道筋を記録するコンピテンシー養成法





どこかに旅行に行った時の写真などを友人などから見せてもらうことがありますよね。

私は実はこういう写真でいつも気になることがあります。

見晴らしのいい風景の写真はあるのですが、それがどんなところだったのかの写真がない、ということです。



たとえば、富士山に登ったとして、富士山から見た雲海の写真はあるのですが、写真を取った場所にどうやって行ったのかの写真がないんですよ。
「桜の花がとてもきれいな並木道だった」というのに、桜の写真しかなくて、その並木道はどんなところにあるのかが分かるような写真を取ってない。

■成果を記録しても再利用はできない


仕事でもそうなのですが、

 製品の××を組み立てる工数を 20% 削減した

という成果は立派なものです。それは賞賛されるべきものなのですが、5年後に「5年前と同じように、製品の○○の工数削減をしてくれ」と言われて、同じ成果が出せるかというと、まずありません。

成果自体は一過性のもので、成果を出すプロセスがその人の能力だからです。
採用面接や昇進昇格面接などで問われる「コンピテンシー」とはこういうものですね。

つまり、「どのような結果が出たのか」はその時点では重要ですが、「どうやって成果に結びつけたか」が今後は必要なことです。

未来において利用できるのは、過去の成果ではなく、過去のプロセスです。





■道筋を記録しなさい


だから、どういう道筋で富士山に登ったのか、どいう出来事があって、どうやったのかを記録していないと、仕事では「成果の再現ができない」事になってしまいます。

「桜の花が綺麗な並木道」なら、そこに行くルートや、交通の混雑状況、迂回方法を記録しておくと、「来年また来よう」と思った時に、またイチからドライブルートや出発時間の検討をしないといけなくなりますが、これが記録されていれば、来年は当日思い立ったとしても、十分に検討されたルートで行くことができるようになって、最初よりもスムーズに行くことができるようになります。

もちろん、今年はお弁当を忘れたのであれば、来年はお弁当を忘れないように用意しておくこともできて、来年はもっと楽しい旅行になるでしょう。

毎年、上司に成果として報告するのは、全体のプロセスのほんの一部と結果だけです。
これは記録としては大して意味をなしません。

その成果を出すために、毎日、

 ・なぜ
 ・どういう行動を取ったのか
 ・その結果は効果があったのか
 ・何に気がついたか

を記録し続けないと、同じ失敗を繰り返したり、毎回迷いながら仕事をしたりするはめになります。
結果として、成果の再現ができない、あるいは効率の悪い仕事をすることになるわけです。

年々、いや、日々成長するためには、

 ・記録をして
 ・振り返り
 ・記憶をする

ことが重要で、その第一歩が記録をすることなんです。

■風景も撮るけどまわりも撮る


もし、どこかに出かけたら、記録に残したいと思った風景は、その風景だけではなく、そこに行く道筋や一緒に行った人、道に迷った所なども一緒に記録しておきませんか。

仕事をしたら、「なぜ」「どうやって」結果を出したかも残しておきましょう。
もし可能なら、1年後に見返しているであろう自分に対するアドバイスなんかも、書いておくと1年後に先生付きで仕事ができるかも知れません。



■同じテーマの記事

環境を構築する2

仕事のツールとして、一番良く使うのはPCでしょうかね?多くの人がPCで、メールをやり取りしたり、プレゼン資料を作ったり、データを整理したり、契約書を作ったりと何らかの形でPC操作が仕事をする上で必要になっているのではないでしょうか。昔(といっても10年〜20年)は、PCがまったく操作できない。メールも書けないので、他の人にそれを頼んでやってもらうという上司も居ましたが、さすがに今時そんな人は居なさそうですね。ツールを改善する道具である以上、使いやすくして..

会議室カレンダー

以前の記事でノートに貼るカレンダーについて書きました。2ヶ月カレンダー本日はその共有版。会議で決まったことが実行されないよく、会議術などで、会議で決まったアクションをちゃんと実行してもらう方法について書かれています。多くのパターンは・実行するアクションを本人に言ってもらう・アクションが実行されたかどうかをチェックスル責任者と決める・タスクリストを共有して、その場でタスクリストに書き込むなどです。私の会社でも色々やってみましたが、どれもうまくい..

記号で会話

議事録を作ったり、日誌に誰かとの会話を記録するような場合、公式の議事録にはこんなふうに書かれます××さん:あれはこうで、これはあれという意味ですか?さん:いいえ、それはナニです。みたいに。誰かと話をして、それを記録するような場合も、これに倣ったほうが記録として誰の発言かわかりやすいです。ただ、いちいちこれを書いていると、時間がかかって、肝心の話を書き漏らしてしまいます。そこで、有効なのが、その人の記号を決めてしまうこと。テキストエディタで行頭文字..

問題認識の手法2―可視化する

本日は問題解決の手法の第2回をお送りします。可視化とはよく製造現場で使われる言葉に「見える化」という言葉があります。デジタル大辞泉によると1 「可視化1」に同じ。「大気の流れをする」2 (特に企業活動で)業務の流れを映像・グラフ・図表・数値化によってだれにも分かるように表すこと。問..

メモの寿命は12時間

だれかと話をする時メモをしてますか?そのメモを見返してますか?メモの目的メモをする目的というのは、忘れないようにするためですね。でもそのメモ自体を紛失してしまえば、「確かメモったんだけどなぁ…」ということになりかねません。本記事では、メモとノートは別物としつこく書いてます。メモは、ちょっとひらめいたことや人と打合せをした時に記憶しておかなければならないことのキーになる単語を走り書きするためのものです。以前紹介した高速メモの技術のように、省略や記号化をし..

あなたはなぜチェックリストを使わないのか

仕事の出来栄えが、よかったり悪かったり、ばらつきが大きいと感じたことはありませんか。特に仕事を始めてから10年未満の方にはぜひ読んでほしい1冊の紹介。あなたは1日のうち、どれくらいの比率で、まったくやったことのない仕事をしますか?ほとんどの方は、ほぼゼロだと思います。つまり、あなたの仕事は、あなた自身が過去にやったことがあり、それの焼き直しである場合がほとんどなのです。それが徐々に少しだけ仕事内容が複雑になっていたり、短時間での..






posted by 管理人 at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロセスマネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。