面接応募書類のポイント:真剣さが伝わりますか?




最近、中途採用で上司(役員ですが)からかなりお叱りを受けたことがありまして、それ以後、中途採用面接をするときには、こんなことを第1に意識するようになりました。

 応募者がどれくらい必死か?

もちろん、その応募者が今後同僚になるわけですから、スキルやコンピテンシーもちゃんと評価しますが、経営者から見ると、それはその技術を持っている人が評価すればいいことで、経営者との2次面接などでは、そういったところではなく、「その人の必死さ」が評価されます。




逆に言うと、1次面接する面接官は、それを見抜けずに1次合格を出せば、自分自身の能力が疑われるわけです。

■企業側の必死さ


たとえ大手企業といえど、先々にわたって安泰とは言えないのが現在の状況。ある日突然赤字転落とかあるわけです。でもいまの日本の法律では、簡単に従業員を解雇はできません。最悪の場合、儲からないのに従業員には給料は出し続けないといけないわけです。

さらに、その人を中途採用した場合、その人はジョブホッパーでもない限り、会社には居続けます。たとえば、その人が20年勤続したとしたら、その人には約2億円を投資しないといけなくなります。
会社としては2億円以上の働きをしてくれないと、今いる従業員で2億円に満たない人を含めて食わせていくことができなくなってしまいます。当然、その会社の設立理念などを実現するための努力以前の努力が必要になってしまいます。
※要は、生き残るためには理念では食えない(従業員を食わせられない)、と。

私の稚拙な文章では伝わらないでしょうけど、経営者にとっては、社員採用というのは死活問題なんですね。

私みたいな中間管理職は、自分の業務が手一杯なので、なんとか人を増やしたい、と常々考えてます。
でそうなると、中途採用の評価点は自然に甘くなります。

 まあ戦力として100を期待していてもゼロでなければプラスにはなる

程度に考えている人(=私)とはちょっと違うところを見ています。
まあ、私は「そこ」をかなりしっかり叱られたわけです。

そこで、応募者も必死にならないと、お互いの必死さが一致しません。

以下の本にそのことが書いてありまして、本日はここをご紹介したいと考えました。




★P37〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●採用側の真剣さにそ心わない書類は NG
中途採用のミスは、小さな会社の経営に少なからずダメージを与えることもめずらしくありません。また大きな会社の場合も、採用担当者の責任問題に発展しがち。

応募書類は、そのような採用現場の空気のなかでチェックされています。

まずは、その気構えや真剣さを真っ向から受け止められる書類かどうか…が重要になるのです。

たとえば修正液による誤字修正や写真の貼り方など、選考評価の本質とは思いにくい、さまつな事柄であっても、それが原因で「手抜き書類による気軽な応募」「不まじめな冷やかし応募」といった印象を与えれば致命傷になります。

これは面接で、 5 分遅刻したり服装や言葉づかいが悪かったりして、第一印象で不採用になるのと同じこと。

落とされる応募書類のうち、かなりの割合のものが、じっくり内容を読まれることなく第一印象で予選落ちクしている……という事実を知っておきましょう。

小島美津子(著) 『採用側の本音を知れば転職の書類選考は9割突破する
――――――――――――――――――――――――――――★


 「あなたの自己推薦文は、本当に必死になって、「一所懸命」命がけで書いてますか?」
 「それが伝わるように書けたでしょうか?」

ということですね。

本書では自己推薦書だけについて書かれてますが、面接でも全く同様。
必死になって合格しようとしている意思が伝わるような工夫が必要です。演技ではなく。

まあ、私程度なら演技で十分、コロッと騙されますが…。




■参考図書 『採用側の本音を知れば転職の書類選考は9割突破する





立ち読みできます立ち読み可
すべての面接質問は、選考上の意図があって聞かれています。

「そんなこと聞いてどうするの?」と思う質問や、
一見すると雑談の延長のような質問にも、実は応募者のことを
確認するための深い意味がこめられているのです。

ですから、質問への応答では、面接担当者が自分の
何を気にしているのか、何を確認しようとしているのかという
意図とねらいを察することが重要になります。

そこがわかると、採用されるための「正しい答え」を見つけやすいからです。
本書では、転職面接における基本情報を一通りカバーしたうえで、
面接で聞かれるさまざまな質問を提示し、その質問で

「採用側が本当に知りたいこと(=本音)」は何かをていねいに

解説しています。

採用側の意図とねらいがわかれば、モデルトークに頼らずに、
効果的な自己PRを行うことが可能。ぜひ、本書を活用して
内定をつかんでください!





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

採用側の本音を知れば転職の書類選考は9割突破する
著者 :小島美津子

採用側の本音を知れば転職の書類選考は9割突破する
検索 :最安値検索

採用側の本音を知れば転職の書類選考は9割突破する
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 転職応募書類の書き方のヒント:減点対象に気をつける1
 転職応募書類の書き方のヒント:減点対象に気をつける2
 中途採用書類:目立つ応募者になる
 読みづらい自己申告書は読まれない
 昇進面接:申告書の書式を変更してはいけない
 中途採用の問い合わせメールの最低限のマナー
 募集要項に完璧に目を通す
 面接応募書類のポイント:真剣さが伝わりますか?
 転職も「選択と集中」
 中途採用:面接書類は応募先が決まる前から書いておく

●このテーマの関連図書


採用側の本音を知れば転職の書類選考は9割突破する

"src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51TdJpUnqIL._AC_UL320_SR228

転職者のための面接トーク術

転職・再就職のための「自己PR文」の書き方

転職面接必勝法

転職面接突破法―10万人が受講した究極メソッド





■関連する記事

年上の部下は信用しても信頼してはいけない?

過去記事でも、「年上の部下」「年下の上司」について色々書きましたが、ちょっとおもしろい考え方が『課長のルール』という本に書いてありましたので共有。できる上司は部下を信頼しない「年上の部下」というのは、上司本人から見ても扱いにくいものではあります。だからといって、それがマネジメントできなければ、上司としての評価が落ちてしまいますので、なんとかしないといけないです。とくに昔のように年功序列がはっきりしていれば、そういうシチ..

中途採用の問い合わせメールの最低限のマナー

中途採用における質問メールのマナーについて、本書『書類選考は9割突破する』では、以下の6つの注意事項が挙げられています。求人企業への連絡は、多忙な時間帯の唐突な電話よりメールのほうが歓迎される傾向がある。日程が差し迫った面接の日時変更依頼など、緊急性のあるもの以外はメールを上手に活用したい。携帯メールは緊急時のみとする携帯電話からのメール送信によい印象を持た..

募集要項に完璧に目を通す

中途採用の面接をしていて、時々「ん?」と思うことがあります。本日ご紹介する本『書類選考は9割突破する』で、そのことが書いてありました。応募書類作成には、相当なエネルギーが必要です。それをムダにしないためにも、ある程度の絞り込みを行ったら、求人広告の記載内容のひとっずつに目を通してください。さらに重要なのは、求人広告の意味を正確に読み解くこと。これは自分に合う会社..

プレイングマネージャーのミッション

一般職から課長に昇進しても、今までやっていた仕事はそのまま、マネージャーの仕事が増えて、パンクしそうになる人が結構います。もちろん、マネージャーの仕事は始めてでしょうから、時間もかかるし手の抜きどころもわかりません。いきおいマネージャーとしての作業に時間を取られることになります。そこに今までどおりの活動も要求されれば、そりゃパンクしますよ。普通は。プレイングマネージャーという人事制度たぶん、これは、「そのように..

転職面接の自己PRは自己分析だけでは不合格

中途採用は即戦力とまではいいません。やっぱり会社ごとの環境や仕事の進め方などには独特のものがありますし、誰に何を頼むといいのかを知らなければ仕事は成果が上がりません。でも、新卒と比べれば、やっぱり戦力としての期待値はかなり高いです。それに対して、新卒並みの自己PRをされるとちょっとガッカリかもしれません。中途採用の自己分析の大前提最近はこういう方は少なくなったような気がしますが、中途採用の面接官をしていると、たま〜に「新卒か?..

管理職の評価のポイント

管理職になるといきなり評価が下がる人がいます。それまでは、仕事の成果としては自分のやったことに対して、成果が出れば評価が高くなります。一方管理職は自分がいくら成果を出しても、高い評価はされません。組織としてどれだけの成果があったかが評価されます。たとえば、部下が3人いたら、自分も合わせて4人分の成果の大きさが評価されます。極論すれば部下がどれだけ能なしで仕事ができなくても、4人分の結果を出したかどうかが、その人の成果です。..



■同じテーマの記事

面接技術:コスト意識

「あなたが前職で担当していたプロジェクトのコスト効果を教えて下さい」中途採用の面接官として面接をした時に、よくする質問のひとつです。同じことは期首目標面談などでも聞くことはあります。文言は違いますが。部下:××を来年をやりたいと思います私:それのコスト効果ってどうなの?部下:………仕事に前向きなのは評価しますが、大学の研究じゃぁないんだから考えようよ…。コスト効果を計算するその人の仕事をするスタンスとして、営利企業に務める以上、絶対に必要なのがやるこ..






posted by 管理人 at 07:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 交渉・会議・面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。