ソーシャル時代のハイブリッド読書術

■参考図書 『ソーシャル時代のハイブリッド読書術』


書名 :ソーシャル時代のハイブリッド読書術
著者 :倉下忠憲
出版社: シーアンドアール研究所
著者Web:ハイブリッド読書術 | Facebook

ハイブリッド読書術とは、"デジタル"と"アナログ"、"リアル書店"と"ネット書店"、"速読"と"熟読"、"ひとり"と"みんな"など、性質の異なる手法を組み合わせて1つの目的を達成する読書法のことです。「本を選ぶ」「本を読む」「読了後の行動」の3つの領域で、ハイブリッドな手法を紹介しています。本書の目的は、そのハイブリッド読書術を使って、現代の情報環境にあった「情報を扱う力」(これを本書では「自軸」と呼ぶ)を身に付けることです。また、ブログに書評記事を書くコツや読書ノートをEvernoteにまとめる方法などについても解説しています。


●関連 Web
 R-Style「ソーシャル時代のハイブリッド読書術」
 新刊告知 「ソーシャル時代のハイブリッド読書術」 | シゴタノ!

■内容を紹介した記事




具体的に妄想すると考えられる



 読書で効果が高いのは、本に書いてあることそのものを「なるほど」と読むのではなく、「自分の現在の状況に置き換えたらどうだろう」と空想に走るのが効果があるようです。 …続きを読む



◆アマゾンで見る



書名 :ソーシャル時代のハイブリッド読書術
著者 :倉下忠憲


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。