新人、新規派遣、中途採用者に最初に与える仕事




新人、中途採用だけでなく、新規の派遣を受入た時に、必ず出す課題があります。

ちょうどそのことが書いてありましたのでご紹介。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

現在のパラダイムでは解決できず、棚上げされている問題のリストをつくることを前章で勧めたのを、思い出していただきたい。そのリストがここで生きてくる。新人のアウトサイダーの無知を利用するには、そのリストが欠かせない。

アウトサイダーが目の前に現われたとき、まず最初にやるべきことは、リストから問題をいくつか取り出し、それを解決するよう指示することだ。

問題は一つではダメだ。 ひとつでは、パターンを発見できない。10も20も取り出しては多すぎる。新人は怖じ気づいてしまう。

三つから六つの間が望ましい。それくらいの問題を取り出し、ただちに解決するよう新人に指示するのだ。解決の期限を、一週間以内とか、十日以内とか、はっきりさせておくのがよい。

ジョエル・バーカー(著) 『パラダイムの魔力
――――――――――――――――――――――――――――★


本書では、

 新人に予備知識を与えず、いきなり「部門の課題」を複数個与え、それを1週間で解決案を提出するように要求しなさい

と書かれています。結構厳しい会社ですな…(実際にそういう所があれば)。

■組織の特殊化は必然

組織というのは、結成された時点から、特殊化していきます。

単純に言えば、「組織の論理」というものが出来上がってしまう。
そうすると、そこに異質なものが入ってくることを拒むようになってしまうのですね。

ところが、進化論でも言われているように、特定の環境にだけ特殊化/最適化されたものは、その環境がわずかでも変化すると、その変化についていけずに絶滅してしまいます。

特殊化することが悪いことではありません。そのほうが効率的であることがほとんどです。
しかしながら、それが行き過ぎると、変化に対応できなくなるどころか、仕事の効率化を阻害する要因にもなります。

■特殊化されたものを調査する

これを防ぐためには、「自分たちがどのように特殊化しているのか」を知らないといけませんが、本書にあるように、「パラダイム」というものは、「パラダイムに従わない思考方法」を無意識のうちに除外してしまうので、そのパラダイムの中で生きている人は気が付きません。

そこで利用するのが、本書でいうところの「アウトサイダー」。

パラダイムに侵されていない人から見ると、「何でこんなやり方をしているの?」というものが多数あるのですよ。それを提示してもらうようにすることです。

私は、「棚上げされている問題」だけでなく、もっと広く

 ここで気がついたことを挙げてください

というお願いをしています。

■個別に聞かないとホンネは聞けない

ただし、その結果を誰かに発表させようとすると、「かっこいいこと言わなくちゃ」と身構えてしまって、たいていはありきたりな発言になるので、

 終業間際に個人面談する

ようにしてます。それで就業時間を超えたら

 「ちょっとまだ話を聞きたいので、ちょっと一緒に晩飯でも食べてかない?」

と誘います。
※もし、あなたが男性で、相手が女性の場合は、そうとう気をつけないといけませんが。

ただし、ここで聞いた意見は、「×××すべき」みたいな話しであっても、そのままは実現しません。
アウトサイダーの目から見た課題を見つけていくことが目的ですので、対策は、自分の責任で持って考えることです。

■上長でない人の機会になる

これは、もっとも効果的なのは、組織の長(課長、部長)の課題とすることですが、入ってきたばかりの人から見ると、あまりにも自分との差がありすぎて、まともに話をしてもらえないことがあります。

ですので、実は一般職の人が実施するのが一番情報を出してもらいやすいんですよ。

そして、もしあなたが一般職だとすれば、その情報というのは、あなたが抜本的な改革案を出すチャンスになります。だって組織のみんなは気がついていない前提やパラダイムに気がつけるんですよ。
それを変えることで根本的な効率化や、パラダイムシフトを起こすきっかけに出来るんですよ。
それも、ちょっとした食事代くらいで手に入る。

そして、仕組みを変えた人というのは、その組織の管理者になれます。

これをチャンスと言わずしてなんと言おうか。




■参考図書 『パラダイムの魔力

1980年代、どん底に沈んだ数々の米国企業に新しい理念を吹き込み、復活への精神的支柱となった著者が、しなやかな発想と成功のルールについて解き明かす。人間を、企業を、そして社会を支配するパラダイムの驚くべき力。




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

パラダイムの魔力
著者 :ジョエル・バーカー

パラダイムの魔力
検索 :最安値検索
DMMでは見つかりませんでした



●本書を引用した記事
 イノベーションとは
 新人、新規派遣、中途採用者に最初に与える仕事
 パラダイムの魔力
 パラダイムの魔力

●このテーマの関連図書


BCG邨悟霧繧ウ繝ウ繧サ繝励ヨ蟶ょ�エ蜑オ騾�邱ィ

BCG邨悟霧繧ウ繝ウ繧サ繝励ヨ讒矩��謾ケ髱ゥ邱ィ

鬆大崋縺ェ鄒翫�ョ蜍輔°縺玲婿窶�1莠コ縺ァ繧るΚ荳九r謖√▲縺溘i隱ュ繧�譛ャ

繝励Ο繝輔ぅ繝�繝医�サ繧セ繝シ繝ウ邨悟霧謌ヲ逡・窶慕悄縺ョ蛻ゥ逶贋クュ蠢�蝙九ン繧ク繝阪せ縺ク縺ョ髱ゥ譁ー

繧カ繝サ莨夂、セ謾ケ騾�340莠コ縺九i繧ー繝ュ繝シ繝舌Ν1荳�莠コ莨∵・ュ縺ク

謨ー縺ァ閠�縺医k繧「繧ソ繝槭↓縺ェ繧�!窶墓焚蟄励が繝ウ繝√�ョ豐サ縺励°縺�





■同じテーマの記事

イノベーションとは

イノベーションとは「イノべーション」という言葉は、日本においては「技術革新」と訳されることも多いのですが、本来の意味は、もっと広いものです。この概念は、ドラッカー教授の父アドルフの友人でオーストリアの経済学者、ジョゼフ・シュペンターの著作『経済発展の理論企業者利潤・資本・信用・利子および景気の回転に関する一研究』で示されたものです。「郵便馬車をいくら..

新人、新規派遣、中途採用者に最初に与える仕事

新人、中途採用だけでなく、新規の派遣を受入た時に、必ず出す課題があります。ちょうどそのことが書いてありましたのでご紹介。現在のパラダイムでは解決できず、棚上げされている問題のリストをつくることを前章で勧めたのを、思い出していただきたい。そのリストがここで生きてくる。新人のアウトサイダーの無知を利用するには、そのリストが欠かせない。アウトサイダーが目の前に現われたとき、まず最初..

パラダイムの魔力

内容を紹介した記事新人、新規派遣、中途採用者に最初に与える仕事新人や中途採用だけでなく、新規の派遣を受入た時に、【【必ず出す課題】】があります。じつはこの課題だしと、そのリサーチは昇進するためのステップとしてはとてもいい情報が得られます。そのやり方とは…。…続きを読む…参考図書パラダイムの魔力1980年代、どん底に沈んだ数々の米国企業に新しい理念を吹き込み、復活への精神的支柱となった著者が、しなやかな発想と成功のルールについて解き明か..

パラダイムの魔力

URL 確保のための仮登録

記憶術:意味付けをする

私は学生時代、英単語を覚えるのが超苦手でした。とにかく日本語と英語の対を覚えようとして、lamentable:ラーメン食べる悲しい受験生determine:出たみんなで決定するこういうのを語呂合わせで一生懸命覚えるわけです。ところが、試験になると、その記憶が単発で覚えているので、「ラーメン」まででてくればまだ可能性はあったのですが、それすら出てこなくて、「ラメンタブル」「ラメンタブル」と繰り返し唱えても、結局意味不明のまま。..

コピーを頼まれたら成長するチャンス

「仕事がつまらない」「自分の成長している実感が無い」とくに若い人におおい仕事への不満ですね。私も管理職としてそういう不満を聞く時があります。従業員満足度をあげようということでウチの会社でやっているのが、「従業員満足度向上ミーティング」というやつがありまして、仕事に対して思っていることを上司の上司に直接言うというミーティングで、こういう場で若い人の話を聞くとこういう話がときどき。「そうか。仕事で成長したいんだね。」とかわかっ..

トラブルを上司に報告する前にするべきこと

よく、「問題が起きたらすぐに上司に報告しなさい」っていうビジネス書やネットの記事を信じて、速攻で報告に来る人がいたり、「自分でなんとかしよう」と頑張り続けている人がいたり、まあいろいろなのですが、どちらも上司からすると期待するものではありません。というか、「報告の仕方がなってない」っていらないところで減点をくらいます。上司の力を利用するトラブル解決の方法何か問題が起きたらとりあえず上司に報告するのがいいのですが、いきなり「トラ..

初手、王手飛車取り!

本日は、具体的なスキルの話ではなく、心構えのお話。心構え、基礎学習なにをするにしても、かならず「心構え」が必要と言われます仕事というのは、社会に真摯に貢献するという気持ちで向かいなさい社会人としての自覚と責任をもって臨みなさい感謝の気持ちを持つことが大切自分のやったことに誇りを持ちなさいまた、何かを学ぼうというときには、まず基礎的な理論をしっかり身につけて、応用はそれからみたいなことも。それ自体は理解できますし、私自..

ミスを連発してしまったときの対処方法

仕事をしていれば、何かしらのミスは起きます。一番落ち込むのは、同じようなミスを連発してしまったときですね。「あ〜、もう!オレのバカ!」ってがっくり来ます。たとえば、メールの宛先を「杉山さん」に送るつもりが、「杉本さん」に送ってしまった。「やばい!」と思って送り直したら、今度は「杉木さん」に送ってしまったとか。こういうのがあると、本当に「イラッ」とします。キーボードに八つ当たりしたくなる(実際、してたりしますが)。..

会話のトレーニングをする

初対面の人といきなり話し始めて話が弾む人っていますよね。人見知りで口べたな私からみると羨ましい限り。最初の話題の選択肢なにが難しいって、最初の話題がもっとも難しいです。たとえば異業種交流会などのオフ会で、全く初対面の人と食事を一緒にするハメになると、もうひたすらビールを飲んでる。ただひたすら沈黙と食器の音だけ…。ところが同じ席に、話の上手い人がいると全然違います。いきなりサッカーの話題で盛り上がったり、会社の雰囲気の話になった..





posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 組織マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。