ものの見方の10パターン04:時間と空間




多くの仕事の中で、自分の能力をフルに使わないといけない仕事は、自分の持っている専門知識を使って「ものごと」を分析して、その分析結果に基づいて次の行動につなげていくという作業なのではないでしょうか。

 「××について検討しなさい」
 「○○について調査しなさい」
 「○○の課題はどのように対応しようと考えるか?」

こんな課題が与えられた時に、上司をうならせる分析手法があります。
私はこれを

 ものの見方の定番

と呼んでます。

このシリーズ(最近多いなぁ)はこれらを一気に紹介します。

本日はその第 4 回目。時間と空間 をご紹介します。


よくある質問で「いつ、どこで」ということで、時間軸、空間軸の中でものごとを認識する(位置づける)事ができます。

これは哲学だけではなく、あらゆることを論じる上でのフレームワークみたいなものですね。
以前のシゴトTipsで「蟻の目、鳥の目、魚の目」というフレームワークを紹介したのですが、それがこの概念をちょっとだけイメージしやすい言葉にしたものです。

■時間

ものごとを認識する上で、この「時間」を正しく認識することが、ものごとそのものを認識することにつながるのは、私ごときがどうこういうまでもないですね。

時間の概念でもう一つ重要なのは「心理的時間」です。
まぁ簡単に言ってしまえば、物理的な時間と人間が感じる時間の長さには違いがあります。

ある「もの」を見て、それをどのように考えるのかの切り口として、「時間」という切り口は、「物理的時間」「心理的時間」の2つがあることに注意が必要です。

 私たちが認識する時間が意味をもつのは、自分にとって物事の順序をはっきりさせることができるからである。
 私たちは自分自身が行為したり、あるいは身の回りで何かが起こるとき、過ぎ去ったこと、いま現に起こっていること、これから起こりうることの三つに区別する傾向がある。

という時間概念があります。

これもものごとを認識するための重要な「ものさし」のひとつです。
 
ただ、時間も空間も、互いに依存するかたちで人間の感性を構築しますが、両者は同じものではありません。
時間は自己直観を与える形式、すなわち内官の形式であって、外官の形式である空間とは区別されます。

ちょっと難解なのですが、いわば時間は自分の内部で生じる物事の認識を整理する際に使われるのに対し、空間は自分の外で起こっている物事の認識を整理する際に使われるというふうに理解しています。
それゆえ、人間の内面の行為である認識という作業にとっては、時間のほうが空間より原理的な意味をもっているともいえます。

■空間

次に空間について。

空間とは、表象と表象の間の関係(人の認識した複数のものの位置関係)によって規定される、事物同士の相対的な秩序にすぎないそうです。
関係性としての空間概念とでもいいましようか。

つまり、「空間」とは、絶対的なものではなく、「あるもの」と「別のもの」の距離またはそれぞれの所属する空間の距離として認識されるんですね。

簡単な例で言えば、「国道1号線の混雑はひどいが、隣接する県道3号線はそれほどでもない」といった概念です。

これがどのように仕事に応用できるかというと、「問題がどういう空間で起こったのか」という点を見ることで、問題が起きたことに対する立体的な意味を表すことができるようになります。ここには物理概念と空間概念があります。

たとえば、最近海底火山が噴火して、島が出来ましたよね。

 http://www.asahi.com/articles/ASGCF5RPFGCFULBJ017.html

にニュースが載ってますが、説明で

 海上保安庁によると、新しくできた島の部分は今年10月16日時点で1・85平方キロ、発見当時の0・01平方キロから185倍になった。元の西之島の部分と合わせた島全体の面積は東京ドームの約40倍にあたる1・89平方キロで、噴火前の8・6倍という。

と書かれています。

この1.89平方キロというのが物理概念ですが、「東京ドームの約40倍」という空間概念が使われています。こっちのほうがわかりやすいのは、人間には「抽象的な空間認識」があるからだそうです。

■時間と空間

この2つの概念は、ものごとの全体像を捉えるのに最も原始的な手段です。

ただ両者の違いは、時間が順番に生じるものであるのに対し、空間とは同時に存在するものだという点でしよう。

したがって、同じモノサシでも性質が異なる以上、両方をうまく組み合わせて物事を考える必要があります。
時間だけでも不充分だし、空間だけでも不充分なのです。時間と空間の組み合わせによってはじめて、異なる事象が特定できるのです。



■関連する記事

課題は5W2Hで分解する

仕事をしていると、いろんな問題にぶつかったり、上から大変な課題が降りてくることがあります。たとえば、「なかなか営業成績が上がらない」や「上司に認められる提案が出せない」とか。上司として部下にいろんな課題を出すのですが、まったく行動が起きない人がいます。私の仕事で言えば、「ユーザからの要望対応状況がわかるシステム」を要求した時に、1ヶ月してもなんの変化もない人。だいたいこういう人は、言われたことや自分が直面..

部下力のみがき方2:要約

結構久しぶりですが、ビジネス書をご紹介します。図書名称:上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方著者:新名史典いかにもサラリーマンに向けの本なので、読んだことがある方も見えるかも。私のブログでも時々引用させて頂いています。とくにポイントだと思うのは上司が仕事のボトルネックという点。仕事の効率を挙げるためには、上司をうまく巻き込んで行くことが重要。その点を「上司を上手に使う」と著者は表現しています。..

