ものの見方の10パターン07:弁証法・否定弁証法




多くの仕事の中で、自分の能力をフルに使わないといけない仕事は、自分の持っている専門知識を使って「ものごと」を分析して、その分析結果に基づいて次の行動につなげていくという作業なのではないでしょうか。




 「××について検討しなさい」
 「○○について調査しなさい」
 「○○の課題はどのように対応しようと考えるか?」

こんな課題が与えられた時に、上司をうならせる分析手法があります。
私はこれを

 ものの見方の定番

と呼んでます。

このシリーズ(最近多いなぁ)はこれらを一気に紹介します。

本日はその第 7 回目。弁証法・否定弁証法 をご紹介します。


本日は、弁証法と否定弁証法という2つの概念(ものの見方)をご紹介します。




■弁証法


これはヘーゲルを始祖とする論理で、ヘーゲルは『精神現象学』で、意識がより高次なものへと変化していくさまを描いていますし、『法の哲学』でも、権利や共同体が発展していく経過を切り取って論じています。

この根本にある理屈は、

★――――――――――――――――――――――――――
 ある命題(テーゼ)があるときに、対になる命題(アンチテーゼ)が存在し、それをともに生かしつつ共存させることによって、発展した統合命題(ジンテーゼ)が導き出せる
 全てのものは己のうちに矛盾を含んでおり、それによって必然的に己と対立するものを生み出す。生み出したものと生み出されたものは互いに対立しあうが(ここに優劣関係はない)、同時にまさにその対立によって互いに結びついている(相互媒介)。
 最後には二つがアウフヘーベン(止揚,揚棄)される。このアウフヘーベンは「否定の否定」であり、一見すると単なる二重否定すなわち肯定=正のようである。しかしアウフヘーベンにおいては、正のみならず、正に対立していた反もまた保存されているのである。ドイツ語のアウフヘーベンは「捨てる」(否定する)と「持ち上げる」(高める)という、互いに相反する二つの意味をもちあわせている。

 Wikipedia 弁証法
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%81%E8%A8%BC%E6%B3%95
――――――――――――――――――――――――――★


ということです。わかります?
私はいまだによくわかってませんが…。

ただ分かるのは、テーゼに対しては常にアンチテーゼが存在し、この2つはひとつの真理に内包されるものである、ということで、論理的視点の構築には常にアンチテーゼを受容性が必要だということです。
※もうちょっと簡単な言葉で説明できるといいのですが、私の力ではこのあたりが限界。

たとえて言うと、企業活動が健全に成長するためには、競合企業が必要だが、競合企業によってその企業活動を停止させられる(競争に負けて倒産する)ことも起こりうるわけです。つまり、この場合のテーゼは、「競合企業が必要」となり、アンチテーゼは、「競合企業による企業活動の停止」となります。

もうひとつたとえ話というか、小説の話を。

「銀英伝」でラインハルト・フォン・ローエングラムとヤン・ウェンリーが初めて会見した時に、ヤンが、ラインハルトから「臣下にならないか」と誘われて、民主主義のいいところを説明する場面があります。ラインハルトが「君は私に民主主義を説くのかね?」と聞くと、ヤンは「いえ、私はアンチテーゼを示しただけです」という場面があります。
ヤンは「民主主義こそ人類の究極の政体だ」と言っているわけではなく、このような弁証法の理論を使って、あらゆる制度は、あるテーゼとアンチテーゼを含んでいると言いたかったのかもしれませんね。

■否定弁証法(差異)


要は弁証法のところで述べたように、ものごとは2つの側面を持っています。これを分離して考えるべきだというのが、否定弁証法です。
ただ、否定弁証法というと、弁証法がよくわからないのに、さらにその否定というのがもう呪文の世界。

なので、単純に「差異を考える」という言葉にしてます。

相反するA案とB案があって、それぞれにいいところと悪いところがあったら、それを一つにまとめるとなんだかよくわからないC案が出来る、みたいな感じが弁証法で、「そんなC案はよくないでしょう」というのが否定弁証法と考えてます。

差異は差異のまま残しておくのがよくて、矛盾を解消しようとしても(ジンテーゼに達しようとしても達成できない)というのがポイント。

結構日本人には感覚的にわかりやすい理屈で、「そう無理して統一しなくてもいいじゃない」式な流れです。

論理を構成する上では、この差異を際だたせることによって、相互矛盾する命題にひねりを加えた結論(つまり統一しない統一)の論点を作ることができます。
ただ、説明が難しくて、聞く方も難解になりやすく、説得力という点ではよほど弁が立たないと難しいというのが私の個人的経験則。





■参考図書 『精神現象学




本書は、観念論の立場にたって意識から出発し、弁証法によって次々と発展を続けることによって現象の背後にある物自体を認識し、主観と客観が統合された絶対的精神になるまでの過程を段階的に記述したもの。
カントの認識と物自体との不一致という思想を超克し、ドイツ観念論の先行者であるフィヒテ、シェリングも批判した上で、ヘーゲル独自の理論を打ち立てた初めての著書である。難解をもって知られ、多くの哲学者に影響を与えた名著。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

精神現象学
著者 :G.W.F. ヘーゲル
楽天では見つかりませんでした
精神現象学
検索 :商品検索する



●関連 Web
 ヘーゲル 『精神現象学』 における疎外論と物象化論 (1)
 ヘーゲル『精神現象学』 「T 感覚的確信」について - YouTube
 ヘーゲル「精神現象学」の要約

●本書を引用した記事
 嫌なことがあった時には、難解な本を読む
 ものの見方の10パターン07:弁証法・否定弁証法
 古典・名著のすすめ2―解説本の使い方


●関連図書
 ヘーゲル「精神現象学」入門
 超解読! はじめてのヘーゲル『精神現象学
 純粋理性批判
●このテーマの関連図書


ヘ-ゲル『
精神現象学』入門(講談社選書メチエ)

新しいヘーゲル(講談社現代新書)

超解読!はじめてのヘーゲル『
精神現象学』(講談社現代新書)

歴史哲学講義(上)(岩波文庫)

歴史哲学講義〈下〉(岩波文庫)

完全解読ヘーゲル『
精神現象学』(講談社選書メチエ)





■関連する記事

わかりやすいメールのコツ2

「今後の取り組みのお伺い」お世話になります。現在うちのグループでは、ある顧客から提案をする機会をいただいており、実際にどのように取り組むかは決まっていない状況ですが、ある程度早いうちに具体的なものを提案したいと考えており、様々な可能性を検討しています。案件的には、多くの担当者が関わり複雑で、しかも高いスキルを要求されることが考えられ、かなり大規模で、難しいプロジェクトになると思われます。本件につきまし..

課題は5W2Hで分解する

仕事をしていると、いろんな問題にぶつかったり、上から大変な課題が降りてくることがあります。たとえば、「なかなか営業成績が上がらない」や「上司に認められる提案が出せない」とか。上司として部下にいろんな課題を出すのですが、まったく行動が起きない人がいます。私の仕事で言えば、「ユーザからの要望対応状況がわかるシステム」を要求した時に、1ヶ月してもなんの変化もない人。だいたいこういう人は、言われたことや自分が直面..

部下力のみがき方3:キーメッセージ

結構久しぶりですが、ビジネス書をご紹介します。図書名称:上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方著者:新名史典いかにもサラリーマンに向けの本なので、読んだことがある方も見えるかも。私のブログでも時々引用させて頂いています。とくにポイントだと思うのは上司が仕事のボトルネックという点。仕事の効率を挙げるためには、上司をうまく巻き込んで行くことが重要。その点を「上司を上手に使う」と著者は表現しています。..

部下力のみがき方2:要約

結構久しぶりですが、ビジネス書をご紹介します。図書名称:上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方著者:新名史典いかにもサラリーマンに向けの本なので、読んだことがある方も見えるかも。私のブログでも時々引用させて頂いています。とくにポイントだと思うのは上司が仕事のボトルネックという点。仕事の効率を挙げるためには、上司をうまく巻き込んで行くことが重要。その点を「上司を上手に使う」と著者は表現しています。..

報連相の手段―上司を捕まえる

「ちゃんと報告をしろ!」「報連相がなってない!」よく上司に言われるセリフですね。「そんなこと言われたって、あんた席にもいないし、メールにも反応しないじゃん…」といいたいところですが、上司はあくまでも上司なので「すみません…」ということになります。※ツワモノは、「メール出しましたよ!」と反応するのでしょうが…。報連相の7パターンいわゆる「報連相」やコミュニケーションの手段は、今でしたらだいたい以下の様なパターンがあります..

流れを見る3つの視点

以前の記事「9つの目の交渉術」の記事で、1.蟻の目ミクロの視点2.鳥の目マクロの視点3.魚の目フローの視点という3つの視点に基づく視野を持つことで、ものごと正確に見ることができる、というお話を書きました。本日は、「魚の眼フローの視点」を持つための思考方法をもうちょっと詳しく考えてみたいと思います。前後関係フローの視点というのは、ある出来事を時系列の中で捉えることです。たとえば、今日部長にえらく怒鳴られた。なんてことがあった時に、そりゃ失敗..



■同じテーマの記事

部下力のみがき方1:部下力のみがき方

結構久しぶりですが、ビジネス書をご紹介します。図書名称:上司を上手に使って仕事を効率化する『上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方』著者:新名史典いかにもサラリーマンに向けの本なので、読んだことがある方も見えるかも。私のブログでも時々引用させて頂いています。とくにポイントだと思うのは上司が仕事のボトルネックという点。仕事の効率を挙げるためには、上司をうまく巻き込んで行くことが重要。その点を「上司..




posted by 管理人 at 09:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。