人を動かすことは褒めること


なかなかできてませんが、カーネギーの『人を動かす』にいいことが書いてありましたので、共有します。



★P42〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

子供たちもラテン語の動詞変化や、ブラジルの年間雨量などを覚えるひまに、このことばを暗記すべきだ。このことばを活用すれば、われわれの人生は、大きく変貌するだろう。

 わたしには、人の熱意を呼びおこす能力がある。
 これが、わたしにとっては何ものにもかえがたい宝だと思う。他人の長所を伸ばすには、ほめることと、励ますことが何よりの方法だ。上役から叱られることほど、向上心を害するものはない。
 わたしは決して人を非難しない。人を働かせるには奨励が必要だと信じている。

 だから、人をほめることは大好きだが、けなすことは大きらいだ。気に入ったことがあれば、心から賛成し、惜しみなく讃辞を与える。

これが、シュワッブのやり方である。
ところが、一般の人はどうか?まるで反対だ。気に入らなければめちゃくちゃにやっつけるが、気に入れば何もいわない。

●人を変える九原則の1:まずほめる

デール・カーネギー(著) 『人を動かす
――――――――――――――――――――――――――――★


かなりグサッときました。

たしかに、人を褒めるというのは、照れくさいのもあってなかなかやりません。

でも、管理職になると管理職研修などで、「褒めなさい」というトレーニングをさせられます。

研修などでやるときには、ぎこちないながらもやるのですが、やっぱり現実になると、

 悪いところは指摘できるが、いいところは発見(意識?)できない

のが常です。




★P300〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

アメリカが生んだもっともすぐれた心理学者であり哲学者でもあるウィリアム・ジェームズのつぎのことばに耳をかたむけられるとよい。

 われわれのもつ可能性にくらべると、現実のわれわれは、まだその半分の完成度にも達していない。われわれは、肉体的・精神的資質のごく一部分しか活用していないのだ。概していえば、人間は、自分の限界よりも、ずっとせまい範囲内で生きているにすぎず、いろいろな能力を使いこなせないままに放置しているのである。

これを読むあなたも、使いこなせず宝の持ちぐされになっている能力を種々そなえておられるのだ。批判によって人間の能力はしぼみ、励ましによって花開く。

●人を変える原則6:わずかなことでも惜しみなく心からほめる

デール・カーネギー(著) 『人を動かす
――――――――――――――――――――――――――――★


本書の最後にこんな話も載ってます。

★P333〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

ハリウッドでは、結婚は賭博にひとしい。その危険率には、保険屋も尻ごみするだろう。そのなかにあって、ウォーナー・バックスターの結婚だけは、めずらしい成功をおさめている。夫人はもと女優のウィニフレッド・ブライソンだが、彼女ははなやかな舞台生活に別れを告げて彼と結婚した。彼女の犠牲は大きかった。しかし、その犠牲は十分に報いられた。バックスターはこう語っている。

 彼女は、舞台で喝采を受ける機会を失った。だが、彼女は、いつもわたしの喝采を受けている。
 女性が夫によって幸福を与えられるとすれば、その幸福は、夫の賞讃と愛情以外のどこにもない。そして、その賞讃と愛情が真実のものであれば、それによって夫の幸福もまた保証される。

●幸福な過程を作る原則4 ― ほめる

デール・カーネギー(著) 『人を動かす
――――――――――――――――――――――――――――★


痛っ!

★P333〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

男性は、五年前に自分が着ていた服や下着のことを思い出すことができないし、また思い出そうともしない。しかし、女性はちがう。男性は、よくこのことを理解すべきだ。

フランスの上流社会では、男性は婦人の服装についてひと晩に何度もほめるものと、子供のころから教えられている。まことに賢明な知恵である。

デール・カーネギー(著) 『人を動かす
――――――――――――――――――――――――――――★


いや、まったく。さっきまであっていたひとの服装すら覚えてません…

…と、いうことは置いておいて…

このように、本書『人を動かす』では「ほめる」ということが繰り返し出てきます。カーネギーがどれほど大切だと思っていたかが分かるような気がします。

本書を読んでから私が心がけていることなのですが、なかなかできてないですね。
でも、心がけていなければもっとできないだろうから、心がけないよりはいいかと(単なるいいわけです)。

本書の

 ・人を動かす三原則
 ・人に好かれる六原則
 ・人を説得する一二原則
 ・人を変える九原則
 ・幸福な家庭を作る七原則

は毎週の週次レビューチェックリストに入っていて、週末に「あ〜。今週は一回もやれなかった」と反省したりしてます。

最初は日次レビューで振り返っていたのですが、あまりにもやれなくて気が滅入ってくるので、1週間に一回くらいは反省しようと週次レビューチェックリストに移動しました。

これから話をする人をまずほめてから会話に入ってみませんか?




■参考図書 『人を動かす




これを読まざるしてヒューマンコミュニケーションを語るなかれ!
デール・力ーネギーによる自己啓発の源流とでもいうべき不滅の名著。原版(How to Wln Friends and Inffuence Peaple)は、世界各国で 1500 万部以上、日本語版も 400 万部を超える大口ングセラー。
この脅威の部数は、本書が「人間心理の本質」を正面から扱った最初の一冊であることを示している。多くのヒューマンコミュニケーションに関する本は本書の焼き直しと行っても過言ではない。これらの本を読む前に、まずは本書を読んでから語ってほしいもの。






◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

人を動かす
著者 :デール・カーネギー

人を動かす
検索 :最安値検索

人を動かす
検索 :商品検索する



●関連 Web
 悪用厳禁!心理学で人を動かす7つの秘法 - ライフハックブログ
 人を動かす-Wikipedia
 人ひとを動うごかす―デール・参考カーネギーによる人間関係の古典―:日本語文学ガイド
 転職を繰り返したD.カーネギー――世界最大の自己啓発本「人を動かす」を作った男
 説得コミュニケーションの原則―Diamond Online
 悪用厳禁!心理学で人を動かす7つの秘法 - ライフハックブログ

●本書を引用した記事
 一瞬で相手を落とす! コールドリーディング入門(要約)
 一瞬で相手を落とす! コールドリーディング入門
 図解のコツ5:配置を試行錯誤する
 図解のコツ3:キーワードを抽出する
 図解のコツ4:配置を決める
 転職面接:なぜ弊社を希望されましたか?
 転職面接:「御社の製品が好きです」は言うだけムダ
 図解とは位置・配置に情報を盛り込むこと
 電車が遅れたら駅から離れる
 部下からの不平不満は上司の勲章
 相手の態度から本音を見抜く方法
 社内研修の講師になる
 議事録は読み返すから意味がある
 年上の部下は信用しても信頼してはいけない?
 ドラッカー:リーダーシップ力診断
 面接のベストアンサー
 トラブルを上司に報告する前にするべきこと
 お世辞も言わねばサラリーマンは務まらない
 一番簡単にできる成果の増やしかた
 予定を決めたら簡単には動かしてはいけない
 会話のトレーニングをする
 年下の上司には最敬礼で接する
 きっかけを聴く―部下・後輩の無理筋な要求への対応
 会議が失敗する理由
 魅力的な名前をつける
 新しいシステムには一番協力してほしい人の名前を入れる
 人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい
 上司が部下の相談に乗ってくれないのはなぜ?
 海外出張に行くときは、その国の言葉で挨拶をしなさい
 事前に上司に電話をしてもらう
 人を理解するなら修飾語に注目する
 褒めるのは難しいけど教えてもらうのは簡単
 リスクは上げるより見直す1:リスクは上げるより見直す
 相手の評価を上げる
 定型業務をカイゼンしなさい
 部下力のみがき方3:キーメッセージ
 部下力のみがき方2:要約
 部下力のみがき方1:部下力のみがき方
 会議の予定は多めに入れる
 遊び時間を作る
 仕事の4条件のスコープを決める
 たたき台を作ると成長できる
 1年後を想像する
 報連相の手段―上司を捕まえる
 能力給と成果給:能力給を重視せよ
 失敗は正確に報告する
 反対せずに異論を言う方法
 予算管理とは突発費用に対応できること
 面接で短所をアピールする
 会社で生きることを決めた君へ_3
 会社で生きることを決めた君へ_2
 会社で生きることを決めた君へ_1
 選択肢を多くするとカスを選ぶ
 成果が倍になるコマ割り時間術
 ミーティングチェックリスト
 最終決定がされたら賛成派に回る
 面接質問:今までの業務経歴を教えて下さい
 巨乳バカ一代
 自分を変える教室5
 自分を変える教室2
 「外ヅラ」をよくする
 社長は君のどこを見て評価を決めているのか2
 面接の質問:「記憶に残っている失敗を教えて下さい」
 中途面接の失敗事例
 面接で「年上の部下・担当者への接し方」を聞かれたら2
 面接で「年上の部下・担当者への接し方」を聞かれたら1
 すり減らない働き方2
 人相記憶術―その5反復練習
 人相記憶術―その4連想記憶
 面接質問「どんな貢献ができますか?」
 一歩前に踏み出す金言
 残念な人の仕事の中身
 行動科学で人生を変える
 決断までの時間
 残念な人の仕事の中身2
 残念な人の仕事の中身
 転職面接の第1印象
 記号で会話
 問題は外にある
 目を見て話さない
 他人に軽く扱われない技法
 どう思われたいか
 実践!反論×反撃法
 今年の10大事件
 マイクロ挫折をする
 名言コレクション
 ザ・プレゼンテーション
 貢献をしない
 あなたを天才にするスマートノート
 給料の格差
 OhLife
 会議は中途半端にはじめる
 プロであることを確認する
 7つの習慣:あなたのビジョンについて考えてみてください
 あなたのビジネスの基礎力を測定するチェックリスト1
 あなたのビジネスの基礎力を測定するチェックリスト3
 あなたのビジネスの基礎力を測定するチェックリスト2
 人を動かす:人を説得する原則6:しゃべらせる
 コールドリーディング入門:要約4:コールドリーディングの武器は観察力
 コールドリーディング入門:要約3:初対面で一気に相手を落とす会話のコツ
 コールドリーディング入門:要約2:フィッシング・パンピング
 コールドリーディング入門:要約1:ストックピール
 コールドリーディング:人に好かれる!信頼される!禁断の話術2
 コールドリーディング:人に好かれる!信頼される!禁断の話術1
 命をかけるに値するかを考えて議論に持ち込む
 部下が主催するミーティングに出席する
 人を動かす:人を説得する原則3:自分の誤りをただちにこころよく認める
 失敗に対して上司がもっとも腹が立つこと
 明日を支配するもの:知識労働者には自律性と責任がともなう
 影響力の武器:論理的な判断は冷静な頭脳から
 人を動かす:人を説得する原則3:相手が即座に「イエス」と答える問題を選ぶ
 リスクマネジメント:4つのリスクに備える
 限定と希少価値の心理法則
 影響力の武器:冷静さを失わせることで自分の意見を通す方法
 人を動かす:「イエス」と答えられる問題を選ぶ
 インパクトのある情報の出し方―認知的不協和を利用する
 パーソナルスペースを活用する
 人脈をスタートさせる方法
 ピンチヒッターを作る
 話しぶりから相手の心理を判断する方法
 人を動かす:1ガロンの苦汁よりも1滴のはちみつのほうが多くの蝿が取れる
 人を動かす:人を説得する原則2:相手の意見に敬意を払い、誤りを指摘しない
 アホな上司は反面教師にはならない
 人を動かす:人を説得する原則1:議論に勝つ唯一の方法として議論を避ける
 相手を挑発して決断を誘導する方法
 変化を起こすための3つのコスト
 成果を上げる5つの条件
 影響の輪1:自分に影響のある問題を外においてはいけない
 一流のお店にいく
 人を動かす:心のなかに欲求をおこさせる
 パラダイムを知る
 人を動かす:人に好かれる原則6「重要感を与える―誠意を込めて」
 遠慮は交渉を失敗させる
 時間を創造する
 人を動かす:人に好かれる原則5「相手の関心のありかを見ぬいて話題にする」
 上司から歩み寄らないと本当の情報は入ってこない
 プレイングマネージャーのミッション
 サラリーマンの人生設計の3つのコアプロセス
 一貫性を持たないように意識する
 人を動かす:名前を覚える努力をする
 他者と違う行動を恐れてはいけないが慎重にやりなさい
 人を動かす:人に好かれる原則2:聞き手にまわる
 問題発見力養成講座:システムシンキングの6つのメリット3
 リーダーシップとマネジメントを平易な言葉で言ってみる
 問題発見力養成講座:階層を意識してレバレッジポイントを見つける1
 知識とは「何かを変えるもの」
 人を動かす:人に嫌われる方法
 目標は自分だけが管理できる
 人を動かす:日光を吸い込みなさい
 上司には上司がいる
 人を動かす:一心に相手の話を聞くことは、相手に対する最大の賛辞である
 人を動かす:人に好かれる原則3「名前は当人にとって最も快い、最も大切な響きをもつものであることを忘れない」
 人を動かす:人に好かれる原則1「誠実な関心をよせる」人を動かす:人に好かれる原則1「誠実な関心をよせる」
 人を動かす:人に好かれる原則2「笑顔で接する」
 人を動かす:幸福は自分の気持ちで決まる
 人を動かす:笑顔で電話しなさい
 7つの習慣:率先力を発揮する
 意識をして廃棄をしなさい
 人を動かす:あなたの応援がしたい
 「こんなこと発言していいのかな?」と思ったことをいってみる
 7つの習慣:人生の責任を引き受けなさい
 人望が集まる人の考え方:相手に注意を与えて成果を上げるための7つのルール
 モチベーションが上がるトリガ
 人を動かす:相手が優位であることを探す
 ポイントカードテクニックで仕事を頼む方法
 ストレスを解消する15分の脳トレ
 7つの習慣:人間は刺激と反応の間に選択の自由を持っている
 人と動かす:他人のことに関心を持たない人は、苦難の人生を歩まねばならない
 印象が良くなる話し方のルール
 話すのが面倒な理由
 チームと個人の関わりを5つに分ける
 7つの習慣:社会通念という歪んだ鏡
 人を動かす:相手の心のなかに強い欲求を起させること
 昇進・昇格のウラ話
 7つの習慣:MASTERチェックリスト
 人を動かす:心のなかに欲求をおこさせる
 7つの習慣:本は教えるために読みなさい
 人を動かす:相手の立場から物事を見る
 管理職の評価のポイント
 ストレスと付き合う3つのステップ
 付加価値を意識する
 ドラッカー365の金言:組織の精神はトップから生まれる
 上司の嫌いな言葉を探りなさい
 7つの習慣:人は自分自身を客観的にみることができる
 魚の目―フローを見る力4:貯めと開放、3つの力を活用する
 魚の目―フローを見る力3:慣性の視点
 魚の目―フローを見る力2:作用と反作用の視点
 予算管理のコツ1:予定外の予算が出せることが管理
 予算管理のコツ2:予定外の予算がの確保の仕方
 人を動かす:人に動いて欲しければその人の問題を扱いなさい
 人を動かす:他人の長所を探しなさい2
 人を動かす:他人の長所を探しなさい1
 ビジネス書名著目録(必須図書)
 会社で生きることを決めた君へ

