イノベーションとは







★P30〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●イノベーションとは
「イノべーション」という言葉は、日本においては「技術革新」と訳されることも多いのですが、本来の意味は、もっと広いものです。

この概念は、ドラッカー教授の父アドルフの友人でオーストリアの経済学者、ジョゼフ・シュペンターの著作『経済発展の理論―企業者利潤・資本・信用・利子および景気の回転に関する一研究』で示されたものです。「郵便馬車をいくら連続的に加えても、それによって決して鉄道を得ることはできない」というたとえによって、この考え方は一気に広がりました。

ドラッカー教授も、 『イノべーションと企業家精神』でイノペーションの原理と方法を世に問いましたが、必ずしも技術分野でのみ起こるものではないことを、マクドナルドの例で示しています。

レイ・ク口ックが創業者マクドナルド兄弟からフランチャイズ権を得て、アメリカはおろか、世界的なハンバーガー・チェーンに飛躍させたのは、いつでもどこでも同じ味とサービスを提供する合理的なシステムを構築し、ビジネスを飛躍的に進化させたからでした。

知識労働者が生産性をあげるための条件にある、「イノべーションを継続して行う」とは、新しい価値を生み出すことで、アウトプットの質を飛躍的に変える、という意味です。

「馬車」の効率を高めることばかりを考えていないか、いまの仕事における「鉄道」は何か、考えてみてください。

ジョゼフ・シュペンター(著) 『経済発展の理論―企業者利潤・資本・信用・利子および景気の回転に関する一研究
――――――――――――――――――――――――――――★


私は、なんとなくこんなイメージで捉えています。

 改善は上り坂のイメージ
 イノベーション(改革・革新)は階段のイメージ

改善というものは、ゴールに向かって少しづつ進んでいくので、ちょうど上り坂を登るみたいに、連続的に変化します。
一方で、イノベーション(改革・革新)は、ある断層がある変化のイメージです。

まあ、私レベルの凡人からすると、階段ではなく3角木馬みたいに、上がったと思ったら即効で下がってしまうので、上に登っているとは限らないですがね。




■目的はなにか?


よく、ビジネス書で「目的を考えなさい」と言われます。

現状を是認すると、「現状に対してどういう変化を与えるのか」というところに議論や思考が終始してしまうのですが、「現状をチャラにして、目的を達成する手段」を考えると、新しいやり方が見えてくるものらしいです。

ただし、現状がある程度うまく行っているときは、その考えが他の人に受け入れられることはありませんので、イノベーションには、こうした考え方と、その考え方を受け入れる周囲の環境みたいなものがあります。どんなに素晴らしいアイディアでも、時期が悪ければ実現することはできません。

このことは『パラダイムの魔力』という本に詳しく書いてありますので、もしよろしければそちらも参考にしてください。




■参考図書 『経済発展の理論―企業者利潤・資本・信用・利子および景気の回転に関する一研究




成熟した資本主義経済の複雑なメカニズムを分析した書物として、本書はケインズの『一般理論』とならぶ古典的な位置を占める。資本主義経済過程を循環―発展の二段階的に把握し、革新・新結合という経済内部の自発的な発展力に着目して、信用・資本・利子・利潤・景気循環などの動態論的問題を統一的に解明する。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

経済発展の理論―企業者利潤・資本・信用・利子および景気の回転に関する一研究
著者 :ジョゼフ・シュペンター
楽天では見つかりませんでした
経済発展の理論―企業者利潤・資本・信用・利子および景気の回転に関する一研究
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 いかにして学び続けるか
 イノベーションとは
 「あとで…」という言葉には利子がつく
 新人、新規派遣、中途採用者に最初に与える仕事

●このテーマの関連図書


経済発展の理論―企業者利潤・資本・信用・利子および景気の回転に関する一…

企業家とは何か

シュンペーター―孤高の経済学者(岩波新書)

いまこそ、ケインズとシュンペーターに学べ―有効需要とイノベーションの経…

資本主義・社会主義・民主主義






■参考図書 『パラダイムの魔力




1980年代、どん底に沈んだ数々の米国企業に新しい理念を吹き込み、復活への精神的支柱となった著者が、しなやかな発想と成功のルールについて解き明かす。人間を、企業を、そして社会を支配するパラダイムの驚くべき力。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

パラダイムの魔力
著者 :ジョエル・バーカー

パラダイムの魔力
検索 :最安値検索
DMMでは見つかりませんでした



●本書を引用した記事
 イノベーションとは
 新人、新規派遣、中途採用者に最初に与える仕事
 パラダイムの魔力
 パラダイムの魔力

●このテーマの関連図書


破天荒!

戦略「脳」を鍛える

巨象も踊る

現場力を鍛える「強い現場」をつくる7つの条件

組織は変われるか――経営トップから始まる「組織開発」

失敗学のすすめ(講談社文庫)






■参考図書 『実践するドラッカー:思考編





立ち読みできます立ち読み可
時間管理、意思決定、目標管理、計画…成果につながる「行動原理」を身につける。ドラッカー教授の教えを「理解する」「使いこなす」「習慣化する」、成果をあげる人のワークブック。巻末綴じ込み付録・1週間の成果がひと目でわかる時間管理シート付き。






◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

実践するドラッカー:思考編
著者 :佐藤等
楽天では見つかりませんでした
実践するドラッカー:思考編
検索 :商品検索する



●関連 Web
 佐藤等 著作図書
 上田惇生 著作図書
 ドラッカー 関連図書
 実践するドラッカー:ダイヤモンド社書籍オンライン
 実践するドラッカー思考編-第2章まとめ

●本書を引用した記事
 仕事をするための知識はなんですか?
 計画を振り返りましたか?
 ドラッカー:ワーク・ライフ・バランスを整える
 イノベーションとは
 好き嫌いで仕事をしてはいけない
 コンセプト化・一般化の効用
 知識とは「何かを変えるもの」
 知識とは「何かを変えるもの」
 自らをマネジメントする
 陳腐化のリスク


●関連図書
 実践するドラッカー:行動編
 実践するドラッカー:チーム編
 実践するドラッカー:事業編
●このテーマの関連図書


実践するドラッカー行動編

実践するドラッカーチーム編

実践するドラッカー事業編

実践するドラッカー利益とは何か

ドラッカー入門新版---未来を見通す力を手にするために

ドラッカーを読んだら会社が変わった!





■同じテーマの記事

コピーを頼まれたら成長するチャンス

「仕事がつまらない」「自分の成長している実感が無い」とくに若い人におおい仕事への不満ですね。私も管理職としてそういう不満を聞く時があります。従業員満足度をあげようということでウチの会社でやっているのが、「従業員満足度向上ミーティング」というやつがありまして、仕事に対して思っていることを上司の上司に直接言うというミーティングで、こういう場で若い人の話を聞くとこういう話がときどき。「そうか。仕事で成長したいんだね。」とかわかっ..

耳で読む読書術:オーディオブックを活用する

今まで知らなかったのですが、「こんな方法がある」ということでご紹介。すばらしい音読の例としては、新潮社から発売されている朗読 CD がおすすめです。幸田弘子さんが朗読する樋口一葉の 『たけくらべ』 や、寺田農さんが朗読する谷崎潤一郎の 『春琴抄』 などを聞いていると、頭の中に意味がすっと入ってきます。そうした正しい読み方を学ぶことが、精読にはとても大事なこ..

合理的に交渉する仕組みを作るための質問

打ち合わせにはいろいろな種類がありますが、一番難しいのは「交渉」ごとです。つまり双方に自分の利益に対する要求があって、それが異なっている場合です。このとき事前に用意しておくといいものがあります。交渉前に用意する5つの事柄交渉の打ち合わせを始める前に、4つの質問に対する答えを書き出しておくと、自分の望んだ結果に近づけることができます。・お互いの共通の目標や利益はなにか?・自分の要求はなぜ妥当なのか?・どこまでな..

言葉を手に入れなさい

「自動車」って何のことか、多分日本人ならわからな人はいないことでしょう。Wikipediaによると、角川の1989年の国語辞典には、「発動機の動力で軌道なしに走る四輪車」と書かれているそうです。もし、この「自動車」という単語を知らなかったらどうなるでしょうか。たとえば、「我が家では自動車を近距離の買い物にしか使わないので、小型の自動車にして、旅行の時には大型の自動車をレンタルすることにしよう」という事を考えた時、自動車という単..

洞察力が問題を解決する3

久しぶりにビジネス書の紹介。「洞察力」「観察力」みたいなものは、スキルとしてあるプロセスで学習すれば身につくというものではありませんね。しかし、それを身につけるまでのプロセスにはいくつかのパターンがあるようです。本日は、洞察力とはどのように発揮されるのか、それを組織としてどのように育てていくのかについて考察した一冊です。長文なので、分割しておお送りしています。本日は第3回目。要約のパート2です。Pert2見えない..

本とともに暮らす

個人的には、最近は紙の本を持ち歩くことは少なくなりましたが、やっぱりこういうことも必要かと思いますので、ご紹介。(81)また、本を自分のものにしたいとき、その本を一定期間持ち歩くというのも使える技術です。どんな本でもいいのですが、たとえば、 『論語』 を自分のものにしようと思ったら、それを月単位で鞄に入れておくのです。そして暇を見ては取り出し、三色ボールペ..






posted by 管理人 at 05:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巨人たちの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。