マーキングインボックス法1




小説などで、本にマークする人は少ないと思いますが、ビジネス書や学術書、参考書などには書き込みをする人は結構いるのではないかと思います。
この書き込み作業って、あとでどんな役に立っているでしょうか?

この書き込みを本書『ソーシャル時代のハイブリッド読書術』では「マーキング・インボックス法」と読んでいるそうです。
格好いい名前なので、ご紹介します。




★P115〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●マーキングインボックスを実践する
 読了後の行動のために必要なこと
「読んで終わり」の状態から脱却するには、何かしらの「行動」が必要です。自分の手を動かして、知識や情報を頭に人れる作業を行うわけです。一般的には「読書ノート」作りと呼ばれるような行動がそれです。こうした作業は効率性の面からいって、読書中に行うのは避けた方がよいでしよう。
それには 2 つ理由があります。第一に、読書のスピードが著しく落ちること。本を読む、ノートを開き、書き出す。再び本を取り上げ読書に戻る、という切り替えには時間がかかります。また、意識の切り替えによる集中力の低下も起こりやすくなります。 1 冊の本を研究的に分析するのならばともかく、知識を得るための読書にそこまで手を掛ける必要はないでしょう。
 :
●マーキングインボックス法
こうした事態を避けるために、「マーキングインボックス法」を使います。大げさな名前を付けましたが、やることは難しくありません。

「マーキングインボックス法」は、読書中、重要と思える部分に線を引き、読了後にそれらをまとめるという方法です。ちなみにインボックスは「受信箱」という意味です。読書中に印を付けることで、仮想的な受信箱にその情報を放り込むようなイメージを持ってもらうとわかりやすいかもしれません。その情報の受け取り手は、本を読み終えた後の自分です。

読了後の自分は、過去の自分から送られきた情報の中から、本当に必要だと思うものを読書ノートにまとめるだけで済みます。
読書中の自分はとにかくそのときに重要だと思う部分に線を引いていき、少し先の未来の自分(そのときは一通り内容を読み終えている)がそれらの情報をふるいにかけ、読了後の行動に繋げていくという一人2役の流れです。

●線を入れながら読む
では、実際にどのようにマーキングしていけばよいのでしようか?最も簡単なものは、「この部分は重要だ」と思った部分に線を引くことです。

重要度に差があるならば、二重線や波線を使うこともできます。ただ、読書中に感じる重要度は、読了後とは違っていることが多いので、あまり細かくこだわる必要はないでしよう。

重要と思える部分の文章が長い場合は、大きくくるマーキングでも充分です。要は、後から見返したときに、自分が重要だと思った箇所がわかればよいわけです。

また、「この単語は覚えたい」や「この部分が理解できない」という部分にもマーキングを入れておくとよいでしょう。

これも読了後の行動に役立ちます。このマーキングは、重要な部分の線とは分けておきましょう。単語ならば直接、丸で囲んだり、理解できない部分は頭にクエツションマークや星印を付けたりする方法があります。読了後にはこの目印を頼りにして、さまざまな行動を取っていくことになります。

その具体的な方法については CHAPTER.4 で詳しく紹介することにして、知識を仕入れるための読書について別の視点からも考えてみましょう。

倉下忠憲(著) 『ソーシャル時代のハイブリッド読書術
――――――――――――――――――――――――――――★


私は初期の頃は、本に書き込みをしてました。赤のボールペンで。
ところが、あることに気がついたのですよ。

それは、書き込みを見なおすことがないこと。

もちろん、マークを付けること自体に意味が無いわけではなく、やらないよりやった方がいいです。
それ自体が、再読の機会にもなりますし、該当の部分は印象にも残るので、記憶する可能性もあります。

ただ、問題があるのですよね。

 1.本を開いたままペンが取り出せない
 2.立ったままでは(あとで読めるレベルに)字がかけない
 3.書き込みを読み返せない
 4.借りてきた本には書き込めない
 1.本を開いたままペンが取り出せない
 2.立ったままでは(あとで読めるレベルに)字がかけない
 3.書き込みを読み返せない
 4.借りてきた本には書き込めない

の3つ。

じゃあ、どうするのか?

このそれぞれの問題点について、次回、考えてみたいと思います。








■参考図書 『ソーシャル時代のハイブリッド読書術




ハイブリッド読書術とは、"デジタル"と"アナログ"、"リアル書店"と"ネット書店"、"速読"と"熟読"、"ひとり"と"みんな"など、性質の異なる手法を組み合わせて1つの目的を達成する読書法のことです。「本を選ぶ」「本を読む」「読了後の行動」の3つの領域で、ハイブリッドな手法を紹介しています。本書の目的は、そのハイブリッド読書術を使って、現代の情報環境にあった「情報を扱う力」(これを本書では「自軸」と呼ぶ)を身に付けることです。また、ブログに書評記事を書くコツや読書ノートをEvernoteにまとめる方法などについても解説しています。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

ソーシャル時代のハイブリッド読書術
著者 :倉下忠憲
楽天では見つかりませんでした
ソーシャル時代のハイブリッド読書術
検索 :商品検索する



●関連 Web
 R-Style「ソーシャル時代のハイブリッド読書術」
 新刊告知 「ソーシャル時代のハイブリッド読書術」 | シゴタノ!

●本書を引用した記事
 言葉を手に入れなさい
 糸井重里氏、他4人の手帳術「賢人の手帳術」
 本とともに暮らす
 耳で読む読書術:オーディオブックを活用する
 音読すると理解できる
 予測読書
 Gmailの表示を早くする
 本を書き写す
 本屋に行くなら、図書館に行った方がいい
 読書の作業ステップ

●このテーマの関連図書


EVERNOTE「超」知的生産術

知的生産の技術(岩波新書)

アウトライナー実践入門~「書く・考える・生活する」創造的アウトライン・プロセッシングの技術~

EVERNOTE「超」仕事術

クラウド時代のハイブリッド手帳術

ズボラな僕がEvernoteで情報の片付け達人になった理由





■関連する記事

保存食は保存していないと価値がある

いざというときに使うつもりのものはありますか?それは使える状態になっているでしょうか?予備の品・緊急用品よく失敗するのは、予備として買っておいたものをしまっておいて、さて使おうとおもった時にどこにしまったかわからないとか、予備を置いておいた事自体を忘れて新しい物を買ってしまうことがちょくちょく。自宅で、インクジェットプリンタを使っているのですが、先日もインクが切れてあわてて次のものを買ったのですが、片付けようとしたら昨年買った予備インクを発見、アマゾンで購入..

マーキングインボックス法2

小説などで、本にマークする人は少ないと思いますが、ビジネス書や学術書、参考書などには書き込みをする人は結構いるのではないかと思います。この書き込み作業って、あとでどんな役に立っているでしょうか?この書き込みを本書『ソーシャル時代のハイブリッド読書術』では「マーキング・インボックス法」と読んでいるそうです。このマーキングインボックス法の問題点について、前回1.本を開いたままペンが取り出せない2.立ったままでは(あとで読..

マーキングインボックス法1

小説などで、本にマークする人は少ないと思いますが、ビジネス書や学術書、参考書などには書き込みをする人は結構いるのではないかと思います。この書き込み作業って、あとでどんな役に立っているでしょうか?この書き込みを本書『ソーシャル時代のハイブリッド読書術』では「マーキング・インボックス法」と読んでいるそうです。格好いい名前なので、ご紹介します。マーキングインボ..

ソーシャル時代のハイブリッド読書術

書名:ソーシャル時代のハイブリッド読書術著者:倉下忠憲出版社:Webハイブリッド読書術 | Facebookハイブリッド読書術とは、"デジタル"と"アナログ"、"リアル書店"と"ネット書店"、"速読"と"熟読"、"ひとり"と"みんな"など、性質の異なる手法を組み合わせて1つの目的を達成する読書法のことです。「本を選ぶ」「本を読む」「読了後の行動」の3つの領域で、ハイブリッドな手法を紹介しています。本書の目的は、そのハイブリッド読書術を使って、現代の情報環..

具体的に妄想すると考えられる

読書は妄想しなさい本を読んでいて、パラパラとページをめくっているときがあり、突然何分も特定のページで停止している時があります。本のある文章を読んで、突然思考が本から離れてしまって、今の自分の置かれた状況に当てはめてみたり、ある単語について考え始めてしまうときがあるからです。そうなると、視線は本の上に注がれてますが、目に写っているものは、本ではなくて妄想の世界の出来事になってしまいます。前者の「今の自分の置かれた状況」に飛んでい..



■同じテーマの記事

言葉を手に入れなさい

「自動車」って何のことか、多分日本人ならわからな人はいないことでしょう。Wikipediaによると、角川の1989年の国語辞典には、「発動機の動力で軌道なしに走る四輪車」と書かれているそうです。もし、この「自動車」という単語を知らなかったらどうなるでしょうか。たとえば、「我が家では自動車を近距離の買い物にしか使わないので、小型の自動車にして、旅行の時には大型の自動車をレンタルすることにしよう」という事を考えた時、自動車という単..




posted by 管理人 at 09:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。