社内政治に参加する方法




社内政治」っていう言葉を聞くと、なんだかダーティなイメージがありますね。
なんだか腐臭漂うドロドロの世界とか(そっち系のドラマの影響が多すぎかも)。




■政治は避けて通れない


ある程度の年齢、ある程度の職位になれば、だんだんわかってくるものですが、会社は所詮人間の集まりです。
人間の集まりである以上、個々人の欲求が反映されたものになります。

もちろん、論理的に考え、目標を持って行動し、組織に対して貢献する成果を出していくというのが王道ではあるものの、それだけでは自分のやりたいことや出世、昇進はなかなか難しいのが事実です。

これらの人間の裏面というか、感情面みたいな方面が離散集合しているのがいわゆる「社内政治」。

本音を言えば、こういうのはない方がいいです。人間関係やその力関係など、考えるのは面倒くさいですし。

ある戦略に基づいて、しっかり理論理屈を立てて、効率的に業務を進めながら、組織も構成員も成長して自己実現していくのが気持ちが良いようには思いますが、人間が集まって組織を作る以上、こういうのは避けられないんですね。

過去記事にもいくつか紹介しましたが、こういうドロドロで弱者の立場に立たされず、自分の立場を強化するためにやっておくことが

 ・自分の存在意義を作る
 ・自分でなければできないこと作る
 ・上司や役員とのパイプを作る
 ・自分の影響力を強化する
 ・人間関係のネットワークを作る

などなどのことです。




■情報の裁定取引


こうしたコツの中で、一般職サラリーマンがもっともいい位置にいるのが、

 情報を持つ

ことです。

裁定取引」って聞いたことがありますか?

これは経済用語で、単純に言えば、異なる値段で取引されている商品の差額で儲けるという方法です。
たとえば、A市場で1000円で売られていたものがあって、B市場で1100円で取引されていれば、A市場で買ってB市場で売れば100円儲かります。
A市場では1000円の価値しかないのに、B市場では1100円の価値があるんですね。

同じことを「情報」でやるわけです。

あなたが業務上知り得た情報というのは、別の人にとってもっと価値がある情報の場合が少なくありません。

インターネット全盛だからといって、すべての情報がネット上に無料で流れているわけではありませんし、無料で流れていても、それを検索する手間みたいなものが発生するわけです。だから「まとめサイト」みたいなものが重宝されるわけですね。

同じことが社内でも発生します。

あなたがもし営業職なら、自分の担当地域のお客様のニーズはあなたが一番知っているでしょう。その地域の競合の動きもあなたが社内一番。

これを、そういった情報をまとめている商品企画部に売るわけです。そうすれば、あなたが製品開発に関わることが出来るようになって、社内におけるあなたのプレゼンス(存在感)が上がるわけです。タダでくれてやれば、相手は情報に価値を見いだせませんが、有償で情報を出すようにすれば、相手はその情報に価値がある事に気が付きます。

有償でと言っても、「袖の下」をもらえと言っているわけではありません。見返りを要求することです。

人に売るときは、ナマでは売れないことが多いです。だいたい人間は面倒くさがりなので、自分のほしい状態にして貰いたがります。
つまり、情報を相手にほしい形に整理したり、理論理屈で体系化したりして、付加価値をつけて売ることです。

さらに売り切りではなく、紐付きで売ります。

つまり、その情報を小出しにしたり、その情報をどのように使うのかまでアフターフォローするのです。それによってさらに情報にあなたの労力という価値が加わります。

■社内政治に参加する


こうして、情報を作って売り込みを始めると、多くの人間関係が、あなたの持っている情報というフィルタを通して見えてきます。

その人間関係と力関係が社内政治です。

そこに自分も参加して、自分のポジションを築いていくことで、簡単にリストラされない位置を築くことが出来るようになります。

こうした社内政治に疎いと「あんた、来月から来なくていいから」というのを突然言い渡されることになります。
でも実際には、「リストラしないといけない」という議論が何ヶ月も前から始まっているわけです。その情報は、人間関係で流れてきます。
そこに足場があれば、あなたのもとにも届きますよ。

政治を利用して昇進していくという積極的な方法もありますが、少なくとも自分の身は自分で守れる程度になりたいですね。



■同じテーマの記事

まとめサイト

私は一応朝新聞を見るのですが、大体5分くらいで、読んでしまいます。後は(以前の記事にも書きましたが)ニュースも時間の無駄なので見ない。新聞を読むのは無駄?よく時間術関連のビジネス書では、どうせ中間時点情報でしかないのだから「新聞は読むな」的な話が書いてあります。逆に、読書術など読解力を上げるためのビジネス書では、「新聞記事を真似ろ」と書いてあります。どうせいっちゅうんじゃと思ってしまうのですが、私としては、日曜日などの時間のあるときはじっくり平日時間の..

昇進昇格の機会が来ない人のために

昇進のチャンスが回ってこない、というのは、何を見ればわかるかというと、後輩に自分の職位をに追いつかれたり追い越された時というのが、判断契機になると思います。ただし、上司がその後輩をどのように評価しているかによっても、この判断は変わってきます。つまり、自分が思う後輩のレベルと上司から見た後輩のレベルは異なるものだということです。自己評価は正当か?極論ですが、自分の仕事でいろいろな成果が出たり、スムースにこなせるように..

出世階段の上がり方4:社内政治を知る

「出世階段の上がり方」シリーズ、最終回は「社内政治」についてです。社内政治というのなんだかドロドロしてるみたいですが、私は「社内における人間関係」みたいに考えてます。つまり、人間なので「付き合いやすい人」と「ちょっと苦手な人」がやっぱりいるわけです。で、当然ながら、上司であれ、社長であっても同じことです。それが結果として社内の発言力の違いになったり、暗黙のグループを作ったりするわけ。人間関係を知っておく職位が離れた..

根回しの進め方

根回しって、おそらく経験の浅い方だとちょっと陰湿な感じがするかもしれませんが、サラリーマンをする上では必須の活動です。根回しについて、うまく説明してあった本がありますので、ご紹介します。根回しの効用を問い直すインパクトの大きいことを相手に伝えるとき、みなさんは事前に根回しをしているでしょうか。関係者間で事前に調整を済ませておく根回しは、..

影響力をもつと仕事ができるようになる

業務命令はコミュニケーションいずれにしても、仕事は人に助けてもらって初めて成り立ちます。すると、助けてもらうための術を持たないということは、組織で仕事をする人間にとっては致命的なハンデになります。そして、助けてくださる多くの入の巾で、最も牙近で、最も自分分の仕事に影響をりえる人が上司なのです。逆に言うと、上司を動かす力を持つということは、組織と人を動かす第一歩なので..

社内政治に参加する方法

「社内政治」っていう言葉を聞くと、なんだかダーティなイメージがありますね。なんだか腐臭漂うドロドロの世界とか(そっち系のドラマの影響が多すぎかも)。政治は避けて通れないある程度の年齢、ある程度の職位になれば、だんだんわかってくるものですが、会社は所詮人間の集まりです。人間の集まりである以上、個々人の欲求が反映されたものになります。もちろん、論理的に考え、目標を持って行動し、組織に対して貢献する成果を出していくというのが王道ではあるものの、それだけ..




posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。