多数の雇用形態の仲間を持つときに注意するべきこと




ドラッカーが雇用形態について言及している部分があります。




★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

5月16日 雇用形態の多様化
●これからは多様な雇用形態の人たちをチームにまとめなければならない。

今日では、フルタイムの正社員、雇用業務代行会社の社員、派遣社員のほかにも働く人たちがいる。たとえば、早期退職後の人たちである。彼らは働きつづける。雇用形態は多様である。フリーランス、パート、派遣社員、アウトソーシング先の社員として働く。知識労働者の間では、このように働きつづける早期退職者が当たり前の存在となりつつある。

今やこれら多様な人たちを惹きつけ留まってもらうことが、最大の課題である。終身雇用ではない。

旧来の意味でのマネジメントをする必要はない。しかし、生産的に働いてもらう必要はある。彼らめ専門知識が最大の貢献を行なってくれる場所に配置する必要がある。そのような人たちの能カ開発、動機づけ、自己実現、生産性向上をはかっていく必要がある。(『ネクスト・ソサエティ ― 歴史が見たことのない未来がはじまる』)

●Action Point
従来型の社員ではない人たちを惹きつけ、一体的に働いてもらってください。

P.F.ドラッカー(著) 『ネクスト・ソサエティ ― 歴史が見たことのない未来がはじまる
――――――――――――――――――――――――――――★


いま、私の部下には、いわゆる非正規雇用従業員である派遣社員やシニアスタッフ、契約社員などがいます。彼らは単なる労働者ではなく、ドラッカーのいうところの知識労働者であり、彼らの働くモチベーションが結果に大きく影響します。

したがって、彼らが、会社ではなくチームとしての現在の職場に帰属意識を持ってもらうことというのは、自分たちの会社や組織としても重要な問題です。

おそらくすべての知的生産業務に対応可能な具体的答えはないでしょうが、やはりドラッカーのいうところの、本来のマネジメントが必要なところなのでしょうね。




■雇用形態が違う仲間


それが正解なのかどうかわかりませんが、雇用形態が違う人でも

 仲間として扱う

のがもっとも大切だと思っています。

雇用元が違えば、給料が変わってくるのは仕方ないので、たとえ社員並みに働いてくれている人でも、社員よりは給料が低くなる人もいます。逆に給料が高い人も出てきます(現時点はいませんが)。

つまり、給料や福利厚生などの待遇を等しくすることは現時点は不可能です。

そうなった時にどうするかというと、

 帰属意識に訴える

ことが、正社員以外の人をモチベートする方法だと考えています。

つまり、何かのミーティングの時に「派遣社員だから」という理由で呼ばないようにしたり、期首・期末の MBO 面談を社員同等にする(評価結果が何らかの影響があるわけではありませんが)などのように、管理職が正社員と非正社員に扱いを変えないことです。

一般社員同士でも、そういう区別するような発言をする人には厳しく注意します。
そうしていると、雰囲気的に一般社員同士でも、区別なく扱うようになります。

たとえば、業務の方針や作戦を決めるときに、同僚として、あるいは専門家のひとりとして意見を聞くようになります。

 「方針に口出しさせてもらったのは、ここが初めてです」

そんな風に言われるようになったら、おそらく社員同等の帰属意識を持って組織に所属してくれると思います。

ただし、こういう状態を作るのはやっぱり管理職の仕事なので、管理職がその意識がないとなかなかうまく行きません。
それでも、少なくとも自分だけは仲間として扱うようにしていけば、周囲も変わってくるかもしれません。




■参考図書 『ドラッカー365の金言





立ち読みできます立ち読み可
ドラッカーのすごさは、簡潔な文章をもって複雑な世界をずばりと切り裂き、真理を明らかにするところにある。禅師のごとく普通の真理を数言をもって示す。読むたびにこちらの理解が深まっていく。本書『ドラッカー365の金言』は、それら至言のいわば宝石箱である。読者は一万ページを読むことなく真髄を得ることができる。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

ドラッカー365の金言
著者 :上田惇生

ドラッカー365の金言
検索 :最安値検索

ドラッカー365の金言
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい
 上司が部下の相談に乗ってくれないのはなぜ?
 海外出張に行くときは、その国の言葉で挨拶をしなさい
 希望の部署に移動する方法
 事前に上司に電話をしてもらう
 人を理解するなら修飾語に注目する
 リスクは上げるより見直す1:リスクは上げるより見直す
 定型業務をカイゼンしなさい
 部下力のみがき方3:キーメッセージ
 部下力のみがき方2:要約

●このテーマの関連図書


松下幸之助成功の金言365

[英和対訳]決定版ドラッカー名言集

TheDailyDrucker:366DaysofInsightandMotivationforGetting…

経営の哲学(ドラッカー名言集)

TheDailyDrucker

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか(はじめて読むド…






■参考図書 『ネクスト・ソサエティ ― 歴史が見たことのない未来がはじまる




マネジメントの大家、ピーター・ドラッカーによる未来予測。
「日本にとっての最大の問題は(経済ではなく)社会のほうである」とし、来るべき未来を予測し、そこで生じる問題や脅威、機会を明らかにしている。
本書の中でドラッカーは、今日の先進国に共通する問題である少子高齢化のインパクトと、それに応じた雇用・マネジメントの変化について論じている。来るべき未来に対応するために、企業の雇用はどうあればいいのか、さまざまな雇用形態が入り乱れるなかで、マネジメントはどのようになされるべきなのか、個人はどのようにキャリアを磨いていけばよいのか、興味深い議論が展開されている。
本書はまた、トップマネジメントやビジネスパーソンへの啓蒙という意味でも価値がある。トップを含む知識労働者の資質や教育、雇用、評価の方法など、知識社会で働くすべての人に欠かせない視点が提供される。






◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

ネクスト・ソサエティ ― 歴史が見たことのない未来がはじまる
著者 :P.F.ドラッカー
楽天では見つかりませんでした
ネクスト・ソサエティ ― 歴史が見たことのない未来がはじまる
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 自分をブランディングする方法
 ドラッカーが教えてくれるサラリーマンの生産性向上
 明日を支配するもの:資産の保全こそマネジメントの責務である
 明日を支配するもの:知識労働者には自律性と責任がともなう
 明日を支配するもの:まだ行っていなかったとして今これを始めるかを問わなければならない
 自分が得意な仕事の仕方を知る方法2:仕事のやり方の特徴チェックリスト
 自分が得意な仕事の仕方を知る方法1:自分が得意な仕事の仕方を知る方法
 生産性を高める
 継続的学習の重要性
 多数の雇用形態の仲間を持つときに注意するべきこと

●このテーマの関連図書


明日を支配するもの―21世紀のマネジメント革命

世界は感情で動く:行動経済学からみる脳のトラップ

すでに起こった未来―変化を読む眼

私はどうして販売外交に成功したか(Life&businessseries)

イノベーターの条件―社会の絆をいかに創造するか(はじめて読むドラッカ…

実践する経営者―成果をあげる知恵と行動





■同じテーマの記事

部下力のみがき方3:キーメッセージ

結構久しぶりですが、ビジネス書をご紹介します。図書名称:上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方著者:新名史典いかにもサラリーマンに向けの本なので、読んだことがある方も見えるかも。私のブログでも時々引用させて頂いています。とくにポイントだと思うのは上司が仕事のボトルネックという点。仕事の効率を挙げるためには、上司をうまく巻き込んで行くことが重要。その点を「上司を上手に使う」と著者は表現しています。..

貢献をしない

貢献に焦点を合わせることこそ、成果をあげる鍵である。仕事の内容、水準、影響力において、あるいは、上司、同僚、部下との関係において、さらには会議や報告など日常の業務において、成果をあける鍵である。P.F.ドラッカー(著) 『プロフェッショナルの条件』−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−P.F.ドラッカーの著書をはじめ、多くの自己啓発系のビジネス書では、こんなふうに..

7つの習慣:あなたのビジョンについて考えてみてください

考える力は、他人が出した結論を見るだけでは絶対に付きません。自分の頭で考え、それを整理し、行動してそれをさらに最初の考えにフィードバックするというループによってのみ強化されます。本カテゴリでは、さまざまなテーマを設問としてご紹介していきます。そのテーマについて、ノートに自分の考えを書き出して、それから導き出される結論に基づくアクションを決定して行動してみてください。その結果自分の考えがどのように変わったのか、一度このノートをを見なお..

明日を支配するもの:知識労働者には自律性と責任がともなう

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:P.F.ドラッカー本日のお言葉:知識労働者には自律性と責任がともなう。お言葉の出典:『明日を支配するもの』いまや、工場の生産に直接従事するサラリーマンにまで、「改善のために提案をしなさい」などのノウ・ハウの創出が要求されています。単純に機械のように働いていればよかった時代は終わりつつあります。こうした智慧を出す労働者をドラッカーは知識労働者と呼んでいます。ところ..

明日を支配するもの:まだ行っていなかったとして今これを始めるかを問わなければならない

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:P.F.ドラッカー本日のお言葉:まだ行っていなかったとして今これを始めるかを問わなければならないお言葉の出典:『明日を支配するもの』「せっかくここまでやったんだから」つい、そういう判断をしてムダな時間を費やしてしまうことが少なくありません。本当に必要なのは、これが期待通りの成果を出してくれるのか、それだけの投資をする勝ちがあるのかを常に問い続けることです。..

影響の輪1:自分に影響のある問題を外においてはいけない

ちょっと抽象的なお話ですが…「コミュニケーションが悪い」「言ったことが伝わってない」「間違って伝わった」こういった問題は、誰かと協業していく上ではよく起きうる問題です。その時に、「組織体制がだから」「会社の方針が××だから」といってしまうのは簡単です。その瞬間から問題点は自分のモノではなく、他人の問題になります。影響の輪「影響の輪」という図をごぞんじでしょうか。『7つの習慣』で有名になったスティーブン・コヴィーが..




posted by 管理人 at 08:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。