転職志望動機の3つの順番




■3つの志望動機

よく転職の志望動機や、将来を考えるときに

 ・やりたいこと
 ・できること
 ・やること(期待されていること)

の3つを考えなさいと言われます。

この中で、転職面接などでは「やりたいこと」を強調する人が多いのですが、私の経験として、これはどんなに強調しても評価を上げることはまずありません。

■意思で成果が出せれば誰も苦労しない

もしあなたが転職を考えているのであれば、「前向きな気持」はあって当然ですよね。
でもそれを頑張ってアピールしても(少なくとも私には)評価対象になりません。
当然、「別にどんな仕事でもいいですけど…」みたいに言われたら減点対象にはなるでしょうけど、加点対象にはしにくいんですよね。
※私がこのブログで時々「やる気は無い」と表明していますが、あれをまともに評価者に言えば、誤解も含めて評価は下がります。当然。

例を出すと、仕事をするときに「頑張ります」と言う新人に重要な仕事を任せますか?

仕事を成し遂げるのは技術であって、意思ではないからです。

もちろん、やろうという意思がないことには始まりませんが、100メートルを9秒で走ろうという意志があっても、実際に9秒で走れるわけがありません。
「最初から諦めるのか」という問題はあるものの、「諦めなければ何でもできる」と思うほど若くはありませんし…。

■「できること」をアピールする

この中で、何が一番重要かというと、「できること」だと思ってます。

この会社に入って、「何ができるのか」をアピールすることです。
面接で私が合格を出すのは、このアピールに納得できる説明をした人だけです。

当然、「未来において何ができるか」なんてだれも保証できないので、過去にできたことをいうことになるのですが、それは未来に期待を抱かせる話でないといけないわけです。

それが、「できる技術」なわけ。これを今風の言葉にすると「コンピテンシー」と言うわけですね。

仕事をするにおいて、いろいろな課題があります。
それをどのように考えて、その考えをどう具体化するのか。それはどのようなプロセスにおいてなのか。

これが言えれば、その他は付け足しで十分だと考えます(必要ないとはいいませんが)。

■重要度の順番

つまり、転職面接において、評価される重要度の順番は

 1.できること
 2.やること
 3.やりたいこと

です。

上記では説明しませんでしたが、「やること」とは、自分の「できること」をその会社においてどのように発揮するかという、会社や業種、業務への理解度を示すことになります。したがって、これも「やりたいこと」と同様、「理解が正しいか否か」を評価する減点式評価の対象です。加点式評価にはなりません。

転職面接の戦略を考えるときには、まずは、あなたの「できること」を優先してアピールするようなストーリーを考えてください。

あとは、それとの整合が取れるように残りの2つを考えれば十分です。

■関連する記事

わかりましたか?

「わかりましたか?」と聞いてはいけない上司やリーダーから何かの指示を受けたり、逆に後輩に指示をしたりした時に、「わかった?」「わかりましたか?」などとつい聞いてしまいますが、この質問は質問になってません。相手がどのように理解したのかを確認せずに、相手が理解したつもりになったかどうかだけを確認しているからです。大事なのは、こちらの意図がちゃんと伝わったかどうかを質問することです。復唱をしてもらう具体的にやることを指示したのであれば、「今行ったことを復唱してみて..

転職志望動機の3つの順番

3つの志望動機よく転職の志望動機や、将来を考えるときに・やりたいこと・できること・やること(期待されていること)の3つを考えなさいと言われます。この中で、転職面接などでは「やりたいこと」を強調する人が多いのですが、私の経験として、これはどんなに強調しても評価を上げることはまずありません。意思で成果が出せれば誰も苦労しないもしあなたが転職を考えているのであれば、「前向きな気持」はあって当然ですよね。でもそれを..



■同じテーマの記事

通勤どこでも仕事術:出張・旅行のホテルに会員登録する

海外でやったことはありませんが、国内の場合は、使用する交通機関やホテルに無料会員の制度があれば、ほぼかならず登録しています。無料会員のメリット会社によっていろいろですが、無料会員のメリットは・複数回使用することでポイントが貯まる・ちょっとだけ良いサービスが受けられる・予約時に優先予約ができるなどです。会社で会員登録しているような指定ホテルの場合はどうしようもありませんが、そうでなければ自分の名前で登録すると、あとあといろ..

