やり直しなしで一発OKをもらう方法




上司やリーダーの判断を仰ぐために、資料を作って相談に行くと、「こんな資料じゃぁよくわからん。作りなおせ!」と言われることが過去少なくありませんでした。

で、何が足らないのかわからないので、そのことを正直に聞くと「もっと幅広く検討しろ」「他の方法もあるだろう」みたいに抽象的な指示しか返ってこなくて、困り果てる。その結果何を考えていいかわからずに時間だけ経過してしまって、上司から「あの件はどうなってるんだ。はやくしろ!」と請求される、こんな経験ありませんでしょうか。




自分が上司という立場になってみると、こう言いたくなる理由がよくわかりました。

 何が足らないのかわからないけど、何かが足らない
 部下の持ってきた方向性が、自分の}野生のカン}と異なる

このいずれかです。

そりゃぁまあ、具体的な指示もしようがないわな。




■上司はわかっているが、わかっていない


ちょうど、この本『上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方』にその理由が書いてあり、「そうだよね〜」と感心してしまいました。

★P61〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

上司が判断する際の晴報提供、すなわちアシストをすることで決済が早くなることをお話ししましたが、 上司自身も何の晴報が不足しているのか、ということは案外わかっていません。

ただ、何となく不足していることは感覚でわかります。そのため、その足りない部分を考える時間をかせぐために、「やり直し」「出直 L 」を命じることはあります。明確に不足している情報を指摘できないため、「検討が甘い」とか「別の案ももう少し検討せよ」などという抽象的な言葉で濁して指示をします。

何が望まれているかがわからないため、部ドは推測したり、周りの入にアドバイスを求めながら進めていきます。そして、ある程度まとまった段階で、もう一度に相談に行くのですが、ここで成功する確率は決して高くはありません。なぜなら、求めたほう(上司)も不明確で、対応したほう(部下)も不明確な状態で突き合わせるのですから、再提出した情報や資羽が的を射ている確率が高いわけがありません。ということで、ここでも結論を得ることができず、再度迷路に人り込むことになります。この時問が、非常にもったいないわけです。
 :
 :
また上司自身も、自分が何を欲しているのかがよくわからないけれど、持ってきてもりった資料が的を射でないことはわかる。しかし、それを明確に指摘できないため、資料の精度の低さやわかりにくさということに、問題をすり替にてしまっているのです。

新名史典(著) 『上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方
――――――――――――――――――――――――――――★


うん。そうそう。

最近も、あるプロジェクトを任せていたら、いろいろな技術課題があって、うまく進んでないので、「今後の対応策を検討して報告するように」と指示しました。

もってきた対応案は、プロジェクトの本来の目標に対してマイナスの要因をもたらすようなものばかり。
で、「アカン!」と突き返すのですが、「じゃぁ自分だったらどうするか」という答えがあるわけでもありません(当然ながら、その技術課題をクリアするのは相当難しいのは理解してます)。

こうして堂々巡りが始まるんだなぁ…、と考えてしまった次第です。

■設問に答えるのではなく、設問を相談する


それでベストの答えが出るわけではありませんが、今回の問題の場合、上司として部下には本書にあるような行動を期待してました。

★P63〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

やり直しのない、あるいは最低限のやり直しですむようにするにはどうすればいいのか。そのためには、精度の低い段階で、あえで上司に「ヒアリング」に行くのです。
ただし、これはあくまでも「ヒアリング」です。「判断」を求めようとすると、「こんなまとまりのない資料ではわからない。きちんと整理してもう一度持ゥてさてくれ」と言われてしまいます。
 :
そして、一緒に問題を考える姿勢になるため、何が不足しているのか、どんな情報が求められているのか、をじっくりと考える態勢ができます。
 :
すると、一緒に考えたことだし、明確な指示を出したという自覚が上司白身にもあるため、当然「判断」も早くなります。

部下からすれば、「判断」を仰ぎに行くときも、「ご意見やアドバイス」を求めに行くときも、それほど違いはないように思たるかもしれません。
しかし、この両者のニュアンスは、大きく異なります。早い段階、粗い段階で、あ凡て意見やアドバイスをもらうという形を作り、方向性を見定めてから精度の高い情報や資料を作成することで、上司白身の意見も明確になり、判断も早くなるのです。

そして、何よりもありがたいのが、部下にとっては準備や対応の時間に無駄がなくなり、やり直しがなくなるといフことです。この、「やり直しなしの一発 OK」が実現できるように、ぜひ意見やアドバイスを上手に求めるようにしてください。

新名史典(著) 『上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方
――――――――――――――――――――――――――――★


つまるところ、その他のメンバーとの技術課題の検討の場に、その上司を呼んでしまって、一緒に検討をすればいいわけです。
ただし、上司としては、「あまりメンバーの検討すべき技術のところに口を出すのはよくない」と思っていたり、検討会に参加する時間がない場合もあるので、個別に相談した上で、メンバーと検討し、その結果をまた上司と相談する、というようなやり方をした方がいい場合もあります。

いずれの方法にせよ、本書のように「検討レベルで上司が入っている」ということになれば、もう上司はその経緯やら判断条件やらの必要なモノは揃っていることになるので、「最終的にこうしたいと思います」と一言言えば、「そうか、分かった」と言わざるをえない状況になっているわけです。

さらにそうなれば、上司の上司からなにか言われたとしても、上司自身が検討しているので、その場で対応してくれます。
もし上司が検討に参加していなければ、「部長から××の問題があると指摘されたので、もう一度検討しろ」とちゃぶ台返しをされることも少なくなります(なくなるとは言いませんが)。




■参考図書 『上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方





立ち読みできます立ち読み可
常に「上司の考え」を予測しながら動く能力、それが「部下力」。
この「部下力」を身につけることで、上司を上手に動かすことができるようになり、あなたの仕事も効率的に回っていく!

上司は、仕事ができる部下が可愛く思えても、可愛いから仕事を任せるわけではない。また、仕事は一人で進めるものではなく、上司の決裁がないと進まないものがたくさんある。
そこで本書は、一所懸命に実務をこなしていても、なかなか上司に認められない、仕事を任せてもらえない、または、仕事がスムーズに進められないという部下が身につけたい「部下力」を丁寧に解説!






◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方
著者 :新名史典

上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方
検索 :最安値検索

上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 優先順位を正確に意識する
 部下力のみがき方4:キーメッセージ2
 バカな上司の下でも成長できる仕事術2
 論理が飛躍すると理解不能になる
 部下力のみがき方1:部下力のみがき方
 新しいシステムには一番協力してほしい人の名前を入れる
 上司にお願いする作業は分解してから渡す
 人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい
 上司にもアポイントメントを取る
 バカな上司の下でも成長できる仕事術1

●このテーマの関連図書


あなたが上司から求められているシンプルな50のこと

どんなにバカな上司の下でも成長できる仕事術

ザ・フォロワーシップ―上司を動かす賢い部下の教科書

ザ・チームワーク―良質なチームワークを築く24の方法

顧客に必ず“Yes"と言わせるプレゼン(DOBOOKS)

部下がきちんと動くリーダーの伝え方(アスカビジネス)





■同じテーマの記事

成長を加速する報告書の技術

まだ駆け出しの頃、上司によく「出来事をぼんやり見るな!」と怒られました。自分としてはぼんやり見ているつもりはなかったので、ちょっと「ムッ」としたりしたのですが、今思うと汗顔の至りですね。せっかく学習の機会があるのに、その機会を「ぼんやり」見過ごしている事が多いんですよ。意外と。多分ですが、同じ年月生きてきたにもかかわらず、成長速度やその達成度が異なるのは、この「ぼんやり度」が違うからなような気がします。観察するに..

識者を探す

上司と部下の大きな違いのひとつに、「人間関係の力」というのがあると思います。ある部門や課を任されていると、当然他の部門や課の業務の折衝に代表として参加することになるので、どの部門にどういう人がいて、どういう力関係や知識を持っているかがある程度わかるようになります。一方部下はというと、自分の参加しているプロジェクトに関係しているメンバーのことであればわかりますが、その人が所属する部門の中でどの程度専門知識を持っているのかは比較対象が無いためにわかりません。この違いのため..

読書管理

あなたは興味のある分野の本をどうやって探しているでしょうか?よくビジネス書に書いてあるのは、「本屋さんをウロウロする」という方法です。これは、本屋さんで、興味のある分野のコーナーに行って、気になったタイトルの本をとりあえず手にとって見る、という方法で、確かに私も10年くらい前まではよくやってました。ところがだんだん行かなくなっちゃったんですね。まず、本屋さんに行っている時間がなくなったのが第1の原因です。休日は、1週間の振り返りをしたり、読んだ本の感想文を書いたり、家..

嫌なことは、「もし気分がよかったら」で切り替える

ストレスに対処する方法として「ポジティブシンキング」が挙げられますが、考え方というのは、そうそう簡単には変わりません。別のアプローチで受ける印象を変える方法を紹介します。思考を変えずに状態を変えるそこで一つの方法として「もし、自分がもっと心地よい状態にあったとしたら、どう感じるだろうか」と考えてみます。ポジティブ・シンキングをするのではなく、「過去に自分が心地よい状態であ..

業務改革の教科書2

あなたがもし、何かのプロジェクトのリーダーをやっていたり、組織を率いる管理職なのであれば、この本は絶対に読んでおいて欲しい本です。私は、この本の目次をマインドマップに書き出して、時々見返しています。管理職やリーダーに要求されることは、すごく簡単に言ってしまえば、組織力を使って会社に直接貢献できる成果を出すことです。そして、組織を改革して、常に効率を改善し続けることです。本書は、社内の結構大きな業務改革をするときに、必要なことが過不足なくリストアップされていますので..

「自分も賛成です」で終わらせない

「この人、できる」と思わせるコツのひとつに、「知識があると思わせる」「鋭い指摘をする」という方法があります。これに使う知識や見識は別記事で時々書いているように、読書や上司の視点で考えるなどのトレーニングで身についていきますが、どんなにトレーニングをしようとそれを使わなければあるかどうかはわからないんですね。使わなければ、「無能だ」と思われてしまいます。社会人になると、学生時代の実力試験のような評価するための確認がなくなるので、「知識がある」とか「知識がない..






posted by 管理人 at 05:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロセスマネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。