面接官として相手の本当のことを聞き出す質問





過去記事で、採用面接や昇進・昇格面接などで、面接官からみた受験者の良かったところなどをちょっとだけ書いてきましたが、本日は面接官をするときの心得みたいなものについて、書いてみたいと思います。

一番重要なのは、「この人と一緒に仕事がしたいか」と自分に問うことなのですが、「じゃあどういう人だったら一緒に働きたいのか」という基準が必要なんですね。




この基準は受験者にいろいろな質問をすることで、相手の本音や本当の性格を引き出すことによって、自分の持っている基準との比較が可能になります。

すごい人なら、仕事中は自分の本音を隠して仕事の役割を演じ続けることもデキるでしょうが、そこまでできた人間というのは多くないので、何らかの拍子に本音や本性が出てしまって職場でトラブルになるとか、「こういう人だ」と思って入社してもらうと全然違っていたとか、私も「外したな…」みたいな経験があります。

そのために、面接官を何度もやっていると結構慎重になるわけです。




■圧迫面接


一つの手段としては圧迫面接のようなスタイルがあります。

だいたい人間というのは感情的になった時に、本性が現れます。面接の場などでは自分を取り繕ってよく見せたいという意識が働くため、なかなか受験者が本音を言うことはありません。

そのツールとしての圧迫面接なのですが、最近は「圧迫面接=ブラック企業」とか、後日の心証などもあって、ウチの会社では受験者を心理的に圧迫するような質問はご法度。

■的を絞った開かれた質問


じゃぁどうするかというと、質問をやたら広く取ることをやります。

 「あなたは自分がどういう人間だと思いますか?」
 「仕事以外で、あなたの生きがいについて話してください」

みたいな質問。

自分のキャリアのことなら、今の人ならそれに対する十分なトレーニングは受けられるし、模範解答も多く示されています。なんだったら、「ある出来事から学んだこと」とかの質問や回答もよくWebで見かけます。こういうことを質問しても、実際自分用にカスタマイズはされていても、優等生の回答しか得られないことが少なくありません。

ところが上のような質問だと案外、教科書みたいなものには載ってないことが多いですし、それを的確に表現する力も必要になります。

こういった力は一朝一夕につくものではなく、分析と努力(トレーニング)が必要です。
もちろん、これは私の採用基準に照らしての質問ですけど。

でも、もし自分がこの質問をされたら返事に窮するだろうな…。

■抽象的な広い意味の言葉


ポイントは、太字にしましたが、「生きがい」「どういう人間」など、その意味付けはなんとでもなるキーワードを使うことです。

そして、その回答から、この言葉をどのように(どのような広さ加減で)受け取っているのか、自分自身をどのように分析しているのか聴き、さらにそこからこの人はどのような判断力を持っているのかを判断するわけです。

もちろん、その回答からどんどん深堀りは必要ですので、これだけで数分の質疑応答になりますが。



■同じテーマの記事

矛盾す複数の問題を一気に解決する「インクルージョン思考」

表題の「インクルージョン思考」というのは、問題がいくつもあって、それらの問題を一気に解決してしまうような、「おぉ、その手があったか!」というアイディアを出すための考え方。ドラマやアニメなどを見ていると、最初の方で色々な問題が次々と発生して、主人公がにっちもさっちもいかない状態に追い込まれることがあります。それを後半に、ある一つのことをやることで一気に解決して大団円、というストーリがよくあります。あのアイディアはどうやって思いつい..

面接質問:なぜ課長になりたいですか?

課長への昇進面接で非常に答えにくい質問の1つに「なぜ課長になりたいですか?」というものがあります。質問者(面接官)としては、その人が、課長という管理職のポジションに付くにあたり、責任と権限をどのくらい覚悟を持って考えているかを聞きたいのですが、意外とハズレな答えをする人が少なくありません。同じように、専門職(一般職)から総合職への職種転換などでも聞きます。「なぜ職種転換がしたいですか?」「なぜ今のポジションではダメなのですか?」課長の責任と権限管理..

面接技術:一言話す

面接官をしていると「この人ちょっと扱いづらい」と思うようなシーンがあります。どういう場合かというと、何か質問をした時に、一言で答える人。たとえば、「最近勉強していることは何ですか?」などと聞いた時に、「マインドマップの勉強をしています」などと答えられるような場合です。後が続かないよく面接技術やプレゼン技術などで、一言で要約して話をするとわかりやすいという事がいわれます。たしかに、だらだらと話しをされるのは聞く側にとっては苦痛でしかありません。まして..

面接官の質問の真意―リーダーシップを問う

「あなたのリーダーシップはどのくらいありますか?」こんな直球な質問はしませんが、採用面接や昇進・昇格面接で面接官が聞きたいことの大きなポイントが、「リーダーシップ」です。これに対して、候補者はいろんな実績を説明して、「この人は採用(昇進・昇格)に値するリーダーシップがある」と判断してもらいたいのですが、これがなかなか難しいです。リーダーの経験がいないとリーダーシップの実績にはならない?特に、派遣の仕事をしていて、..

意思がうまく伝わらない人に足らないもの

よく「話題をひとつに絞る」と良い結果が得られると言われます。話したいことがいくつもあって、それを全部話そうとするとひとつも伝わらない、みたいな。これは経験的にも実感があります。意図を伝えられない普段の会議なんかでも、よく喋ってるけど、言語明瞭意味不明なひとがいます。しばらく聞いていないと、何について話をしているのかがさっぱり見えない。ひどい場合には最後まで何がいいたいのかわからないときも…こういう人は、技術スキルは..

昇進試験グループディスカッション

最近、ウチの会社では中途採用や昇進試験でグループディスカッションを取り入れるようになりました。これが見ていると非常に面白い。普段ディスカッションというと、何かの議題に対して、どのような答えを出すのか、その答えに大多数が賛成してもらえるようにするにはどうすればいいのかという点にばかり注意していましたが、その人の能力を見極めるという意味で、ディスカッションの様子を観察すると、実力の差が歴然とわかります。ディスカッションの方法これが普通の会社でも一般的なのかど..






posted by 管理人 at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。