できるかどうか試してみる

このサラヒン〜サラリーマンの仕事のヒントを始めてから早いもので5年が経ちました。途中、若干の紆余曲折がありましたが、かれこれ1200超の記事を書きました。やってみれば大したことはない最初は、ブログにしてもメルマガにしても、「まあ1ヶ月も続かないだろ」と思ってました。それほど、仕事のコツなんてたくさん思いついたわけでもなかったですし。ところが書き始めてみると、仕事を早くするのコツみたいなものにいろいろ気が付きました。記事にするという目標もあって、かなりの本を読めました..

1週間は18日ある

1週間は18日あるいきなり出だしから、??なタイトルですね。ただ、私はこう考えることにしています。土曜日はそれで1日→1日日曜日は2つに分ける→2日平日は3つに分ける→3×5=15日これで合計18日。1時間の長さ自体は変わりませんが、大きなブロックとして24時間というブロックは考えないようにしてます。ブロックは大きく3種類・仕事の時間・移動の時間・私事の時間日曜日は2つに分ける私の場合、基本的に日曜日の夕方からは予定を入れていなく..

リンクリストを活用する

私は「リスト」をいろいろ作ります。リストのいいところは、なんでもかんでも一覧で見えてしまうこと。たとえば、何か買い物に行くのであれば、メモ帳に「買うものリスト」を作ってますし、OneDriveには「ほしいものリスト」、Outlookには、「タスクリスト」や「ToDoリスト」「やらないことリスト」などなど。本日はこのリストの中でちょっと変わり種。リンクリストのご紹介リンクリストリンクリストは、単体でリストとして存在しているわけで..

複数案件のメールには部分回答をする

メールはマナーとして「1メール1件」みたいに言われることがあります。私は個人的にはそうしていたつもりだったのですが、あとで見てみると複数の質問をしているような場合もありました。ただ、質問は、ひとつの案件について、複数個質問があったり、複数の提案を返したりするような場合です。これについて、メールの特性から面白い解説がありましたので、ちょっと共有。メールは手紙チャツトであって「私信」では..

スマホのデータを整理整頓する方法

スマホやPCのデータって、放っておくとどんどん増えていって、そのうち何がどこにあるのかわからなくなっちゃいます。私は基本的には、1箇所に集めて検索ツールを使うという方法で管理していますが、それでもアプリが勝手に自分ごのみのフォルダに放り込んでくれたりして、気がついたら勝手にバカ食いしてくれてたとかいうことが時々。データ整理の時間を作る毎日ではありませんが、通勤時にちょっとだけ手持ち無沙汰な瞬間があります。データの整理整頓はこの..

夏休みの計画は卓上カレンダーに任せる

夏休みなどの長期休暇中に、いろいろな勉強をしてみたいと思っている人はは多いのではないでしょうか。「夏休みの計画」などというと小中学生時代を思い出しますね。夏休みの時間割を作って、それにしたがって勉強しようとしたけど、遊びに行ったりしてしまって、結局2学期直前に慌てて宿題だけを仕上げるとか。毎度毎度のことでした。卓上カレンダー過去記事カレンダー活用術会議室カレンダー2ヶ月カレンダーでもご紹介してますが、私は PC で実現するカレンダーも使いますが、自分が普段いる..

未来の自分への命令書には背景・理由と行動指示を書きなさい

私の仕事術の中で大きなターニングポイントがありました。GTDを勉強したことでした。記憶はボケる、から回るGTDというのは、最初に今気になっていることを全て書き出しなさいという作業から始まります。講師の方によると、大抵の人はここでつまづくそうです。ようするに一歩目からつまづいて、先に進めないから何が良くなるのかさっぱりわからない、と。しかし、私にとっては驚きの経験でした。たくさん、抱えきれないほどの仕事があると思っていたのに、100個出ないんです。それどころか20..

ブックマークを管理する

IEだと「お気に入り」という名前ですが、他のWebブラウザだと「ブックマーク」。これを効率的に管理すると、仕事で必要な情報にわりと簡単にアクセスできるようになります。整理しない、検索するうまい管理のコツは、過去記事整理しないで検索するで書いたように、分類をしようとしないことです。「分類」という方法は確かにヒットすれば、非常に簡単に行き着くことができる方法なので有効ですが、分類の名称をキチンと決めておかないと、正しく処理できません。ですので、私は、ほとんどの情報の管..



posted by 管理人 at 05:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。