ルールに触れるには覚悟が必要




 「それはルールだからダメだよ」

あなたがなにか新しいことをやろうとして、こういうセリフで抵抗を受けた経験はあるでしょうか?

私は結構あります。




■ルールを疑う


★P172〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●ルールを疑う
新しく目標を立てて進みだしても、できない理由が次々に出てくることがあります。

組織の中にそれを規制するルールがあったり、複雑な稟議があったり、これがあるとプロジェクトは時間切れを起こしたり、骨抜きになってしまいます。大きな組織、歴史のある組織は、こういうことがあるものです。

 これは、大失敗を防ぐ、組織の「防衛本能」です

どこかで誰かがミスや不正をすると、またひとつ事前チェックプロセスが加わります。組織の大きさや歴史の長さがその数を増やすわけです。

しかしこれにかまってばかりいたのでは物事が前に進みません。そこで、ここでは工夫が必要です。私は次のようにしています。

・(ルールがあるなら)それが本当にルールなのかを調べる
 ルールは単なる思いつきや習慣、ローカルルールであることが多いものです。
・ルールには例外があると考える
 「申請資格は主任以上」であれば、「主任」の人の名前を借りる、あるいはそのときだけ「主任相当」にしてもらうなどの例外対策が取れないか考える。
・ゴールに向けた最短距離を描いて走る
 例えば「最終合意者」に最初に合意してもらうなど、ルールにはしたがいつつも、最短ルートを考える。

ただ今後もし、あなたが組織のルールを作ったり運営したりする立場になったら「事前チェツクブロセス」を増やすのではなく、まずは物事を進めてみて間題があれば責任を取るという「結果責任プ口セス」に変えられると、組織の目標達成は早まります。
来るべきその日のためにプランを温めてみてください。

河野英太郎(著) 『たった1%の仕事のコツ
――――――――――――――――――――――――――――★


本書『たった1%の仕事のコツ』のように、ルールは過去にしでかした失敗の反省として作られたものが少なくありません。特に細則のようなもの。

何かをしようとした時に、こういうものにぶつかると結構大変です。本書のように

 「それはダメなルールがあるよ」

と言ってくれた人に、「じゃあ、それが明文化されているものを見せてください」とか「それは必要なルールですか?」などと聞いても、ダメを言った人には理解できてませんし、単なる反撃にしか聞こえませんので、心証を悪くするだけな危険もあります。

だからといって、自分で調べるにしても限界があります(例えば管理職しか閲覧権限がないとか)し、組織には、「暗黙のルール」という厄介なものもあります。




■回避方法を考える


私は以前、開発をしていた関係で、「特許に対抗するコツ」みたいなものが身につきました。要は何か新しいことをやろうとすると、大抵は他社が特許をとっているので、その特許を調べて、それに抵触しないようなやり方で製品を開発する方法です。

これと同じで、人間が考えたルールにはほぼ必ず穴があるのです。

本書にも書いてあるような、

 ・ルールには例外があると考える

というやつに近いですね。

ルールの穴をさがす事自体が、結構労力を使うのですが、やれないよりはマシです。

■ルールを変えようとしない


自分のやりたいことをやるために、ルールを変えようとする人がいます。
これはたいてい失敗するパターン。

とくに、「このルールはおかしい!」と上司に噛みつくのは、ほぼ無駄というか評価が落ちるだけの結果になります。上司に直訴したからといってルールが変わることはありませんし、自分ができないことを問題として持ち込んでくる部下も煙たいだけ。

ルールを変えようとするのではなく、ルールを避ける方法を考えるのが得策みたいです。
経験的に。




■参考図書 『たった1%の仕事のコツ





立ち読みできます立ち読み可
こんなことがありませんか?

 とにかく仕事がたまる/上司によく無視される/命がけでつくった書類を見てもらえない/「言ってることがわからない」と言われる/会議で反対ばかりされる/自分にだけ、メールの返信がこない(遅い)/いつもあら探しされる/いつもあとまわしにされる/いい仕事は全部他人にもっていかれる/やり直しばかりさせられる/まじめにやっているのになぜか報われない……

そんな人は、その「やり方」を見直す必要があるかもしれません。まじめさとパフォーマンスは決して正比例ではありません。悪い意味で「まじめ」すぎると、パフォーマンスは逆に下がるのです。

デキる人とは、このまじめの「力のかけかた」を知っています。

そこにはちょっとしたコツがあります。このコツを知っているか知らないかは、あなたのパフォーマンスをとても大きく左右します。
実は99%の人がしていない、ちょっとした、でも効果絶大な仕事のコツを、本書では紹介していきます。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

たった1%の仕事のコツ
著者 :河野英太郎

たった1%の仕事のコツ
検索 :最安値検索

たった1%の仕事のコツ
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 「とりあえず」は忌み言葉
 議事録は清書してはいけない
 命令か依頼か―リーダーとしてのメンバーとの付き合い
 たった1秒で相手の好感を得るボールペン操作術
 C:\_USR\Personal\BLOG\sarahin\一瞬で相手を落とす!
 C:\_USR\Personal\BLOG\sarahin\一瞬で相手を落とす!
 考える仕事は早めに終わる
 体調の維持管理をする
 目的に立ち返る
 問題・課題・懸念事項

●このテーマの関連図書


99%の人がしていないたった1%のリーダーのコツ

99%の人がしていないたった1%のメンタルのコツ

図解99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

頭がいい人の仕事は何が違うのか?

図解99%の人がしていないたった1%のリーダーのコツ





■同じテーマの記事

経営者の価値観を知る

従業員が1万人を超える会社であろうと、数十人の会社であろうと経営に参画する人に絶対必要な要素があります。それは価値観が経営者と同じことです。多様な価値観を認める会社によっては、グローバルにグループ会社を持って「多様な人材、多様な価値観」を認めるポリシーで運営している会社も少なく無いと思いますが、いくら「多様性」を謳ったとしても、一定の枠があります。それが、「経営者の価値観の許す誤差範囲内」という枠です。たとえば、採用の場面で茶髪に染めてジーンズとTシ..

ルールに触れるには覚悟が必要

「それはルールだからダメだよ」あなたがなにか新しいことをやろうとして、こういうセリフで抵抗を受けた経験はあるでしょうか?私は結構あります。ルールを疑うルールを疑う新しく目標を立てて進みだしても、できない理由が次々に出てくることがあります。組織の中にそれを規制するルールがあったり、複雑な稟議があったり、これがあるとプロジェクトは時間切れを起こしたり、骨抜きになって..

残念な人の仕事の中身2

仕事をする能力は非情に高いのに、上司からなかなか承認されない。あるいは昇進が送れるという人がいます。本日はそういった人へのアドバイスを書いた一冊。色々書き出していたら長文になってしまいましたので、2回に分けてお送りします。今日は後半として、各章のポイントになるアドバイスを抜き書きしたものをお送りします。私の同僚にも本書に当てはまる人がいます。同僚といっても、昇進が遅れているので、すでに職位は随分離れてしまいましたが。本書を読んでいて、「確かにその人のついては、思い当た..

新人のOJTにはノートが効く

新人が配属されて、その教育係に指名されたときに、何をしようと思いますか?多分、会社によりいろいろでしょうけど、自分が一番気に入っているやり方は、ノートを書いてもらって、それをチェックするというやり方。業務指導にはフィードバックが必要通常、製造の仕事は、作業手順を決める人が手順書を作り、その手順書を見せながら、実際に作業者に作業をしてもらって、それをチェックするというやり方をします。つまり、作業方法を決める人が作業..

規則は拡大と類推で解釈してリスクを避ける

会社にはいろいろな規則(ルールやガイドライン)があります。大抵の人は、すべての規則を覚えていません。ここに意外と落とし穴があったりします。規則にはばまれるプロジェクト「これ、やっていいんだろうか?」「をやってみたいけど…」仕事をしていると、個人的には過去にやったことがないようなことをすることがちょくちょくありますが、それに着手してから(あるいは、完成してから)他の人から、「それウチじゃあご法度だよ」と言われることがあります。「もっと早く行ってくれよ」とは思..






posted by 管理人 at 05:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。