たくさんの本を読むと話に説得力がでる




読書、してますか?

読書をすることによる効果はいろいろなものがありますが、本日は、読書を説得力に活かすという方法。




■書籍になったものは信頼される


著名人が言っとことというのは、たとえそれが多少妙なものであっても、「あの人が言ったことだから」とある程度の信頼を置かれるものです。

私ごときが

 「自分を知るということも大事ですが、他人がどう考えているかも大事です」

なんて言っても対して説得力はありませんが、

 「孫子も "彼を知り己を知れば百戦殆うからず" と言ってますように〜」

といえば、その後に言った言葉は説得力を持ちます。


★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

このように、引用は適切に行うことで説得力を高めてくれます。意識すべきポイントをおさえて果敢にトライしてください。大事なことは最初からうまく引用することではありません。何度も何度も引用にトライすることで、少しずつ上手になってきます。

引用の技術を身につけると、文章に迫力がでてきます。ぜひ引用の技術にトライしてみてください。

引用ができるようになるためには、日ごろから多くの本を読んでおくことが重要です。本書でいろいろな本をわたしが引用できたのは、年間 400 冊以上の読書によるところが大きいです。本を書くために読書をするのではありません(もちろんリサーチが必要な場合はあるでしょう)。

たくさんの本を読み続けていることで、文章を書いているときに「ああ、まえに読んだあの本にあんなことが書かれていたよな」というひらめきが起こるのです。

それで以前に読んだ本をたどり、そこにある言葉を引用をします。読んだ本でビビビときた箇所にはふせんをはり、線を引き、マーカーをぬります。これをしておくと、引用するときに役立ちます。これは専門書でも同様です。

木山泰嗣(著) 『もっと論理的な文章を書く
――――――――――――――――――――――――――――★


私が本ブログでちょくちょくビジネス書を引用するのも、その一環になっているのかも。




■本を読んだら記憶にとどめる


ただ、本をたくさん読んだからといって、引用がバンバン出来るようにはなりません。

すくなくとも、

 「たしか、これに近いことが書いてあったよな〜」

と思い出すことができなければ、引用も不可能です。ましてや会話の中で「この分野で著名な○○氏が言うように〜」なんてリアルタイムに言えるようになるには、「たしか〜」ではできません。

そこで、

 ・自分に関係しそうな部分を繰り返し読む→記憶にとどめる
 ・ねぎま式読書ノートで、検索ができるようにする
 ・スキャナとOCRのように電子情報化しておく
 ・実際に、自分の主張を引用で補強して書いてみる

ことが必要です。

とくに、ねぎま式読書ノートのように、気になった所を書き写そうとすると、自然と何度も読むことになるので、記憶に残りやすくなります。

ただ、将来使うのかどうかなんてのはわかりません。

そのとき、その時で、自分が気になった箇所にセレンディピティが落ちているかもしれないので、とにかく記録するようにします。
ひとつのスマートな引用はそのウラに1万回の努力と試行錯誤が隠れている、と信じて…。

■引用のためのコツ


本書『もっと論理的な文章を書く』では、引用のコツとして以下の方法が記載されています。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

・その分野で優れた人の言葉にする
・あなたの考えとほとんど同じ考えを示した言葉を選ぶ
・同じ考えを別の言葉で表現した文章を選ぶ
・一次情報の引用をするよう努める
・スムーズに進めるための引用をする場合には、適切なところで力ットする
※それぞれの項目は詳細が本書内で説明されていますが、省略して項目だけ抜粋

木山泰嗣(著) 『もっと論理的な文章を書く
――――――――――――――――――――――――――――★






■参考図書 『もっと論理的な文章を書く




「弁護士が書いた」シリーズで知られる著者が、説得力のある文章の「見た目」と「中身」のノウハウを大公開!





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

もっと論理的な文章を書く
著者 :木山泰嗣

もっと論理的な文章を書く
検索 :最安値検索

もっと論理的な文章を書く
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 後出しの法則で信頼度を挙げる
 文章のコツ6:同じ言葉を使う
 論理的資料作成術:ナンバリングするすると論理的にみえる
 論理的資料作成術:2つの観点で書くと説得力がでる
 面接で短所をアピールする
 選択肢を多くするとカスを選ぶ
 出張・旅行でおみやげを買ってくる
 たくさんの本を読むと話に説得力がでる
 もっと論理的な文章を書く
 損失回避の感情を意識する


●関連図書
 究極の思考術―あなたの論理思考力がアップする「二項対立」の視点15
 弁護士が書いた究極の文章術―誤解なく読み手に伝える書き方のヒント28
●このテーマの関連図書


弁護士が書いた究極の文章術―誤解なく読み手に伝える書き方のヒント28

究極の思考術―あなたの論理思考力がアップする「二項対立」の視点15

センスのよい法律文章の書き方

情報をさばく技術

弁護士が書いた究極の読書術

弁護士が書いた究極の勉強法―小学生から学ぶ大人の成功法則28





■同じテーマの記事

iPhoneカバー

ちょっと感動、爆笑してしまったのでご紹介。ただのiPhoneのカバーなのですが、商品のパッケージに付いている紹介文が面白い。無駄にかっこいいヌンチャク系iPhoneケース- iPhone Trick Cover for iPhone5なに?その「無駄にかっこいい」って?ということで早速、この動画を見てみてください。大体27秒目辺りから私はiPhoneは持ってませんが、Nexus7ようにこんなのでないかな?もしiPhoneをお持ちの方が見えたら、使って..

毎日基礎トレーニングをする

トレーニングをしていますか?あなたの仕事における基礎能力は何かを考えたことがあるでしょうか。たとえば、PCを操作する仕事であればキーボードの入力の早さ、プレゼンをするのであれば声の出し方、生産ラインで組み立てをするのであれば、手先の動かし方などです。これらはすごく基礎的なことですが、これができないと話にならないものです。自分が知っている範囲で言うと、驚くほどこういった訓練をしていない人が多いです。私は基本ソフトの開発部隊を率いてますので、そのメンバーはPCのキーボー..

言葉を手に入れなさい

「自動車」って何のことか、多分日本人ならわからな人はいないことでしょう。Wikipediaによると、角川の1989年の国語辞典には、「発動機の動力で軌道なしに走る四輪車」と書かれているそうです。もし、この「自動車」という単語を知らなかったらどうなるでしょうか。たとえば、「我が家では自動車を近距離の買い物にしか使わないので、小型の自動車にして、旅行の時には大型の自動車をレンタルすることにしよう」という事を考えた時、自動車という単..

仕事や勉強のインターバルの効果的な使い方

ポモドーロテクニックにあるように、人間の集中力には限界があります。よく言われるのが1時間〜2時間が限界というもの。ポモドーロテクニックだと、30分ごとに時間区切り、25分集中5分休憩などとしていますね。ところが、この休憩時間をどう使うかということは書いてないものが多いです。休憩というと、なにか飲み物を飲んだり、席を立って体を動かしたり……と、「たり」ばっかりです。つまり、「作業でないなにか」でしかないわけです。どうし..

後出しの法則で信頼度を挙げる

自分の主張を強化する方法あることを主張しようとして、同じ意見を述べている著名人の発言を引用することがありますね。たとえば、仕事は、だれかの成果に寄与することが重要です。と述べた時に、かのドラッカーも「仕事は貢献に焦点を合わせるべきである」と述べています。というように。何しろ、凡人が言うよりも、やっぱり著名人や一流と認められる人の意見というのは影響力がありますから。凡人がいくら、「悟りとはこういうものです」といったところで、..

行動科学で人生を変える

「今年は毎日をしよう」と決めたのに、なかなか続かない。多くの人がこういった悩みを抱えているのでしょう。私もその一人ですが。本日は「なかなか行動に移せない」「三日坊主で終わってしまう」といったことをやれるようにするためにどうしたら良いかという点を科学的に解説した本の紹介です。「行動科学」というそうです。本書で続けるということに対して、ABC分析がたしかに有効であることはすごく納得できます。ただ、本書を読みながら今ひとつわからなかったのが「ご褒美」という考え方でした。..






posted by 管理人 at 05:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。