它山石、以玉攻可(他山の石、もって玉をみがくべし)



「詩経」に「它山石、以玉攻可」(書き下し文「たざんのいし、もってたまをみがくべし(せめるべし)」)という言葉があります。
故事成語として多くの人が学校時代に習ったのではないでしょうか。



■私だったらどうする?


会社にいると、よく人の失敗やらトラブルやらを耳にすることがあると思います。

もちろん、「へ〜、○○さんも大変だなぁ」と思うのですが、その時になるべく日誌に書くことにしてます。

★――――――――――――――――――――――――――
本日の他山の石
 ○○さんが顧客に××を届けた所、それが配送時に壊れていたらしい

 送付前に装置は動作確認をして、梱包状態を録画しておくことにしよう
――――――――――――――――――――――――――★


単純に「へ〜」と思うだけなら、別に何のことはないのですが、

 もし当事者が自分だったら…

と考えてみることです。1分もかかりません。

同じ会社、同じような仕事をしている以上、同じ災難が降りかかってくることはあります。

仕事において、リスクマネジメントは非常に重要な要素なのです。
その時に、「もし○○が発生したら」と考えておくことは、その場になって慌てふためくより、冷静なときに、

 ・その場合の選択肢はどのようなものがあるのか
 ・そうならないためには、何をしておけばいいのか

を考えておくことで、トラブルのいい切り抜け方が出来るようになります。




■経験では補いきれない知識


こういうのは、会社勤めを長くしていると自分の経験値が増えていくので、徐々にですがうまく出来るようになります。
しかし、全てを経験することは不可能だし、できたら嫌な経験はしたくないので、他人のトラブルは根掘り葉掘り調べてみるのが役に立ちます。

これはなにかの行動を起こしておいたほうが良い場合もありますが、どちらかと言えば「ちょっと考えてみるだけ」でいいことが少なくありません。同じような問題が起きることが少ない(多かったら会社の仕組みとして問題なので)ので、それを実際に行動して予防しようとすると、仕事の負荷が極端に大きくなってしまうからです。

なので、

 人のトラブルは自分のこととして捉える
 事後処理について、自分の考えを記録しておく

だけで十分効果はあります。

もちろん、残念ながら当事者になってしまった場合には、予防措置(再発防止)まで報告しないと許してはもらえませんが。



■同じテーマの記事

陣取りゲームで陣地を広げる

「陣取りゲーム」ってご存知ですか?調べた所、昭和30〜40年代に流行った遊びなのだそうです。陣取りゲーム適当な大きさなの四角形を地面に描きます。その四角形の隅で指が届く範囲が最初の陣地。これ出発点として、石を弾いて3回で自分の陣地に戻ってこれたら、その各頂点を結んだ領域が自分の陣地になります。3回目に自分の陣地に戻れなかったときは陣地は拡大できません。これを順番に繰り返して、四角形のなかで一番広い場所を取った人が勝ち。仕事の陣取りゲームたとえば、今の仕事とまったく..

7つの習慣:MASTERチェックリスト

考える力は、他人が出した結論を見るだけでは絶対に付きません。自分の頭で考え、それを整理し、行動してそれをさらに最初の考えにフィードバックするというループによってのみ強化されます。本カテゴリでは、さまざまなテーマを設問としてご紹介していきます。そのテーマについて、ノートに自分の考えを書き出して、それから導き出される結論に基づくアクションを決定して行動してみてください。その結果自分の考えがどのように変わったのか、一度このノー..

習慣を作る3つの要素

本日は、ご存知『7つの習慣』から、習慣の3つの要素についてお送りします。習慣の三つの要素習慣は、知識とスキルとやる気という三つの要素からなっている。知識は、「何をするか」または「なぜそれをするかしという二つの質問に答えてくれる。スキルは「どうやってするか」を示すものである。やる気は動機であり「それを実行したい」という気持ちである。生活の中で習慣を確保するために..

発想法:シネクティクスとアナロジー発想法

「異なる何か」とのコラボレーションで大切な考え方に「アナ口ジー」というものがあります。アナロジーというのは、「類推」「類比」のことで、簡単に言うと、あるモノと別のモノの類似点に着目して、連想する工程です。このアナロジーを使った発想技法として、ウイリアム・J ・ゴードンの「シネクティクス」があります。シネクティクスとは「異質なものを結びつけ統合する」という意味の..

今日の決断判断記録を残す

主体的に反応していますか?『7つの習慣』の第1番目は、「主体性を高める」ですね。※もし読んでないのなら、一度はじっくり読んでみることをおすすめします。この主体性について、過去記事で「日誌で選択肢を考える」ということを何度かおすすめしました。複数の選択肢を得るヘッドハンターを信用してはいけない它山石、以玉攻可(他山の石、もって玉をみがくべし)インバスケット思考その1「やれ」でやるな「やる」でやれ..

古典・名著のすすめ2―解説本の使い方

前回の記事で「古典は名著をみつけるのに当たり外れの少ない読書法である」とご紹介しましたが、これらの本は言葉の使い方や文章自体が難解なばあいも少なくありません。これらを凡人が理解するためには、様々な角度から、この本を説明してくれる解説本というのがありがたい存在になります。(95)たとえば、オーストリアの精神科医であるフランクルが自らの強制収容所体験を綴って一九四..




posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック