主張する前に相手の主張を聞く





「相手の話をよく聞きなさい」みたいなことをコミュニケーション講座ではよく言われますが、これは、相手が何を聞きたがっているのか、相手の真意を組むという意味で重要だからです。しかし、わたしは別の意味で、重要だと思っています。

たとえば、

 「あなたの部門の○○さんについて、どう思いますか?」

こういう質問をされたことは少なからずあると思います。




「どう思うか?」というのはいわゆるオープンクエスチョンで、自分の思うところを聞き出そうとする質問なのですが、この質問の対応には注意が必要。

■相手はあなたの発言を自分のフィルタを通して聞いている


たとえば、「今度の新任の課長、彼ってどう思う?」とあなたが聞かれた時、

 「もうちょっと、結論をはっきり言ってくれるといいと思うよ」

と発言したとすると、その新任課長に反発する意識を持っている人なら、

 「お、お前も課長反対派か?」

と思われるかもしれませんし、ゴマすり派なら、

 「こいつは反抗分子だ」

と取られるかもしれません。

しかし、はっきり否定しなかったことを持って、「中途半端なヤツ」と取られる場合もあるでしょうし、反対派から見ると「〜といいよ」というところだけを聞いて、「こいつは課長賛成派か」とも判断できます。

ようは、どの様な発言をしようと、相手の都合のいいようにとられる危険があるということです。

しかしながら、正面切って聞かれた以上、あまり曖昧にしておくのも得策ではありません。「煮え切らない」と余計な反感を持たれるのも考えものです。




■探りを入れる


私は、こういうちょっと人間関係に関わるような質問をされた時には、「相手がそれについてどう思っているか」を先に聞き出すようにしています。

たとえば、「ん〜。課長って言えば、前こんなことがあったよね〜」と客観的な事実をあげます。
そうすると、相手はそれについて論評をしてくるので、相手がどのような意図をもってその質問を指摘たのかが何となくわかります。

会議などで立場をはっきりさせないのは、多くの場合いい方向には働きませんが、普通の会話の場合は逆に悪い方向に働く場合が少なくありません(経験値)。

自分だけかもしれませんが、個人的な会話だと、割りと過激な方向に行っちゃう場合があるので、なるべく自分の立ち位置ははっきりさせないようにしています。相手の立ち位置を聞いて、相手が自分に何を求めているのかを確認しつつ話を進めるように注意してます。

そのためには、自分から確定的なことは話さないことと、相手により多くをしゃべらせることがコツです。
自分からは事実だけを提示すれば、言質を取られることはありませんので。

■相手の主張を確認してから自分の主張を聞く


最初に述べたように、中途半端な意見は、どうとでも取れます。つまり、相手が何を求めているのかを判断してから、自分の立場を明らかにするかどうかの判断をし、その判断に基づいて、相手に対する意見表明をすることで、ヘタに揚げ足を取られることが少なくなります。

まずは、相手の主張は何なのか、相手の意見はどのようなものなのかをよく聞きましょう。
その上で、自分がどのような立場を表明するのか、あるいは表明しないのかを判断すると間違いがすくなくなります。
当然、相手によって表明する立場を変えてしまう、ということも必要です。

 「部長! 自分もかねがねそう思っていたんですよ」

とか

 「部長! それは気づきませんでした。なるほど!」

というのもひとつの処世術。



■同じテーマの記事

主張する前に相手の主張を聞く

「相手の話をよく聞きなさい」みたいなことをコミュニケーション講座ではよく言われますが、これは、相手が何を聞きたがっているのか、相手の真意を組むという意味で重要だからです。しかし、わたしは別の意味で、重要だと思っています。たとえば、「あなたの部門のさんについて、どう思いますか?」こういう質問をされたことは少なからずあると思います。「どう思うか?」というのはいわゆるオープンクエスチョンで、自分の思うところを聞き出そうとする質問なのですが、この質問の対応には注意が必要..

数値評価のワナ

日本でMBO(Management by objectives;目標による管理)が導入されてからずいぶんになります。でも、その結果日本の企業の業績が良くなったかというと、どうもそうではないように見えます。まぁ、イチサラリーマンが、MBOの仕組みについてどうこう言うつもりはありませんが。数値評価にはワナがあるあるとき私はクライアントの依頼で、急に膨れ上がっ..

議論には「身、事の外に在りて」で対応する

中国の古典で「菜根譚」という本にこんな一説がありますP・個人の利害を度外視せよ議論するときには、第三者の立場に身をおいて、十分に利害得失を検討してかからなければならない。実行するときには、当事者として、個人の利害得失を度外視してかからなければならない。------------------議事者、身在事外、宜悉利害之情、任事者、身居事中、当忘利害之慮----------------..

すり減らない働き方1

本日は、時間術に関して、著名な本を批評した時間術の本のご紹介。「すり減らない」働き方 (青春新書INTELLIGENCE)コメント忙しい毎日に疲れていたり、それについていけない自分を責めたり、極端な会社批判に走ったり……。現代社会で、働くということは、物理的にも精神的にも忙しいものになっています。気づけば、誰もが身も心もすり減る働き方をしているのです。本書では、普通の会社員が、身も心もす..

面接のキラーフレーズ

今日は特に、一般職で昇進したいと思っている方、中途採用面接に臨もうと思っている方に読んで欲しい内容。管理職になると、部下を評価することはもちろんやりますが、他の部署の人の昇進の可否を決定する面接をすることがあります。昇進面接私の会社では、部下を昇進・昇級させるのには3段階あります。・直属上司が昇進の推薦をすること・部門長が昇進の推薦を承認すること・人事部および別部門の責任者がその人物がその急にふさわしいかどうかを判断することです。一般職は総合職とオフィス職に分..






posted by 管理人 at 06:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 交渉・会議・面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。