●このテーマの関連図書


道は開ける新装版

話し方入門新装版

輸液療法の進め方ノート―体液管理の基本から手技・処方までのポイントがわ…

薬物動態学

完訳7つの習慣人格主義の回復

思考は現実化する―アクション・マニュアル、索引つき





■同じテーマの記事

相手の態度から本音を見抜く方法

相手の態度から「こんな風に考えてるかも…」「こんな人かも…」というのはなんとなくわかりますよね。おそらく子供の頃からの対人経験によって培われてきたものだとは思いますが、きちんと因果関係を説明はしにくいものです(あくまでも経験値なので)。どんな行為がどんな意味を持っているのかは、その場にいる人やその時の雰囲気によって変化するものではありますが、ある程度共通のパターンがあります。それを言葉にすると、もう少し明確にその人の..

お世辞も言わねばサラリーマンは務まらない

お世辞やゴマすりが人間組織の歴史からなくならないのは、それが効果があるからです。「お世辞で上司に取り入る」というとなんだか聞こえが悪いですが、上司にうまく取り入っていかないとサラリーマンとしては仕事が続けにくいです。上司に嫌われて、仕事がうまく行かなくなったという例は、枚挙にいとまがないですが、上司に好かれて仕事がしにくくなる、というのはたぶんそうそうありません(よほど持っているスキルとかけ離れた仕事を割り当てられない限り)。..

新しいシステムには一番協力してほしい人の名前を入れる

なにか新しいことがやりたい時に、ひとりでは出来ないので、協力者がほしいですね。そういう時に、協力者を巻き込んでしまう秘策があります。アンドルー・カーネギーの成功の秘訣は何か?カーネギーは鉄鋼王と呼ばれているが、本人は製鋼のことなどほとんど知らなかった。鉄鋼王よりもはるかによく鉄鋼のことを知っている数百名の人を使っていたのだ。しかし、彼は人のあつかい方を知っていたそれが、彼を富豪..

人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい

部下や後輩が話しかけてきた時に何かをしていると、ついそれをやりながら、「ん。了解。」とやってしまうことがあります。あるいは、会議の時に、発言者の方を見ずにひたすら PC に何かを打ち込んでいるとか。これが "いかん" とはわかっているつもりなのですけどね。「あなたを愛しています」のメッセージ人の話をよく聞くことは、ビジネスの世界だけでなく、家庭生活でも同じようにたいせつ..

海外出張に行くときは、その国の言葉で挨拶をしなさい

ウチの会社は、海外に子会社がいくつかあります。というか社員数は海外のほうが圧倒的に多い。このため、仕事上、海外出張も少なくありません。その国の言葉で話したい同じ部門でも異なる部門でも、初めてその国に出張に行ってきた人に話を聞くと・中国語を覚えたい・英語を覚えたい・タガログ語で挨拶したい・スペイン語が読めるようになりたい・ハングル語が読みたいたいていこう思って、いままで見向きもしなかった、会社の言語教育コースをとったり..

寝転がって全身の力を抜く

怒っている人、熱くなっている人ってたいてい立ち上がっているような気がしませんか?多分、人間は興奮したりすると体に力がはいってしまうものなようです。1分間ゴロリ1 分問横になります。タイミングは、「疲れたかな」と感じたその時がべストです。特に何もしません。ゴロンとしているだけです。立ち上がった時、「へえー」と声が出るくらい体がシャキッとしています。売れっ子評論家・竹村健一氏が 50..




posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 組織マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。