問題を深堀りする







★――――――――――――――――――――――――――
ただし最大の危険は、問題を誤認することではなく、不十分なとらえ方しかしないことにある。

P.F.ドラッガー 「ドラッカー経営論」
――――――――――――――――――――――――――★


問題を発見したら、その問題の捉え方が十分であるかどうかをじっくり考えてみることです。

問題を表面的に考えれば考えるほど、解決策は容易になりますが、その問題を発生させている根本的な原因が解決されない限り、問題は別の姿をとって再浮上してくるだけです。

「TOC思考プロセス」という手法があります。

これは複数の問題(TOC思考プロセスでは「好ましくない現象(UDE)」と呼びます)の論理的因果関係を探り、根本的な原因を発見して、そこに対策を打つための考え方のプロセスです。

一つの手法ですが、いろいろな場面で役に立ちます。

ここでの課題は、表層的な問題に振り回されず、問題を十分に確認すること。
それが問題の本質をちゃんと見極めているかどうかを自分にしっかり確認することです。




■複数の問題(UDE)はひとつの根本原因から派生している


おそらく、いろいろな問題解決に取り組んだことがある人なら、直感的に理解できていると思いますが、複数の問題(好ましくない現象 UDE)は、いくつかを分類したり分解したりするとひとつないしは非常に少数の問題から派生していることが少なくありません。

つまり、その根本原因を解消してしまえば、UDEそのものが発生しなくなります。
つまり、多くの問題が雲散霧消する事になります。

その感覚がわかるようになると、

 「どこの問題に注力すればいいか」
 「ある問題に注力するために、他の問題は放っておいても可」

という集中力が出るようになります。それによってより高い成果を出せるようになるわけです。

ただし、ドラッカーの言うとおり、その問題を十分な捉え方をしないとできません。十分に捉えないまま対応するので、問題そのものは対策出来たとしても(これも不十分なことが少なく無いですが)、別の形で再発します。

別記事

 問題解決の7ステップ1
 問題解決の7ステップ2
 問題解決の7ステップ3
 問題は外にある

で書いたように、問題はきちんとステップを踏まないと本当の解決に辿りつけない場合が多いです。
ただし、直感の優れている人は、こういうステップを踏まずに、真の問題点に辿りつける事があります。

ワンピースのアラバスタ編で、反乱を止めに行こうとするビビにルフィが

 「オレはクロコダイルをぶん殴りに行く!」

というシーンがありますよね。反乱は UDE で、クロコダイルが真因ですね。それを論理ではなく直感でできちゃう人がいるんですね(ルフィは架空の人物ですが)。
※またしても、ワンピース ネタですみません…

でも、凡人にはそんなことができると過信するのは失敗のもと。
凡人は、人が作ったテンプレートをうまく使うことで、天才とおなじ結果を時間をかけてやらないとできませんね。




■参考図書 『ドラッカー経営論




産業界に大きな影響を与えてきた経営思想家ピーター F.ドラッカーは、アメリカのマネジメント誌『Harvard Business Review』に多くの論文を発表してきた。その数は1950年の「経営者の使命」から2004年の「プロフェッショナル・マネジャーの行動原理」に至るまで、34本に上る。これらの論文を完全収録したのが、『P. F. ドラッカー経営論』である(なお34本に加え、『DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー』誌が独自にインタビューした記事一本、およびドラッカーがパネリストとして参加している座談会も収めている)。本書を読み通すと、その先見性、普遍性、洞察力などのドラッカーの魅力に改めて気づくことと思う。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

ドラッカー経営論
著者 :

ドラッカー経営論
検索 :最安値検索

ドラッカー経営論
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 明日を支配するもの:資産の保全こそマネジメントの責務である
 問題を深堀りする
 ドラッカー経営論

●このテーマの関連図書


すでに起こった未来―変化を読む眼

イノベーターの条件―社会の絆をいかに創造するか(はじめて読むドラッカ…

明日を支配するもの―21世紀のマネジメント革命

H.ミンツバーグ経営論

未来企業―生き残る組織の条件

P.F.ドラッカー―理想企業を求めて





■同じテーマの記事

ゼロ秒思考5

今週は、『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』という本をご紹介しています。ゼロ秒思考とは、あるテーマについて、即座に必要なことを考えることが出来るような事ができるようなトレーニングを「メモ書き」でしよう、という本。マッキンゼーで長期間活躍した筆者が、「誰でも、確実に頭が良くなる方法がある」として開発し、広めているやり方。場所も、時間も取らない。わずか1分のメモ書きを繰り返して、・考えていることを明確にすること..

飽きたときは、体むより異質な作業をやってみよう

人の集中力というのは限界があって、あまり長時間は続きません。一説には1時間とか2時間とか言われてますね。ところが私の場合、「ちょっと頑張ったから休憩しよう」と休憩モードに入ると、そのままになっちゃうことがよくありました。「ちょっとの休憩」でコーヒーを淹れに行き、ついでにそこにいた人と与太話を初めたりして、次の作業を始めるまでの時間が30分になり、1時間になり、次にもう一度集中するために恐ろしく時間がかかったり、精神力を必要とした..

インバスケット思考その3

リーダとして成果を出すにはリーダとして成果を出すためには、メンバーをうまく使うこと。そのためには、 優先順位をつける力 問題を発見する力 問題を分析する力 意思決定する力 生産性を上げる力 トラブルに対応する力 時間内にアウトプットを出す力 課題を解決する力 見えないものを見通す力 組織を活用する力 戦略的に考える力 困難な課題を克服する力が必要です。特にインバスケットで問われている..

ダラダラ癖から抜け出すための10の法則:能力以上の成果を出す目標の建て方

「能力以上の成果」を引き出す「目標の立て方」「よい目標」を設定するというのは、簡単なことではない。「よい目標」とは、やる気を起こさせると同時に、その行動の方向づけをしてくれる。そういう目標を設定するためには、次のような条件が守られなければならない。自分自身の目標であること。自分のために設定した目標なら、やり遂げる可能性は大きい。上司や友人、仕事仲間から押しつけられた目標ではダメだとい..

メモの3S_前半

ノートや手帳にメモをしてますか?それ、役に立ってますでしょうか?ノートにしたメモは役に立たない私もかつては、1冊のノートにメモだろうが考えたことだろうが、とにかくなんでも書き込んでました。しかし、よくよく振り返ってみると、半年後にそのノートを見なおした時に、何が書いてあるかわからない。最悪は文字自体が判別できない(^^;;。たとえば、誰かと話をした時のメモ。・担当はさん・〜12/12・PT処理能力3s未満1ヶ月必要クラウド..

判断と決断

大事なことは3秒で決める!ファミレスのメニューは3秒で決めろ!どういうわけで、「素早く決める=3秒」というのが普通の時間感覚のなのかよくわかりませんが、ビジネスにおいて、意思決定者は素早く意思決定することが大切だ、みたいな説があります。まぁ、「ファミレスのメニュー」と「大事なこと」が同列に扱うのもどうかと思いますが、まぁ、ほんのタイトルなので、そこは置いておいて…。判断と決断上記の本で筆者が推奨している「決める」と言うのは、決断することを言って..




posted by 管理人 at 09:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巨人たちの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック