人間がつくウソの種類




■抽象化をする

時々、記事で「抽象化」という言葉を使っています。

この言葉自体は、苫米地氏の書籍から学んだものなのです。
※もし詳しく知りたい方はアマゾンで苫米地英人>>の著書で探していただくか、<<苫米地英人公式サイトで検索してみてください。

ようするに、「人間はひとつの事柄を何かと関連付けて記憶している」ということなのだそうです。

それで、記憶するために、ある事柄単体でなにか覚えようとするのではなく、ストーリー形式にしたり、分類して同じようなものと関連付けたりすると記憶しやすくなる、というのを割りと信じているわけです。

このため、私はいろいろな分類方法や分解方法をよく調べたり、覚えようとしたりしてます。こうした分類方法を知っていると、ものごとを理解するのに、MECEに理屈を構築できるようになります。

本日は、この分類方法の1つの事例をご紹介します。

■人間の嘘の種類

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

● 人間がつく12種類のウソ
・予防線
 約束を何かの理由をっけて断るなど予測されるトラプルを未然に防ぐためにつくウソ
・合理化
 失敗してしまったことを責められたときに持ち出す言い訳
・その場逃れ
 ありもしないことをその場しのぎで言ってしまう
・利害
 金銭が絡んでいる場合、自分が得をする受け答えをする
・甘え
 自分を理解・擁護してもらいたくてっくウソ
・罪隠し
 犯してしまった過ちを隠すためにつくウソ
・能力・経歴
 相手との関係で自分が優位に立っために、ウソの自己紹介をする
・見栄
 自分をよく見せたいという虚栄心からつくウソ
・思いやり
 相手を傷っけないためにつくウソ
・引っかけ
 笑って済ませられるようなからかいや冗談
・勘違い
 自分の知識不足や勘違いで、結果的にウソになること
・約東破り
 意図的ではないが、約東を果たせず結果的にウソになること

マルコ社(編集)(著) 『他人を支配する黒すぎる心理術
――――――――――――――――――――――――――――★


いくつか、過去の記憶をたどってみたのですが、確かに自分が過去についた嘘というのは、ここに当てはまりそうです。ただ、100%当てはまるわけではなく、ある嘘はこれらの幾つかを含んでいるようです。

その中でももっとも強いものを考えてみると、「そういえばあの時は、単なるミエでいい加減なことを言ったのかもしれないなぁ…」とか、思い出してちょっと恥ずかしかったり、反省したり。

■自分の行動を振り返ってみる

おそらく、多くの人は、無意識かもしれませんが、ある程度の誇張や矮小化も含めて、こういった嘘(とはいえないレベルかもしれませんが)をついていたりするのでしょう。

最終的には、これら12のパターンは

 ・自分の利益を守るため
 ・自分をよりよく見せるため
 ・コミュニケーションのため
 ・誰かを守るため

に分けられると思いますが、「どういう意図でこのセリフを吐いているのか」を意識すると、より相手とのコミュニケーションが取りやすくなるのかもしれませんね。

■抽象化による理解力の強化

ここに書いたように、この「ウソの分類」それ自体も役に立つものですが、このようにものごとをある条件によって整理することを覚えると、自分自身の問題の解決や、思考の抜け漏れの検出に非常に役立ちます。

いろいろな分類についてはネットを調べたり、いろいろな解説書、学術書を読んでみると数多くの事例が見つかります。
こういうパターンを覚えることで、思考力が上がるのではないかと思います。





■参考図書 『他人を支配する黒すぎる心理術

「人を操る」とは「良好な人間関係を築くこと」につながるのです。

人間関係の悩みを解決して、円滑なコミュニケーションを行なう方法のひとつに、心理学をベースにしたコミュニケーション法が存在します。
心理学的見地から、相手の表情やしぐさ、行動を分析して心理状態を把握し、コミュニケーションに役立てる心理術のなかでも、相手を「支配する」(=操る)心理術にフォーカスしたのが本書です。
コミュニケーションとは言い換えれば「操り合い」のこと。心理学をベースにした心理誘導に役に立つ考え方や具体的なテクニックを学ぶことで、コミュニケーションスキルは大きく向上することでしょう。そう、「人を操る」とは「相手との良好な人間関係を築くこと」につながるのです。
本書では人を操るための心理学や心理テクニックを紹介するために、「心理学」「心理術」の専門家への取材を敢行。心理学の基本や相手の心を透視(見抜く)技術について紹介するとともに、メインコンテンツでは相手の行動や心理を自分の意図した方向に誘導する心理術を紹介しています。




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

他人を支配する黒すぎる心理術
著者 :マルコ社(編集)

他人を支配する黒すぎる心理術
検索 :最安値検索

他人を支配する黒すぎる心理術
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 最初に違いを言う
 緊張するプレゼンは最初に手を広げる
 「まばたき」をコントロールする
 不意打ちでYESと言わせる方法
 名前を呼ぶと親密度が増す
 返事は「そうだよね」を使う
 説得術:無言で相手を誘導する方法
 声の大きさや音程を使い分ける
 人に合わせて話すスピードを調節する
 サインに気をつける(話半分、観察半分)
 接種理論〜論理構造を図示してアンチテーゼを出す
 接種理論〜評論家タイプの同僚を利用する
 誤前提暗示を活用する
 ランチョン・テクニックで和やかに議論する
 他者と違う行動を恐れてはいけないが慎重にやりなさい
 「姿勢反響」で上司から信頼を得る
 行動原理を知ると人の行動が読める
 ボディランゲージを聞く
 援助はうけない
 サインに気をつける
 人間がつくウソの種類
 他人を支配する黒すぎる心理術
 正面の理、側面の情、背面の恐怖

●このテーマの関連図書


税務署員がこっそり教えるお金の裏ワザ-サラリーマン最強の蓄財術(中公新書ラクレ)

思い通りに人をあやつる101の心理テクニック(フォレスト2545新書)

相手を自在に操るブラック心理術(日文新書)

格差社会を生き延びる“読書”という最強の武器

他人が必ず、あなたに従う黒すぎる心理術

伝え方が9割





■同じテーマの記事

BATNAを用意してから交渉に臨む

交渉において、私が大切にしているものが、核心にいくためのストーリーとBATNAです。いきなり「××してください」は通用しないかんたんなものならいいのかもしれませんが、自分が何かほしいものがあって、それをくれるように相手と交渉するときに、いきなり「××をください」というのは直接的ではありますが、通常は下策です。たとえば、「ちょっと、を用意しておいてください」「明日までにの報告書を作ってください」「一緒にをやりま..

時計を目の前に置く

私はいつでも時間を見えるようにしています。あらたに何か購入せずに済む方法として、PCのモニタの隅に時計を表示させていて、PC を見ているときには、これが意識せずに目に入る用になっていますし、PC を見ていない時には、PC は時計のスクリーンセーバーを表示させています。詳細は、こちらを参照してください。アナログ時計を使うデスクトップ時計とカレンダーこれはあちこちの本に書いてあったことなので、最終的にどの本がきっかけだったのか忘..

適性検査の結果を良くする

昇進昇格の時に、適正検査なるテストをやっている会社も結構あると思います。世の中には、いろいろな適正検査があるみたいで、ネットで探していたら、「リストラ検査」なるものまであるみたいで…。適正検査は適正か?しかし、実際同じ適性検査をうけても、私はいつも強みや弱みが変わります。つまり、結構その場の勢いでまるばつを付けてます。たとえば、ノリノリの時には・何か難題にぶつかるとあきらめてしまうにはバツをつけますし、..

面接で短所をアピールする

およそ半世紀前、広告代理店のドイル・デイン・バーンバック社(以下、DDB社)は、アメリカの自動車市場に小型ドイツ車を売り込むという難題に直面しました。当時のアメリカ市場は大型の国産車ばかりが幅を利かせており、目標の達成は不可能に思えました。しかしそれからわずかのうちに、笑いの種にされるほどばっとしない存在だったフォルクスワーゲン・ビートルは大人気になり、ステー夕スシンボルへと変貌を遂げたのです。このビートル..

