なぜそれがルールなのかを考える




会社には実に様々なルールがあります。

こういうルールは、歴史の長い会社ほど多いのかもしれませんが、いろいろな問題にぶつかるたびに、「こういう失敗を繰り返さないために」という理由で、さらにルールが追加されていきます。




そのうちに、ルール自体が別のルールと矛盾してわけがわからなくなってしまう。そんなことも一度や二度ではありません。

■失敗の恒久対策


多くの場合、なにか失敗すると再発防止が求められます。

理想の姿から言うと、淡々と作業すれば失敗しないような仕組みを作るのがいいのですが、それは相当考えないとできません。

いきおい、「××をするときには、以下の確認をする…………」みたいな再発防止策をたてて、それが承認されるとルールになります。

私の仕事で言うと、ソフトを関係者に提供することが仕事なので、ミスのないソフトを提供するために、いろんなチェックリストがあります。ところがチェックリストをやること自体を忘れるので、チェックリストをすべてやったかどうかのチェックリストがあり、それがまたたくさんになるので、

 チェックリストのチェックリストのチェックリスト

なるものがあって、何のことやら状態。




★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

確認は、ミスが起きる確率をできるかぎり少なくするために必要な行動です。その行動を引き起こすためには、「本当にそれで大丈夫か」と考えるステップが必要になるのです。

あなたにも、「確認をしておけば防げたミス」に心当たりがあるはずです。そのとき、どうして確認作業をしなかったのでしょうか。多くの場合は、自分への過信が原因なのです。「きっと大丈夫だろう」このように考えたときや確認する必要性自体を感じない場合に、ミスは発生します。実際に、確認をしなくても次の行動に支障はありません。だから、「なくてもよい作業だ」と省いてしまいがちです。
企業でもひとたびクレームが発生すれば、確認するという工程を組み込みますが、そのほとんどが、何か問題が起きてからです。しかも、しばらくたって同様のクレームが発生しなくなると、なぜか効率化という名のもとに、その工程がなくなります。このあと、クレームが再発するのは当然です。

鳥原隆志(著) 『たった5秒思考を変えるだけで、仕事の9割はうまくいく
――――――――――――――――――――――――――――★


しかし、上記の理由のように、その時点は必要だったのです。そうしないと問題は防げないはず。
だから恒久対策として盛り込まれたわけですね。

本書『たった5秒思考を変えるだけで、仕事の9割はうまくいく』でも書かれているように、確認作業のチェックリストは、過去にあった失敗の反省からできたものなのですが、これをやった結果が現在の複雑怪奇なルールブック+チェックリスト。

■だれも理由を知らない


ところが、問題になるのは、「意味不明な業務が多すぎる」とこういったチェックリストを整理する事になった時。

どうしてそのチェックをしないといけないのかわからないものが少なくありません。たんなる歴史の結果としての、「やること」だけが残って、その理由となった失敗がどこにもなくなってしまうのです。

その結果本書『たった5秒思考を変えるだけで、仕事の9割はうまくいく』にも書かれているように、「こんなのやらなくていいよね」と削った確認項目が、のちの火を噴く原因になるわけです。

■なぜルールなのかを考える


もし不幸にして、あなたが何かの失敗をして、恒久対策としてルールづくりを担当する事になったら、かならずルールの補足として、「×××で○○して失敗した」という事実を書いておきましょう。後世の人達が、同じ失敗を繰り返さないように。

そしてもし、業務効率改善の一環として、あなたがルールの整理をすることになったら(これも不幸かも…)、すぐに「こんなのわかりきってる」とかんがえる前に、「なぜ××のルールがあるといいのか?」をよく考えてみましょう。

つまり、「×××をしないことによる失敗とはどんなものか?」を事例を上げて考えることです。それによって、別の手段で代替できる確認なのか、代替手段がないのかを検討する素材になります。その上で、そのルールに関わったと思われる会社の年配者に、「×××のルールは、○○○の失敗を防ぐためかと考えましたが、いかがでしょうか?」と聞いてみることです。

直接的にその答えを知っている人にぶつかるかもしれませんし、もし直接的な答えを知らなくても、その人の失敗談を聞ける機会になるかもしれません。
※自分で事前に考えることなく「このルールなくしていいと思いますか?」と聞いてはいけません。理由は言わずもがな。

こうした過去の人達(失礼な…)との人脈形成や、失敗事例を学ぶことによるあなたの知識向上に役立つ事になります。




■参考図書 『たった5秒思考を変えるだけで、仕事の9割はうまくいく





立ち読みできます立ち読み可
「考えて仕事をする」とはどういうことなのか?

「もっと考えて仕事をしなさい! 」
「そんなこと、少し考えればわかるだろう! 」

上司や先輩から、このように叱られることはありませんか?
叱られている本人だって、それなりに考えて仕事をしています。それなのに、うまくいかない。
その本当の原因は、「考えていない」ことではなく、「考え方が間違っている」ことにあります。

仕事のさまざまな場面で、何を考えれば的確な行動ができるのか。できる人が必ず押さえている「15の視点」を本書で解説します。
行動を起こす前の「たった5秒」。そこで何を考えるかが勝負です。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

たった5秒思考を変えるだけで、仕事の9割はうまくいく
著者 :鳥原隆志

たった5秒思考を変えるだけで、仕事の9割はうまくいく
検索 :最安値検索

たった5秒思考を変えるだけで、仕事の9割はうまくいく
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 遊び時間を作る
 考える仕事は早めに終わる
 指差し確認、もう一度確認
 5秒の予知能力を身につける
 あふれるコップの水を拭いても無駄
 頑張ろうと思わない
 「あとで…」という言葉には利子がつく
 親しみのある「たとえ」を使う
 心理的にプレッシャーを与えると交渉が楽になる
 逆算の発想でスケジュールを作る

●このテーマの関連図書


究極の判断力を身につけるインバスケット思考

世界一わかりやすい「インバスケット思考」(講談社 α文庫)

いまから、君が社長をしなさい。~経営思考を身につけるインバスケット・ト…

一瞬の判断力があなたを変えるインバスケット思考2~中級編~

一瞬で正しい判断ができるインバスケット実践トレーニング(朝日新書)

複雑な仕事をシンプルに解決するための「洞察力」の磨き方~「見えないもの…





■同じテーマの記事

プライミング効果

文章を作れまず、以下のテストをやってみてください。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−以下の文章から、文章を作りなさい。<第一問>・歩き続けるのは・引っ張って・とても疲れる・重い荷物を<第二問>・気づいた・父の頭が・いつのまにか・白髪だらけになっていることに<第三問>・見上げてみたら・どんよりと・空を・曇っていた−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−この程度の問題、全然楽勝ですよね。本当の問題はここから。出題者の..

制約を聞く

あなたが上司からなにかのプロジェクトの遂行を依頼されたとします。まず何をしますか?方針を聞いてはいけない若いころよくやった失敗が、上司に「どういう作戦で望みましょうか?」「どう進めますか?」「どういう方針で臨みますか?」とかの聞き方。大体答えは決まってます。「それを考えるのがお前の仕事だろうが!」自分がそれを言う側の立場になって気がついたのですが、あるプロジェクト、例えば「職場の風土改革」などを立ち上げようと部下に指示した時に、上司は・どんなゴ..

PC操作を早くする3:修飾キーを操作する

過去記事で、キーボードショートカットなどについて時々触れてきましたが、本日はその基本中の基本。キーボード操作について、ご紹介したいと思います。修飾キーを憶える修飾キーというのは、他のキーと組み合わせて使うものです。コントロールキーALTキー(「アルト」ではなく「オルト」ね)SHIFTキーWindowsキー前回ご紹介したキーボードの練習ソフト(Webサイト)では、SHIFTキーの使い方は練習できますが、その他のキーの併用は練習できませんので、キーの..

腹五分目

さて、これはどのジャンルだろう?とタグ付けに迷いましたが…食事と生産性の関係は、確かにあります。何しろ昼イチの会議は眠い。当然ながら、ひとりでなにか作業をしようとしたり、夕食直後に勉強をしたりするとたいてい寝てしまうか、寝ないまでも集中力は最低レベルになっていて、全くはかどらない。サイアクなのはセミナーみたいに、聴いているだけの活動だったりすると、ほぼ100%寝ますね。腹がふくれれば寝るのは当然動物なので、食べたも..

対象を右に置く

以前の記事 ファイラーNexusFileで書いたように、私はファイラーは2画面ファイラーを愛用してます。2画面ファイラーと言うのは、2つのフォルダが左右2つペイン(表示エリア)にそれぞれ表示されているようなファイラーです。最近のファイラーはこのモードが有るものが多いような気がします(私がそれにしか興味が無いからかも)。参照と操作基本的にファイルの操作というのは、操作対象のフォルダに対して、・新規に作る・コピー・移動する・削除する・閲覧..

努力と成果は比例しない。その2

昨日は、パレートの法則というのをご紹介しました。一言でいえば成果の8割は、あなたの努力の2割から生み出されているというものでした。じゃぁ、今までの2割しか仕事をしなくていいかというと、そういう問題でもないのが難しいところ。今の成果は確かに、2割分の仕事の結果で生み出されているけど、将来の成果は残りの8割の中にあるかもしれない。だから、残り8割もやめるわけにも行かない。となってしまいます。成果に焦点を当てるただ、よくよく考えて見れば、大した成果もでそう..




posted by 管理人 at 05:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。