半年で数十万円することや、有名なキャリアカウンセラーやコーチングの先生に個人指導をしてもらう場合、 1 回あたり数万円かかることを伝えたのです。

 「そんなに……」

彼は溜息をつくと、うつむいて黙ってしまいました。

 「でも、身近なところにも力になってくれる人はいるよ。しかも、無料で」
 「無料で?!」

慌てて顔を上げた彼は、真っ直ぐに私を見つめて、

 「そ、それは誰ですか?」
 「キミの上司だよ」
 「上司?」
 「そう、上司だ。いつもキミの近くにいて、キミのことをしつかり見てくれていて、キミを鍛えることやキミの相談に乗ることが、当然の役割になっていて、しかもお金は取らない。こんな便利な存在を使わない手はないだろ?」
 「そんなあ……」

がっかりした表情の彼に、私は次のようなことを伝えたのです。

 「世の中で優秀な社員と言われる人たちは、私の知っている限り、一人の例外もなく上司という存在をうまく使っている。
 使っているどころか、『使い倒している』と言ってもいい。

 言葉は悪いが、上司を自分のステップアップの踏み台にしてしまっている人もいるほどだ。
 もちろん、いい意味で最大限に活用しているということだよ。

 つまり、上司をうまく使える人ほど、間違いなく仕事もできるようになるということさ」
 「でも、うちの上司は……」
 「うん、言わなくてもわかるよ。尊敬できるような上司じゃないんだね?」

コクリと彼は頷きました。

 「じゃあ、反面教師にすればいい。それに、使えるのは直属の上司だけじやないんだ。隣の部署の上司だっていい。そもそもオールラウンドの上司なんていないんだから、多くの上司から、いいとこ取りすればいいんだよ」

彼は、私の言いたいことが少し和み込めてきたようです。続けて私は、

 「キミたち若い世代は、ついつい上司と部下を対立する関係に捉えてしまいがちだ。敵対して、いいことなんてひとつもない。本来、上司と部下は、お互いのためにも協力関係にあるべきもの。倍返しなんて流行語に踊らされちゃダメだ。

田中和彦(著) 『できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
――――――――――――――――――――――――――――★


引用が長くなってしまいましたので、やや途中ですが、本書で言いたいことは伝わりそうなので、ここでやめておきます。

■どうするといいのかは上司が一番知っている

私は、上司だけで成長していけるものかというとそうでもないとは思っていますが、様々な形で上司から色々教えてもらったのも事実です。

上司は、「実践的にどのようにすればいいか」という具体的な行動レベルで、仕事のやり方を教えてくれます。それも本書にあるように無料どころか、お金までくれて、教育してくれる存在です。

もちろん、上司だけでなく、先輩や同僚、果ては部下までそうです。以下では「上司」にはこれらの一緒に仕事をする全ての人のいみで「上司」と使います。

■「上司」は知識を与えてはくれない

ただし、「実践的に」というところが問題で、「この場合はこうする」は教えてくれても、「なぜ、そうするといいのか」や「どういうパターンならどうすればいいか」は教えてくれません。つまり、「上司」は、自分があるパターン化した思考をして、次の行動を導いていても、どういうパターン化がされているのかは、ちゃんと認知してないんです(していても表現できない場合が少なくありません)。

だから、「それは、経験を積みなさい」という言葉になってしまいます。

それを言葉にしてくれるのは、ビジネス書やセミナーです。

■「上司」と知識の両輪

だから、「上司」の指示や、自分の経験を、ビジネス書やセミナーで話を聴いた時に、「そうそう」と思えることが重要。

「へ〜、そうなんだ」と思う人は、そういう経験がない人ですかね?
そういう人は、多分、経験と知識の一方がないので、結局実践に結びつかない。

次に、ビジネス書を読んだ時には、「上司」の行動と照らしあわせてみませんか。

「上司」という行動をサポートしてくれる仕掛けと、ビジネス書やセミナーという知識があると、2つがあなたの成長の両輪になってくれるでしょう。




■参考図書 『できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意

2万人を面接した人材のプロが贈る、ボスをマネジメントの教科書
上司の8機能+1を徹底活用すして、プレゼン、会議、人事、時間管理、人脈…これであなたの仕事が劇的に好転する!




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
著者 :田中和彦

できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
検索 :最安値検索

できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 希望の部署に移動する方法
 上司の情報を活用する
 目標は自分だけが管理できる
 ドラッカー365の金言:組織の精神はトップから生まれる
 人事評価の目的を理解すると評価を利用できる
 できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
 人を動かす:罰則は「前向きさ」を失わせる
 「上司」というコンサルタントを雇う

●このテーマの関連図書


どんなにバカな上司の下でも成長できる仕事術

部下こそ上司にリーダーシップをとれ

「君にまかせたい」と言われる部下になる51の考え方

「上司に話が通じない」と思ったときに読む本

「バカ上司」その傾向と対策(集英社新書436B)

できる人は上司に“モテ”る仕事は上司との関係が9割!





■同じテーマの記事

会議が失敗する理由

会議の一つの形態である「ワークショップ」と言うものがあります。日本では「体験型講座」みたいに理解されてますが、本来はプロジェクトにおける関係者の合意とコミットメントのための仕組みです。本書『レバレッジ・ポイントを見つけ出せ! 問題発見力養成講座 “木を見て森も見る”システム・シンキング』では、ワークショップについて、「ワークショップが失敗する理由」が書かれてますが、ここで言う「ワークショップ」は後者の意味です。会議が失敗する理..

Recap(Recapitulation)プレゼンテーション

プレゼンテーションや説明、話し方のポイントにRecapitulation話法という方法があります。あまりこの名前で出てくることはありませんが、「要点を繰り返し述べる」という方法です。こっちの言い方のほうが馴染みが深いかも。話には流れがある講演・セミナーなどに行くと、わかりやすい講師と途中からわからなくなってしまう講師の2パターンがあることに気が付きます。そのポイントがこの Recapitulation というやり方らしいです。たとえば1時間の話の中で、いくつかの話..

知らないことを聞くときには、関連する情報を付け加える

仕事上で話をしていて、自分の知らないことを相手が言ってきたような場合、「すみません、ってなんですか?」と聞くよりもいい方法があるそうです。聞き方にもポイントがあって、まずは聞き方自体の問題です。「すみません、って何ですか?」とストレートに聞くのでは、無知な印象を与えてしまうので、「勉強不足で恐縮なのですが、今おっしゃっていたというのは、どういうものなんでしょうか?××..

子供の論理で気分を変える

よく残業時間が減らない理由としてあがるもののひとつにみんな頑張っているのに、自分だけ先に帰りにくい上司が遅くまで残っていて、部下としては帰りにくいみたいな「帰りにくい雰囲気」というのがあります。実際には、「上司・先輩より先に帰ってはいけない」なんてルールがある会社は、たぶんありませんが。交流分析交流分析っていう心理学(だと思う)があります。おそらく、多くの人が、コミュニケーションのトレーニングとして実際に受講したり、何かで..

図解トレーニングで反射神経が鍛えられる

ちょっと想像してみてください。あなたの会社の社長が、今年度の経営計画について説明をしています。「社会環境が〜〜」「会社の業績が〜〜」「競合他社の動向が〜〜」::(中略):「だから、我々はをしなくてはいけないんだ!頑張ろう!」たぶん、毎年繰り返される光景ですよね。でも、たいてい覚えてません。唯一、覚えているのは、社長が「をするぞ!」と言ったという部分だけ。※下手をすると、そこす..

採用される意見のコツ

「このやり方はおかしい」「ちょっといいアイディアを思いついた」っていうときに、上司や対応する組織に意見や提案を出したりすることがあります。結局、こういう活動が実を結んで、評価が上がる(経験談)。ところが、自分ではいくらいいアイディアだと思っても、関係者や責任者に聞き入れてはもらえず、不発に終わることも当然あります。過去記事で書いたように、「言い方が問題」だったり、分析の仕方が違っている、根回しが不十分、などいろいろ理由があるので..

ファシリテーションを勉強する

会議で、みんなの意見を取りまとめたり、会議の進行をうまくやる技術を「ファシリテーション」といいます。これは、私が過去にいろんなセミナーで学んだ技術のうちでも、かなり役に立っとと思える技術のひとつ。さらに会議を行う際にとても重要なことがあります。それは「事前準備」です。「事前準備」をきっちり行うことで会議の時間そのものを短縮しつつ、質の良いアウトプットを生み出しやすくします。ここでい..

厳しい交渉ごとは役員応接室でやりなさい

あなたの会社には役員専用の応接室がありますか?ウチの会社にはあります。基本的には、一般社員は使えないのですが、どうしても他の会議室などが使えない時に、ここが空いていれば使わせてもらえます。厳しい交渉には役員応接室を使う私はときどきここを使わせてもらってます。上司の役員にお願いして「この時間しかないので使わせてもらっていいですか?」と聞けば、「空いていればいいよ」とたいていは言ってもらえます。聞かれた役員にしても、たぶん「一般社..

いつか使えるかもしれないネタをメモする

たぶん私は結構なメモ魔です。とにかくなんでも紙に書きつけたり、PCに打ち込んだりしています。なので、PC を一生懸命操作していても、仕事をしているわけはなく、仕事のメモを作っているだけのときも少なからず…。おかげで PC の操作はやたら早くなりましたが。将来使えるネタを保存するいつか使えそうなネタを常にメモっておくいま、ビジネスパースンの間で異業種交流会が盛んだが、これなど手っ..

新しいシステムには一番協力してほしい人の名前を入れる

なにか新しいことがやりたい時に、ひとりでは出来ないので、協力者がほしいですね。そういう時に、協力者を巻き込んでしまう秘策があります。アンドルー・カーネギーの成功の秘訣は何か?カーネギーは鉄鋼王と呼ばれているが、本人は製鋼のことなどほとんど知らなかった。鉄鋼王よりもはるかによく鉄鋼のことを知っている数百名の人を使っていたのだ。しかし、彼は人のあつかい方を知っていたそれが、彼を富豪..

タスクリストには2つの目標を併記する

タスクリストって作ってますか?もし作っていない人は、作ったほうがいいと思いますが、この記事は読んでもあまりメリットはありません。作っている人は、ちょっと参考になるかも。タスクリストの目標あなたの作っているタスクリストって、どんな項目がありますか?私の場合、・名称・目標1・目標2・着手期限・完了期限::こんなのがリスト化されています。本日は、この目標1と目標2の2つ目標がある理由について。「企画書を作れ!」上司に「来週中にの企画書を作れ!」..





posted by 管理人 at 11:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。