報連相の手段―上司を捕まえる

「ちゃんと報告をしろ!」「報連相がなってない!」よく上司に言われるセリフですね。「そんなこと言われたって、あんた席にもいないし、メールにも反応しないじゃん…」といいたいところですが、上司はあくまでも上司なので「すみません…」ということになります。※ツワモノは、「メール出しましたよ!」と反応するのでしょうが…。報連相の7パターンいわゆる「報連相」やコミュニケーションの手段は、今でしたらだいたい以下の様なパターンがあります..

神様が決めてくれる

「あれをやるべきか、やらざるべきか。それが問題だ」なんて悩むことはありませんか?やる・やらない問題よく自己啓発書などにもあるように、やってみないとわからないことって多いですよね。でも、いざやろうとすると、もし「失敗したら」「うまく行かなかったら」と不安になったり、「でも難しいしなぁ」と後ろ向きになったりします。私の場合、最近悩んだのがNexus7の購入。「買っただけの効果が出せるんだろうか?」「もし無駄になったら2万円は痛いよなぁ」「きっとすぐに新しいモデル..

次の一手を考える

新年度になってもうすぐ二ヶ月ですね。六分の1が過ぎたことになります。会社でのことにしろ、会社外のことにしろ、今年の目標の進捗具合はいかがでしょうか?ちょうどキリがいいので、そろそろ進捗状況を整理してみてはいかがでしょうか?私は毎月第一土曜日は、今年やりたかったことの進捗状況をチェックして、次の一ヶ月のアクションを決める日にしてます。家にいるとつい、他のいらないことを考えてしまうので、朝から図書館の自習室に行ったり、出勤する人が少ない時には、会社に行ったりしてます。今週..

上司から歩み寄らないと本当の情報は入ってこない

このブログは主に一般職に向けて書いていますが、今年管理職に昇進された方も見て見えるかもしれませんので、本日は管理職向けのヒントをイッパツ。本当の情報管理職になると、だんだんナマの情報に触れることが少なくなります。現場情報は部下を通じて取得することになります。また、部下の個人的な情報についても同じです。彼氏・彼女ができた。引っ越ししたみたいな情報も、実際入りにくくなります。私は、..

プレイングマネージャーのミッション

一般職から課長に昇進しても、今までやっていた仕事はそのまま、マネージャーの仕事が増えて、パンクしそうになる人が結構います。もちろん、マネージャーの仕事は始めてでしょうから、時間もかかるし手の抜きどころもわかりません。いきおいマネージャーとしての作業に時間を取られることになります。そこに今までどおりの活動も要求されれば、そりゃパンクしますよ。普通は。プレイングマネージャーという人事制度たぶん、これは、「そのように人事制度が設計さ..

学習する組織:マネジメントを学ぶよりも「話す」ことが効果がある

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:ピーター・M・センゲ本日のお言葉:マネジメントを学ぶよりも「話す」ことが効果があるお言葉の出典:『学習する組織』会社がより多く儲かるためには、マネジメント体系をしっかり作り上げることが必要です。それによって、社員一人ひとりの力を特定の方向に集約し、ひとりでは出せない大きな成果を出せるようになります。一言で「マネジメント」と言っても非常に膨大な事柄や、そのひとつひとつの構..

問題発見力養成講座:階層を意識してレバレッジポイントを見つける2

過去記事ものの見方の10パターン01:ものの見方の10パターンで書いたように、同じものを見ていても、その見る人によって異なるものが見えるわけです。さらに、これらの10パターンに深さ方向の概念を持つと、課題解決に結びつきます。ものの見方の4階層深さ方向は、これと言って切れ目があるわけではありませんが、便宜的に名前がついてます。・パターン・構造・メンタルモデルの3つでした(詳細は前回記事参照)。深さ方向があるたとえば、以..

問題発見力養成講座:階層を意識してレバレッジポイントを見つける1

たとえば、現場を社長が見回るといろいろな現場の人間では気づかなかった指摘点がでる、ということがあります。過去記事ものの見方の10パターン01:ものの見方の10パターンで書いたように、同じものを見ていても、その見る人によって異なるものが見えるわけです。もちろん、人間の「見るための神経系」には違いはありませんから、物理的には違いがありません。見えたものからなにを読み取るかが違うわけです。ものの見方の4階層このものの見方の10パタ..

学習する組織:「学習する組織」に最終目的地や最終的な状態はない

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:ピーター・M・センゲ本日のお言葉:「学習する組織」に最終目的地や最終的な状態はないお言葉の出典:『学習する組織』「学習する組織」とは何か?に先立って、本書『学習する組織』で著者ピーター・M・センゲが強調しているのが、この言葉です。学習する組織を築くうえで、最終目的地や最終的な状態はない。終生旅が続くのみである。「この取り組..



■同じテーマの記事

部下力のみがき方1:部下力のみがき方

結構久しぶりですが、ビジネス書をご紹介します。図書名称:上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方著者:新名史典いかにもサラリーマンに向けの本なので、読んだことがある方も見えるかも。私のブログでも時々引用させて頂いています。とくにポイントだと思うのは上司が仕事のボトルネックという点。仕事の効率を挙げるためには、上司をうまく巻き込んで行くことが重要。..



posted by 管理人 at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。