人を動かす

■参考図書 『人を動かす 新装版


書名 :人を動かす 新装版
著者 :デール・カーネギー

これを読まざるしてヒューマンコミュニケーションを語るなかれ!
デール・力ーネギーによる自己啓発の源流とでもいうべき不滅の名著。原版(How to Wln Friends and Inffuence Peaple)は、世界各国で 1500 万部以上、日本語版も 400 万部を超える大口ングセラー。
この脅威の部数は、本書が「人間心理の本質」を正面から扱った最初の一冊であることを示している。多くのヒューマンコミュニケーションに関する本は本書の焼き直しと行っても過言ではない。これらの本を読む前に、まずは本書を読んでから語ってほしいもの。

■内容を紹介した記事


北風と太陽―意図を隠して行動を促しなさい


 「北風と太陽」の寓話から学んだこととして、「優しさが人を動かす」というのはよく言われますが、私は別のことを学んだ(というか一般化した)ように考えています。それは、「自分の目的は言う必要がない」ということ。 …続きを読む

相手に勝たせると味方ができる


 何かしようと提案した時、あるいは窮地に陥った時、助けてくれる味方を作っておくと、仕事が進むようになります。味方を作るコツは、負けることです。@#INFO 何かしようと提案した時、あるいは窮地に陥った時、助けてくれる味方を作っておくと、仕事が進むようになります。味方を作るコツは、負けることです。 …続きを読む

魚はミミズで釣りなさい


 「魚を釣り上げたいと思いっているのに、自分の好物を釣り針につける人はいません。魚の好物をつけないと魚は食いついてくれません」。デール・カーネギーはこのように人を説得する方法を説いています。 …続きを読む

人を動かすことは褒めること


 『人を動かす』に「ほめなさい」ということが繰り返し出てきます。それほど人との関係を良くするツールなんですね。ところがこれがかなりハードルが高いのです。@#INFO 『人を動かす』に「ほめなさい」ということが繰り返し出てきます。それほど人との関係を良くするツールなんですね。ところがこれがかなりハードルが高いのです。 …続きを読む

長所を挙げてもらうと勝手に説得されてくれる



 過去記事でも説得力を増すための技術を紹介していますが、経験的に成功率が高いのが「自己説得提案法」という方法です。これは、説得したいと思っている相手に、「こちらの提案を飲もう」と自分自身で自分を説得してもらう方法です。 …続きを読む



◆アマゾンで見る



書名 :人を動かす 新装版
著者 :デール・カーネギー

◆楽天で見る


 



■参考リンク


参考Web
 悪用厳禁!心理学で人を動かす7つの秘法 - ライフハックブログ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。