ドラッカー:成功とはなにか




ドラッカーは成功について著書『プロフェッショナルの条件』の「人生をマネジメントする」という章でで以下のように述べています。
長文ですが引用します。




★P213〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●第二の人生をどうするか
しかし、知識労働者には、いつになっても終わりがない。文句は言ってもいつまでも働きたい。

とはいえ、30 のときには心躍った仕事も、50 ともなれば退属する。したがって、第二の人生を設計することが必要になる。

●第二の人生を設計する方法
この問題の解決には、三の方法はつの方法が助けとなる。

第一の方法は、マックス・フランクのように、文字どおり第二の人生をもつことである。単に組織を変わることであってもよい。

仕事がうまくいっているにもかかわらず、第二の人生を始める人が増えている。地死の病院の経理部長になった事業部の経理部長のように、能力は十分にある、仕事の仕方も心得ている、子供は独立した。地元のコミュニティで仕事がしたい。何が歯科の収入はほしい。何よりも新しいことに挑戦したい。

第二の方法は、パラレル・キャリア(第二の仕事)、すなわち、本業にありながらもう一つの別の世界ををもつことである。

20年、25年続け、つまくいっている仕事はそのまま続ける。週に 40 時間、50時間を割く。
あるいは、あえてパートタイムとなったり、コンサルタント的な契約社員になる。

しかし、もうひとつの世界をパラレル・キャリアとして持つ。多くの場合、NPOで働く。週10時間といったところである。

第三の方法は、ソーシャル・アントレプレナー(篤志家)になることである。
これは企業人、医師、コンサルタント、大学教授として成功した人に多い。

仕事は好きだが、もはや心躍るほどのものではない。そこで、仕事は続けるが、それに割く時間は減らしていく。そして新しい仕事、特に非営利の仕事を始める。

もちろん、誰もが第二の人生をもてるわけではない。

まだ、今日していることをそのまま続けている人たち、あるいは似たことを繰り返しつつ、退屈しきって定年の日を待っ入のほうが多い。

しかし、労働可能年限すなわち労働寿命の伸長を、自らと、社会にとっての機会として捉えることによって、これからの時代においてモデルとなるべきは、数の少ないほうの人たちである。彼らこそ、成功物語として位置づけるべきである。
 :
 :
知識労働者にとって、第二の人生をもつことが重要であることには、もうっ理由がある。

誰でも、仕事や人生において挫折することがありうるからである。

昇進しそこねた 42 歳の有能なエンジニアがいる。大きな大学へ移ることが絶望的になった 42 歳の立派な大学教授がいる。離婚や、子供に死なれるなどの不幸もある。

逆境のとき、単なる趣味を越えた第二の人生、第二の仕事が大きな意味をもつ。
 :
 :
知識社会では、成功が当然のこととされる。だが、全員が成功することはありえない。
失敗しないことがせいぜいである。

成功する人がいれば、失敗する人がいる。

そこで、一人ひとりの人間及びその家族にとっては、何かに貢献し、意味あることを行い、ひとかどになることが、決定的に重要な意味をもつ。

第二の人生、パラレル・キャリア、篤志家としての仕事をもつことは、社会においてリーダー的な役割を果たし、敬意を払われ、成功の機会をもつということである。

P.F.ドラッカー(著) 『プロフェッショナルの条件
――――――――――――――――――――――――――――★


多くの会社では、従業員の副業を禁止しています。
ですので、ドラッカーの言うパラレル・キャリア(第二の収入源)をつくろうと思うと、ちょっとした税金関係の工夫が必要になります。
あるいは、NPOでボランティアとして働くかです。

東日本大震災以降、ボランティアというものがいろいろ活用可能だということが社会的に認知されつつあります。
こうした後片付けみたいな肉体労働ではなく、その人の持っている知識や経験を活かしたボランティア活動というのは、ドラッカーのいう第二の人生にどうつながるのかはわかりませんが、有用だと考えるようになりました。

個人的経験ですが、NPOで働くというのは、会社ではない組織で、会社で培った能力を発揮する機会が得られます。これは貴重な経験になりますし、人脈という意味でも有用なものが出来る場合がありますので、一度くらいは経験してみることをオススメします。

繰り返しですが、これがドラッカーの言うパラレル・キャリアになるのかどうかはわかりません。たんなる道草になるかもしれませんが、これも人生の種まきかもしれないと思えれば、チャンスを作ってやってみるといいと思います。








■参考図書 『プロフェッショナルの条件




どうすれば一流の仕事ができるか。ドラッカーの教える知的生産性向上と自己実現の秘けつ
本書は,ドラッカーの膨大な著作の中から,我々一人ひとりがどう成果をあげ,貢献し,自己実現を図っていくかについて述べた部分を抜き出して1冊の本にまとめたものである。
本書には「はじめて読むドラッカー」という副題もついている。そのとおりこれからドラッカーを読み始めたいという読者にはうってつけの本である。本書は11の著作・論文から選りすぐった論集であるだけに,企業・社会に対するドラッカー一流の深い洞察が随所に顔を出しており,ドラッカー理論のエッセンスに触れることができる。巻末には出典著作の解説が出ているので,興味を引かれた本から読み始めることをお勧めしたい。

本書の最も優れているところは,ドラッカー自身がどう学び,どう成長してきたかを語る「私の人生を変えた七つの経験」である。現代の巨人が自ら語る成功の秘けつは,まさに「プロフェッショナルの条件」そのものといってよい
原書名は『THE ESSENTIAL DRUCKER ON INDIVIDUALS: TO PERFORM, TO CONTRIBUTE AND TO ACHIEVE』。現代マネジメント思想の巨人、ドラッカーを初めて読む人のために、これまでの著作10点、論文1点からエッセンスを抜き出し、ドラッカー自身が加筆・削除・修正した必携本である






◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

プロフェッショナルの条件
著者 :P.F.ドラッカー

プロフェッショナルの条件
検索 :最安値検索

プロフェッショナルの条件
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 少しだけの成功を積み重ねる
 業界の専門家に見えるようにする
 新しいシステムには一番協力してほしい人の名前を入れる
 人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい
 海外出張に行くときは、その国の言葉で挨拶をしなさい
 人を理解するなら修飾語に注目する
 ButはBad
 同じ土俵で勝負する
 昇進面接質問のブレークダウン
 貢献をしない

●このテーマの関連図書


マネジメント[エッセンシャル版]-基本と原則

チェンジ・リーダーの条件―みずから変化をつくりだせ!(はじめて読むドラッ…

よくわかる販売士検定3級リテールマーケティングPart2

イノベーターの条件―社会の絆をいかに創造するか(はじめて読むドラッカ…

テクノロジストの条件(はじめて読むドラッカー(技術編))

ドラッカー名著集1経営者の条件





■関連する記事

人との調整の時間を確保する

スケジュールを作るときに、つい忘れてしまうことがあります。「調整の時間」です。仕事は、作業と打ち合わせと調整私の会社の場合、アウトルックでスケジュールを管理しています。大体1週間のうち、定例の会議が1割位。これはこの先もずっと抑えられているスケジュールなので、あまり考えることもなく決まってしまいます。そのスキマにはいるのが、色々なイベントの打ち合わせ。「×××についてちょっと打ち合わせさせてください」とかいうのが、前の週から徐々に入ってきて、月曜日には..

時間の浪費を見つける方法

どう頑張っても1日は24時間しかありません。生産性という意味で時間あたりの生産性を変えることはできますが、物理的な時間を伸ばすことはできません。時間あたりの生産性を改善するために、過去記事でもいろいろなハックをご紹介しましたが、トータルでみると、生産性改善よりもムダに捨てている時間を有効な時間に使うほうが効果があります。単純に言えば、睡眠の時間を削って仕事ややりたいことに当てれば、1日の生産量は向上します。ただし、長続きしないで..

難しい文章を書くときにはノートに書く

普段、文章を書く時にどうやって書いてますか?・いきなりパソコンに向かって打ち込み始める・マインドマップなどの思考ツールに書くことを整理する・書くべきことやテーマをノートに書き出すいろいろなやり方があると思います。これは、その人の文章力や、書くことに対する知識の深さなどいろいろ条件があります。臨機応変結論から言ってしまうと、状況により臨機応変、というのがよいようです。比較的簡単な文章たとえば、メールの返信など、書くテーマひとつで単純明快、言い回しに..

「PCが遅い」にはタスクマネージャーが効く

「PCがなんだか遅いなあ」と感じたときがありませんか?そんなときには、とりあえず、CTRL+SHIFT+ESC キーをパッと押してみると原因にたどり着けることが多いです。タスクマネージャーWindows で CTRL+SHIFT+ESC (CTRLキーとSHIFTキーを押しながら ESC キーを押す)と立ち上がるのはタスクマネージャー。ただし、PC がもっさりしているときには、すぐにはウインドウが表示されないかもしれません。そんなときには別の手段CTR..

会議におけるファシリテーターの役割とは

会議において議長となるひと(会議を主導する人)は当然必須なのですが、ここ10年くらい重要視されるようになったのが、「ファシリテーター」という立場の人。この人がいるといないのとでは、会議の進み具合がかなり違うということで、どこの会社も「ファシリテーション」などという教育プロセスを持つようになったみたいです。ファシリテーターがファシリテーションするのに必要な3つの視点をご紹介します。ファシリテーターの3つの視点本書『レ..

期末面談の自己申告を請求書にしてみる

毎年、1年間の業務成果を上司に報告して、上司から業務評価をもらいますよね。いわゆる期末面談。私としてはサラリーマンの最大のイベントだと思っているのですが、どうもぞんざいに扱う人が多いような印象を持ってます。「今やっている仕事が忙しいから」と、当日になって、「エイッ」って書き込んで、誤字脱字のまま提出してくる人もいたりする…。今やっているプロジェクトや仕事は当然大切なのですが、その結果自身で給料が決まっているわけではなく、期末面談で書かれた上司の評価で給料が決まっている..



■同じテーマの記事

ドラッカー:成功とはなにか

ドラッカーは成功について著書『プロフェッショナルの条件』の「人生をマネジメントする」という章でで以下のように述べています。長文ですが引用します。第二の人生をどうするかしかし、知識労働者には、いつになっても終わりがない。文句は言ってもいつまでも働きたい。とはいえ、30 のときには心躍った仕事も、50 ともなれば退属する。したがって、第二の人生を設計することが必要になる..




posted by 管理人 at 16:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巨人たちの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。