完璧主義でなければ仕事は評価されない

「仕事術 完璧主義」で検索すると、ヒットするほとんどのサイトが「完璧主義をやめなさい」「80%を目指しなさい」のような内容ですが、部下の仕事を評価する立場としてはかなり問題のある内容です。不十分な内容で「できた」といえるのか?部下から業務報告書や技術レポートなどがよく上がってきますが、「OK。ありがと。」といえるものは多くはありません。少なくとも数カ所、多ければその殆どの部分に赤入れしないといけないくらいのレベルのものがやってきます。..

千里の道も一歩から

あなたの家に突然NPO団体の人がやってきて、「交通安全の啓蒙のために、家の庭に高さ2mほどの交通安全の看板を建てさせてほしい」と言ってきたらどうしますか?冗談じゃない!それじゃあ家の日当たりは悪くなるし、庭のメンテナンスも面倒になるで、普通は断りますよね。では、「玄関横に小さなステッカーを貼らせてくれ」だったらどうでしょう。「まあ、そのくらいなら…」で半年後に最初のお願いをしたらどうでしょうか?実は実..

立て板に水

なぜ決済がおりないのか?今まで、自分の同僚が上司にしてきた、或いは大きな会議でしてきたプレゼンを思い出してください。あるいは、トラブルの報告を上司にしている場面に出くわしたことでもいいです。ほとんど大した質問も出なくて、ツッコミもなくすんなり受け入れられる場合と、突っ込まれまくりで最終的に突き返されて、その人の評価を下げただけの場合があったかと思います。もちろん、報告内容やプレゼン資料の作りにも関係しますし、どこまで根回しをしたかにもよりますが、..

社長は君のどこを見て評価を決めているのか1

本日は、久しぶりにビジネス書のご紹介です。過去記事でも幾つかネタにしたものがありまして、実際経験としてこういったテクニックは役に立ちます。おそらくサラリーマン経験が長くなると、皮膚感覚としてわかるのでしょうが、なかなか文章にするのは難しいですし、それをこれだけ体系的に取りまとめるのも難しいので、今後会社の中であるレベル以上を目指そうとする方には、若いうちに知っておいて欲しい内容です。さすがに筆者が実際にコンサルタントをして得た会社社長の社員を見る傾向なので..

昇進試験グループディスカッション

最近、ウチの会社では中途採用や昇進試験でグループディスカッションを取り入れるようになりました。これが見ていると非常に面白い。普段ディスカッションというと、何かの議題に対して、どのような答えを出すのか、その答えに大多数が賛成してもらえるようにするにはどうすればいいのかという点にばかり注意していましたが、その人の能力を見極めるという意味で、ディスカッションの様子を観察すると、実力の差が歴然とわかります。ディスカッションの方法これが普通の会社でも一般的なの..

一歩前に踏み出す金言

夏休みも終わり、いよいよ今年も後半戦ですね。気持ちがリフレッシュした人も、逆にだらけてしまった人も見えるのではないでしょうか。休み明け最初の記事は、そんな自分を奮いたたせる金言をお送りします。紹介した本からの引用です。読む価値は十分ある本です。好き嫌いもありますが…。出典が紹介してないものは、出典自体を忘れてしまって、今では私のライフノートの金言録に書いてあるだけのシロモノ。もし間違ってたらすみません。絶対に諦めてはいけない「絶..

非常識な成功法則

今週は、夏休みに読みたいビジネス書の紹介です。本日は、これは読まずにビジネス書を語るべからずとおもっている(以前紹介した)本。非常識な成功法則神田昌典ずいぶん古い本ですみません。神田昌典氏の出世作ですね。元ネタを使いまわしているようですが、結局たくさんのビジネス書を読んでも、本当に「これは、何度も読み返したい」という本は数えるほどしかありません。それは自分の課題認識によって人それぞれなのかもしれませんが、このブログでは、沢山の本を紹介することではなく、自分..



posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心理技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。