コーチングを使うのは相手しだい3:理論編―人の成長の3ステップ



「きみならどうしたいと思う?」
「きみは、次にどうする?」

最近良く聞くようになったセリフですね。

管理職になったり、管理職直前の人に対して、人事教育の一環として

 コーチング研修

をする会社が増えましたし、ビジネス書などにもよく出てきます。

でも過信は禁物です。というか、これを万能のツールかのように考えるのは危険です。

■コーチングは使ってはいけない


前回の記事で、コーチングではダメな人の対応方法について、

 1.答えを選択肢にして示す
 2.行動を命令する

という方法について書きました。

対応方法でレベルをまとめると

 A.コーチングで指導する
 B.方針を選択肢として示して行動を考えさせる
 C.行動自体を指示する

という3段階の方法です。

ちょっと刺激的に「コーチングを使ってはいけない」と書きましたが、相手のレベルによって使う指導方法を変えないといけない、ということです。

他の記事でも書きましたが、誰にでも、どんなシチュエーションでもうまくいくたった一つの方法というものはありません。

後輩や部下の指導でも、ここでは説明の便宜上3段階に分けましたが、これも階段上に変わるものではなく、無限にあるパターンを都合でグルーピングしただけです。

■人の成長過程


人があるスキルを伸ばしていく過程というのは、紆余曲折があります。
下の図のように、何段階もレベルはあるのですが、簡単にまとめると3段階。

コーチングを使うのは相手しだい3:理論編―人の成長の3ステップ.jpg

 第1段階: 能力がない状態
 第2段階: 能力が中程度の状態
 第3段階: 高い能力を持っている状態

この図では、さらに、「意欲」という軸を加えて、意欲が高い、中程度、低いの組み合わせで、9段階で考えています。


詳細な説明はまた後日にしたいと思いますが、今回は、能力だけに着目して3段階で説明します。

要するに

 第1段階の人には、対応 C
 第2段階の人には、対応 B
 第3段階の人には、対応 A
 
をするわけです。

対応Aを何度もやっていると、徐々に経験が蓄積されて、第2段階に進みます(時々進まない人もいますが)。そうしたら、対応Bをするようにしていけばいいわけで、いきなり、対応Cをしても第1、2段階の人には無理なわけです。

非常に単純なたとえですが、小学生に大学入試の問題を解けと言われても無理です。
まずは中学に行き、高校で勉強してから、大学の試験を受けさせましょう。

●注記●
この図は、『無敵のリーダーシップ』という本に書いてあった図を下敷きにしてます。
本書は、私が勝手にリーダーシップのバイブルだと時々推薦していますが、非常によく出来たバランスの良い本だと思います。
●注記終わり●

■当たり前を意識する


と、理論的背景を説明すると、「そんなの当たり前じゃん」と思えるかもしれませんが、自分の経験だと、「指導者(リーダーや上司)自身の能力で、部下や後輩・メンバーの実力を云々する」ひとが結構いるのですよ。

漢字検定1級を持っている人からみたら、「薔薇」ってかけて当たり前かもしれませんが、フツーはかけませんよ。少なくとも私は書けません。
PCが不安定なら、とりあえずデバイスマネージャやシステムログのエラーログをチェックするのが(私からすれば)当然ですが、存在すら知らない人も少なくないですよね?

自分にとっては当たり前にできることも、自分も含め、知らない状態から徐々にステップアップして来たのです。
知らない人には、まず「知る」ということから初めないとできるようにはなりません。


posted by 管理人 at 09:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 組織マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。